excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その129

b0083728_22494730.jpg個人的経験:
CD時代になって、
いくつかのレーガー作品が、
日本でも聴かれるようになったが、
作品番号で146を数える、
彼の生涯の仕事の展望に関しては、
よく知られていないのではないか。
どうも、私も、
そのあたりの知識が断片的なので、
手っ取り早く、
概観したいと思っていた。


膨大なオルガン作品は、今はお手上げである。
あるいは、全9曲のヴァイオリン・ソナタなどを聴き進めれば、
その生涯の大部分をカバーしていそうだ。
だが、それも大変。
弦楽四重奏などはどうだろうか。
これは作品番号が、
作品54、74、109、121とあって、
晩年に至るまで適度にばらけているし、
未出版のニ短調は、最初期のものである。
また、このニ短調のものは、
終楽章にコントラバスが入るという変わり種らしい。
シューベルトの「ます」は、コントラバスが入ることで、
室内楽では異端とされるが、
このレーガーのように、終楽章だけ入れるというのも奇抜である。


うまい具合に、これも含めて全集CDが出ている。
3枚組で、ずっと前に入手しながら、
まじめに聞いていなかった。
そう考えると気になって来た。

かなりシューベルトから脱線しているが、
今回は、レーガーの「弦楽四重奏曲全集」を、
取り上げることにする。

いきなり全部は大変なので、
今回はこのCDの一枚目を聴いて見よう。
先の未出版作+作品54の2曲が聴ける。
つまり、弦楽四重奏曲(未出版)と、
弦楽四重奏曲第1番、第2番の全3曲が、
今回の対象。

このCD、これまでも、一度くらいは聴いたかもしれないが、
それで理解できる代物ではないことは言うまでもない。
また、勢いなしに気楽に聴けるものですらない。

後半の3曲は30分を超える大曲であり、
作品74に至っては50分を超える。

CPOレーベルのものだが、
ベルン・カルテットとあるから、スイスの団体。
ヴァイオリン二人がスイス人で、ヴィオラがスウェーデン、チェロがアメリカ。
第1ヴァイオリンとヴィオラが1941年生まれの男性で、
あとの二人は女性なので年齢不詳。
チェロ以外の3人は、アマデウスSQと同様、M・ロスタルに学んだとある。
そういえば、ロスタルはスイスで教えていたのだっけ。

コントラバスとして全22トラックのうち1トラック分だけ参加するのは、
Bela Szedlakという人らしい。バルトークと同じ名前。ハンガリー人か。

怪しげできれいな表紙デザインだが、クプカの「最初の一歩」?
1910年の作とある。
レーガーの活躍していた年代に相当するせいか、なかなか好きな感じ。
またまた、解説はSusanne Popp、英訳もSusan Marie Praeder。

「レーガーの音楽史における役割はまだまだ論議の対象である。
ある人にとっては、古典-ロマン派の伝統の遅れてきた後継であり、
ほかの人にとっては、モダニズムの転換点の先駆けである。
世紀の変わり目に、レーガーが最初に公衆の前に現れた時、
彼はすでに、『3大B』に連なる絶対音楽の伝統による、
室内楽、声楽曲、オルガン曲、ピアノ小品など、
50もの作品を書いていた。
音楽劇や交響詩にフォーカスしていた当時のモダン音楽に、
彼を分類しようとすると、どうもうまく行かない。
公認された、彼の作曲技法の熟達にもかかわらず、
伝統的なジャンル、形式の音楽に含まれる
彼の音楽材料の複雑さ、
禁断の領域に近づいている実験は、
伝統の羊の皮を被った革命のオオカミとして、
彼を断罪するに値するものであった。
反動的な相続人、革命的な新機軸、
これらの正反対の要素は、彼のオルガン音楽、室内楽に顕著である。
レーガーにとって、バッハは、リゲティを先取りするような、
革新的語法の出発点であった。
潜在的なプログラムを反映させたコラールのテキストの利用は、
そのオルガン音楽を身近なものとし、驚くべき音の集積体や、
突然の崩壊を、正当化するものである。
彼のオルガン作曲家としての名声は、
とりわけオルガン奏者からの指示によるものである。
長い不毛の期間を経て、彼らはようやく最高のレベルで、
後期ロマン派のオーケストラ・オルガンの音色をフル活用した、
演奏会用作品を得ることが出来たのである。」

