excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その120

b0083728_2332591.jpg個人的経験:
前回、取り上げた、
シューベルト1819年の歌曲、
「プロメテウス」であるが、
フィッシャー=ディースカウは、
デムスとのスタジオ録音に先立つ、
1957年の
ザルツブルク音楽祭でも。
この曲を歌っていて、
その時の録音が、
オルフェオ・レーベルから
発売されている。

グラモフォンの59年盤の難点は、録音の鮮度の悪さだと書いたが、
それに先立つこの57年のライブの方が、ずっと聴きやすいのは何故だろう。
放送用に、オーストリア放送協会が所持していたモノラル録音だそうだが、
時折、拍手が入る他は、まったくライブ録音とは思えない良質なものである。

何と、このORFEOレーベル、創設者が、
「フィッシャー=ディースカウ協会」の会長であるらしく、
さらに副社長は、この偉大な歌手の秘書だったというが、
それは、ライセンス上は有利であったろうが、音質とは無関係だろう。
が、そうした経緯ゆえに生まれたこのCD、非常に価値あるものであろう。

歌唱も録音も良いが、選曲に私は唸った。
1. 無限なる者に D291b(クロプシュトック詩)
2. 十字軍 D932 (ライトナー詩)
3. 悲しみ D772 (コリーン詩)
4. 墓堀人の郷愁 D842 (ヤケルッタ詩)

このように、最初の4曲は、ほぼ同時代(クロプシュトックはゲーテより古いが)
の様々な詩人の、人生を省察するような歌曲が選ばれ、
いきなり知られざる多様な世界が展開される。

特に、「十字軍」は、ディースカウがデムスとも録音しているのに、
CD化されないでいるもので、こうして聞けるのは嬉しい。
これは、ドイッチュ番号からも明らかなように、
晩年の作で、シューベルト生前唯一の自作発表演奏会で演奏されたもの。
素朴な作りだが、聖歌のように厳か。

十字軍の行進を見た僧が、このように呟く。
「私もあなた方と同じ巡礼なのだ。
閉じこもっていても、
人生の旅は荒野を越え、熱砂を踏み分け行くようなもの、
それもまた聖地を目指す巡礼なのだ。」

以下に3曲、ゲーテが続く。
このブログでも紹介してきた名品である。
5. 馭者クロノスに D369
6. 海の静寂 D216
7. プロメテウス D674

そして、また、同時代の様々な詩人による歌曲。
8. ヴィルデマンの丘で D884 (シュルツェ詩)
9. さすらい人が月に寄せて D870 (ザイドル詩)
10. 夜咲きすみれ D752 (マイヤーホーファー詩)
11. こびと D771 (コリーン詩)
「こびと」などは、怪奇趣味の不気味なもので、
最近になって知られるようになったと思っていたのだが、
この時代から紹介されていたのである。

ここで、またゲーテが2曲。
12. 憩いなき愛 D138
13. ひめごと D719
これらは、小粋なもので、ともに2分に満たない小品。
だが、初期と中期から選ばれ、一息つけると共に、
アクセントもつけられるようになっている。

最後に、有名なレルシュタープの二曲に、
美しいシェルツェが挟まれている。
14. 春のあこがれ D957の3
15. 春に D882
16. 別れ D957の7
これらの晩年の充実した作品によって、
演奏会の密度は一気に高められる仕掛けであろうか。

「白鳥の歌」からの二曲が入っているが、
全般的にシューベルト名歌集などには含まれないような
知られざる名品、詩の内容を吟味したくなるようなものが多い。

このCD、この稀代の名歌手の60歳記念に、
1985年に商品化されたそうだが、
録音された1957年といえば、歌手はまだ32歳。
まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いの時代の記録であろう。

ホイットンの書いた伝記(小林利之訳)によれば、
この頃のフィッシャー=ディースカウの活躍は、
下記のような受賞暦からも類推できる。
1955年 「オルフェオ金賞」受賞。
1956年 ベルリン美術アカデミー、国際音楽評議会会員に任命される。
1957年 グスタフ・マーラー協会 名誉会員に任命される。
同年 「第一級連邦十字章」受賞。
1959年 「バイエルン宮廷歌手」の称号を得る。

また、ここには、ピアニストのムーアの証言もあって、
「つねにあふれんばかりの自発性と新鮮さがあり、
『彼が一つの曲から繰り広げる様は、
いつまでも絶えざる新しさというしかなく』、
そのリハーサルさえ、スリルと喜びに満ちていた、という。」