ということで、全く弦楽四重奏曲の話は出てこない。
レーガーのオルガン曲にどんなプログラムが仕組まれているのかが、
大変、気になる内容である。

「彼の器楽曲の時代に作曲された、
大きな形式、かつモニュメンタルで、
プログラム的内容を持つ室内楽に関しては、
彼は、長い苦労の時期を要した。
室内楽は、当時、今日的なものではなく、
20年後の新ヴィーン楽派の時代まで、
流行を待たなければならなかった。
彼は時代の潮流に逆らって泳ぎ、
生涯を通じて、弦楽独奏から、弦楽六重奏まで、
また、ヴァイオリンとピアノのためのソナタから、ピアノ五重奏曲、
フルートのセレナードから、クラリネット五重奏曲まで、
様々な編成の室内楽を書いた。
作品1のヴァイオリン・ソナタは、彼の最初の室内楽への貢献であり、
クラリネット五重奏曲作品146が最後のものであった。」
いよいよ、室内楽の話になってきたが、
これだけたくさんの作品を列挙したにも関わらず、
まだまだ、ここでの主題である弦楽四重奏に関しては一言も出てこない。

が、ここから、いよいよ本題に入る。
「弦楽四重奏曲は、その標準レベルの高さ、
厳しく定義されたガイドラインからして、
非常に特別なものと位置づけられている。
ベートーヴェンの大砲のような作品群があったために、
作曲家たちに、技法熟達を要求したものの、
理論家としての創造性を一方的に否定されがちなものであった。
運命の定めによって、レーガーの作曲の師は、
20世紀初頭の厳格な音楽価値システムを理論づけた、
フーゴー・リーマンその人であった。
彼の観点からすれば、
弦楽四重奏曲は、芸術の有機体であり、
すべての音楽ジャンルで最も厳格なものであり、
論理的構成や、内的必然性や、
展開の必然を明確にしたものでなければならなかった。
ベートーヴェンとブラームスが作曲したもの以外の、
展開技法を基本原理とするすべての音楽は、
行き当たりばったりの作品として退けられた。
こうした理論的前提が、今日まで、
レーガーの四重奏を定義している。」

ということで、ヤバい先生にヤバい生徒が付いたという形である。
これはもう、最強のヤバヤバ・コンビと言って良さそうだ。

「レーガーの作曲家としての発展は、
レーガーの歴史的、美学的位置の
二つの異なる方向によって、形成されているように見える。
1888年の夏の間、15歳のレーガー少年は、
バイロイトでのパルシファルの圧倒的公演に参加したことによって、
音楽家としての道を決意した。
彼は120ページにわたる序曲を作曲し、
1888年11月に、権威あるリーマンに、
評価してもらうべく、それを提出した。
リーマンはレーガーに、『バイロイト中毒』と警告したものの、
その素晴らしい才能を認め、メロディのセンスを磨くために、
弦楽四重奏曲の作曲を勧めた。
レーガーは独学でトレーニングを続け、
最初の弦楽四重奏曲を作曲した。
3楽章形式の四重奏曲ニ短調である。
16歳の小僧は、1889年の6月、これをリーマンに提出し、
作曲家になる資質があるかの評価も求めた。
リーマンは好意的な判断をし、
こうしたことにより適した権威、
保守的な作曲家、ヨーゼフ・ラインベルガーに紹介されて、
若さゆえの未熟は認められるものの、
音楽家になる才能の、確固たる証拠を見いだされた。」

ということで、問題作は、このバイロイト小僧の、
半年がかりの作品だということだ。
「レーガーはこの作品に作品番号を付けるだけの価値を認めず、
単なる習作として出版した。
リーマンに正式に就く前の作品であるにもかかわらず、
この作品は考慮に値する。
この四重奏曲には、成熟したレーガーを特徴付ける、
作曲の特徴の最初の暗示があり、
それはリーマンの指導のもとに書かれた、
作品1から5の室内楽以上に感じられる。」
何と、ややこしいことに、前々回取り上げた、
ヴァイオリン・ソナタ作品1以上に、
今回の習作四重奏曲の方が、「レーガー的」であるということである。

「後に、ブラームス風の展開による変奏と、
細部の仕上げが目立つ作曲技法が新しく得られ、
その熟達した利用は、優等生の熱意を伝えるものである。
ベートーヴェンを参考にした四重奏曲でありながら、
レーガー風の特徴はすでに顕著である。
例えば、彼の個性的な質感や、
息の短いモティーフの切れ端にこだわり、
また、それがしばしば絶え間なく現れるといった弱点も。
さらに繰り返しや対比は、彼の最も重要な構成方法であり、
主題発展時の必然としての完全なる対比は、
リーマンに叩き込まれたものである。
最後の第三楽章は標題風のタイトル、
『急激な上昇(躍進?高まり?)』を有し、
四重奏の楽器にコントラバスが参加する。
大きなダイナミクス変化に微妙な陰影を与え、
極端なpppとfffの間の突然の対比が、
このまだ音楽書法の未成熟な若々しい作品において、
重要な役割を果たしている。」

この曲は確かに悪くない。
冒頭から総奏で奏される、ハイドン風の主題も、
かすかな憂愁をたたえて聴かせるし、
第2主題も愛らしい。
展開のぐちゃぐちゃした感じもレーガーの好みを反映して面白い。
展開部で、ヴァイオリンとチェロが歌い交わす所も美しい。
ヴィオラがニヒルな歌を歌う所も良い。

第2楽章は、完全にベートーヴェンの第1番の第2楽章の乗りである。
まさしくロミオとジュリエットの墓場のシーンの音楽であろう。
とても美しい。しかも、がりがりがりと弦楽を震わせて、
より表現主義的な色彩も加えている。

終楽章では、コントラバスが、
バーンと入って来て、一気に音楽がふくらむ。
その意味で、「高まり」はよく表現されている。
が、主題は悲愴なものではなく、
希望に満ちた明るいもので、いつか、このシリーズで取り上げた、
オンスロウなどが好きそうな感じ。
オンスロウの五重奏はコントラバスを含むので、
音響上の連想かもしれないが、
メンデルスゾーンなどを含め、古典~初期ロマン派風の見通しの良さである。
とても好ましい印象で、ラインベルガーのような、
保守的な人なら大喜びしたはずである。
この曲は、演奏会で聴いても、純粋に楽しめるはずである。

このCDには続いて、作品54の二曲が収められている。
CD1枚に3曲入っていることからも分かるように、
いずれも20分台の曲で、3曲中、4楽章作品は作品54の1のみ。

「レーガーが弦楽四重奏に目覚め、
若々しいベートーヴェン信仰に至るまで、しばらく時を要した。
リーマンに師事していた間も、彼は弦楽四重奏曲を計画したが、
終楽章のフーガが『地獄の対位法』になってしまった。
次の四重奏を書くまでの12年間に、
彼は素晴らしいオルガン作品で作曲の経験を積み、
自身の語法を見いだしていく。
彼が作品番号を付けるに値すると考えたものは、
1900年11月の日付を持つト短調作品54の1である。
彼はこれに熱中したが、
彼は終楽章の古風で楽しい自由なフーガから着手した(11月14日)。
彼は第1と第3楽章を理解困難なものと書いていたが、
その冬にでも演奏されるはずだった。
『もし、ある人が、こんな“クレージーな”ものの演奏を、
きっぱりと拒絶したりしなければ。』
この四重奏曲の、何かクレージーで混乱したものが、
1910年10月26日にHosl四重奏団が初演するまで、
初演を10年も待たせることになった。
確かに、伝統的な全体構成ではあるが、
各楽章はまったく独特の性格を持っている。
つまり、嵐のようなアレグロ・アジタートのソナタ形式、
短い3つの部分からなるヴィヴァーチェ・アッサイのスケルツォは、
ブルレスクなフモールを有し、
アレグロ・メストの緩徐楽章は憂鬱なモノローグであり、
カプリシャスなプレスティッシーモ・アッサイの終曲フーガは、
素晴らしい対位法処理である。
楽章の標題がすでに、この作品の強烈さと表出力を示している。
第1楽章は、特に、音楽的な沸点に向かって行く、
火のような解釈を求めるものだ。
嵐のような動きと、
不安定な調性の中の、
緊張に満ちた幅広い音域は、
突然の休止を伴うダイナミックの増大を推し進める。
混乱と軽率な狂気という批判は、
四重奏の展開の作法や、
異常なテンションの高さに向けられている。
その展開は、テーマによるもののみならず、
リズム、ハーモニー、メロディの要素や、
その無限のニュアンスや細部の無限の変容にまで至っている。
これらすべてが、古典的な主題展開と比較されて、
発育不全と見なされた。
音楽のテンションの高さの点で、
解決も打開もない噴火と激動を伴う、
あまりにも論理的な作曲技法ゆえに、
あまりにも難解という説とは矛盾する。
レーガーの四重奏曲は、
決まり切った論理や、思いつきの展開を否定して、
あらゆる可能性に挑戦するものである。
彼は、どれか一つを選べと言われた時には、
あらゆる可能性の総体を選ぶのである。」

この解説者のいつもの例で、非常に難解な解説であるが、
レーガーは単に主題労作をしたのではなく、
あらゆる可能性を、炎のように極めようとしたという点は良く分かる。
しかも、音楽は、レーガーが言うとおり、
第1楽章と第3楽章は難解で、第2、第4楽章は楽しい。
冒頭主題は、さすがこの作品を、
「弦楽四重奏曲第一番」としたくなるような、
荘厳な雰囲気が漂っている。あの習作の後で風格がある。
しかし、展開部の魔法のような変化や対比は、
胸がいっぱいになりながらも、どうしていいか分からなくなる。

こうして、奇数楽章は暗い世界に触手を伸ばしていくような音楽。
11分と7分で、他の楽章の倍くらいある。
第三楽章は、モノローグのように厳しく深い。
偶数楽章は、軽妙。終楽章のフーガも、妙におどけた感じ。
こんな風に各楽章の性格がばらばらに見えるのが、
おそらく敬遠される所以であろう。

が、こうしたユーモアと深淵を並置したのは、
考えてみればベートーヴェンの創始である。
シューベルトみたいなまじめ人間音楽を模範としていれば、
レーガーの作品は違ったものに発展したはずである。

「レーガーは彼の四重奏曲イ長調作品54の2を、
1910年の4月の終わりから6月の半ばまでかけて書いた。
これは、彼のワイデン時代の最後の作品で、
作品64のピアノ五重奏曲に続けて書かれている。」
作品54が、いったいどんな意味があるか分からないが、
作品54の1と2の間には10年の歳月が流れているようだ。

「この五重奏曲の強烈な音の爆発の過多、
異常に目の詰んだ質感、圧倒的な複雑さは、
野蛮な作品と呼ぶにふさわしいが、
それゆえにレーガー自身、
これは出版するには革命的にすぎると見なした。
こうした並外れた音楽の後で、
レーガーはリラックスした音楽を書く気になった。
そして、これが、ト短調の作品と対をなす、
イ長調四重奏曲を書くきっかけになったものだろう。
調性の明るさ、3楽章構成、親しみやすい第2楽章の変奏に着目すると、
この作品は、無邪気なものと思われるが、
それはあくまで、比較の上の話。
アレグロ・アッサイ・エ・ビザーロのオープニング楽章は、
明らかにこうした意図を否定するものである。
遊びと瞑想、風変わりさの噴出は、激しいリズムの変容、
和声のシフトを伴い、テーマは断片化して、
別々のイベントが進行するかのよう。
そのめまぐるしい彫琢もまた風変わりである。」

この曲も恐ろしい作品である。
ショスタコーヴィッチの先祖である。
解説にもあるように、常に気分を変えながら、
諧謔と崇高が隣り合わせになって交錯する。

「そのアンダンテ・センプリーチェという表記に関わらず、
この変奏曲楽章は、和声的にも旋律的にも矛盾した、
13に区分されたテーマによっている。」
この楽章も、先の楽章と同様。
ある部分は非常に清澄、ある部分は瞑想的で美しいが、
次々に現れる意味不明な連続によって、かき回されて、
散髪屋のくるくるみたいに目が回る。

第三楽章は、完全におふざけみたいな音楽。
と思うや、強烈に印象的な深々としたメロディが浮かび上がって、
はっとさせられる。
ものすごくフモレスク調の音楽。
これも、第一番のような凝集感に耐える必要がない分、
演奏会では楽しめるかもしれない。
解説にはこうある。
「アレグロ・ヴィヴァーチェ・コン・スピリートの終楽章は、
このコン・スピリートの表記にふさわしいが、
それは驚くべきものである。
レーガーは、Hosl四重奏団が、
1904年にこの曲を初演したのを聴いて激怒した。
『完全に、全体的にハーモニーが欠如している。
誰も何をどう演奏しようとしているか分からない。
最初のリハーサルの間、私は何度か救いの手をさしのべようとした。
しかし、あまりにもひどい扱いを受けて、
二回目以降は行かなかった。
いや言い方を変えると、
Hoslは、ベストを尽くそうとしていた。
が、あとの3人はよくなかった。
結果として、私の四重奏曲は、
牧神が、完全に酔っぱらって作曲したみたいな風に聞こえた。
(1904年4月25日、Kroyer宛)』
この四重奏曲は音楽家を完全に置き去りにしていた。
そして、レーガーの四重奏曲をベートーヴェンの後期作品と比べると、
内容的にも技術的にも、
ベートーヴェンが子供のように見えたとしても不思議ではない。
それは、音楽の高貴さと美しさの境界を越えたものと評された。
(1903-4、Wilhelm Altmann『音楽』)。」

マーラーやショスタコーヴィッチを愛聴する人は、
レーガーの「第2弦楽四重奏曲」を忘れないようにして欲しい。
今回の視聴ではそう考えた。
が、非常に難しい音楽。
解説なしに聴くには、非常な集中力と記憶力、
そして先入観の排除を必要とする。

得られた事:「レーガーの未出版の弦楽四重奏曲は、終楽章のみコントラバスが入る珍曲。が、習作としてかたづけるには惜しい。続く2曲は10年のスパンを置き、先駆的な充実した個性派。」
[PR]
by franz310 | 2008-06-28 22:56 | 音楽
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>