また、「成功から成功へと彼が『旅して歩いた』この輝かしい時期」
という表現もあって、この時期の彼のライブが聞けることは、
非常に喜ばしい。

この本から引用を続けると、この著者は、この歌手のドイツ語の発音を、
「水晶のごとき透明さ」と比喩し、この歌手の歌うときの、
kull(涼しい)、wonne(喜び)、sanft(柔らかな)、Liebe(愛)
といったドイツ語の美しさを讃え、
知人のドイツ語教師が、ディースカウの歌う、
「魔王」、「海の静寂」、「さすらい人の夜の歌」から、
語学入門教育をしている例を挙げている。

このCDでは、うまい具合に「海の静寂」が聞けるが、
古い録音ながら、この先生の気持ちはよく分かる。

そして、その後、収録されているのが、「プロメテウス」である。

これらは連続して演奏されたのであろう、
「プロメテウス」の熱唱の後、拍手が入るが、
あまり熱狂的なものでなく、
いくらザルツブルクの聴衆といえども、当時は、
こうした辛口の音楽には慣れていなかったのではないかと推察した。

日本語解説は、前述のように、このレーベルと演奏家の関係から、
ザルツブルク音楽祭における、フィッシャー=ディースカウの活動、
そして、彼の著書からの引用からなっていて、
この録音が貴重なことを実感させる内容。
しかも、シューベルトの各曲の解説も手堅い。
歌詞対訳もあって、まずは満足できものだ。

フルトヴェングラーとのマーラーや、
ムーアとの「冬の旅」など、
これより古い名盤があるのは確かだが、
この時期のものの多くは、
後年のステレオ録音に置き換わっているというのが、
実態ではなかろうか。

ただし、このCD、デザインはいただけない。
白黒写真のフィッシャー=ディースカウが立っているだけで、
何故か、その輪郭を鉛筆でなぞったような処置がなされている。
全体的に暗くて、進んで手を伸ばしたくなるような代物ではない。
私も曲目を見なければ、欲しくならなかった。

さて、ここに収められて、前半のクライマックスをなす、
「プロメテウス」であるが、前回、ハイペリオンの
シューベルト歌曲全集の解説を紹介したが、
実は、そこには、まだまだ、詳細な内容分析が続いている。

前回は、曲の成り立ちについてで力尽きたが、今回は、
続きを紹介したい。

ここで筆者、グレアム・ジョンソンは、全曲を詩の連節に沿って、
7つの部分に分割、それぞれについて、逐一、何行もの説明をしている。

「1.この曲は、両手間のオクターブによる、
残忍にも勝ち誇ったファンファーレのような、
フレーズを伴う、嵐のような音楽で始まる。」
といった具合である。

この「1」の部分とは、
「おまえの天空を、ゼウスよ、
雲のもやで覆え、
そして薊の頭をちょん切る
子供のように、
樫の木と高い山でやってみろ。
しかし、俺の大地は
そのままにしておくのだ、
そしておまえが建てたのではない俺の小屋と
その炎のために
おまえが俺を妬んでいる
俺のかまども。
俺はこの太陽の下でおまえたち以上に
みじめな存在は知らないぞ、神々よ!」
(石井不二雄訳では、こうなっている。)

このように、プロメテウスが、傲慢にも神に向かって、
絶叫する部分であって、誰が主人公であるかは、
かろうじて「炎」が話題になっていることで推察される。
しかし、そこらの酔っ払いが叫んでもおかしくない内容である。

それにしても、
アザミの頭を子供がちょん切るという比喩は、
少々、なじみのないものだ。

最近では、サラリーマン風の中年男が、傘で、
チューリップの頭をちょん切るようなので、
そういう人もいるという点では分かりやすいが、
ゼウスを子供っぽいと皮肉るプロメテウスには、
少々、不利な状況である。

極東の島国では、いい年したおっさんの仕事なのである。

「付点リズムで気取って歩く、
細胞のような一小節が、この開始部で7回繰り返される。
しかし、ここには和声に、安心や安定感を感じることは出来ない。
開始部の小節は、変ロ長調を指示しているように見えるが、
変イのハンマーのような和声の列は、変ホ長調に向かう。
この調によるもう次の嵐のファンファーレ(同様に付点リズム)は、
ニ長調の和音に執拗に向かい、オープニングのレチタティーボを支える、
ト短調のトレモロを次に導く。
ゼウスの怒りは、歌手のあざけりと同時に、
これらによって同時に描き出される。
音の中心のシフトは、攻撃の足場固めを、
和声のねじれの繰り返しは、
勇気を奮い起こすことの比喩を示唆する。」
この傍若無人な動機に、このようなことまで聞き取るとは、
さすが、グレアム・ジョンソン。
確かに、そんな風に聞こえる。

「歌手が一音も発する前から、我々は、
アメリカ人が、『態度に問題がある』と呼ぶ
危なっかしく落ち着かない人物を前にする。
歌手が『お前の空を覆え、ゼウスよ』と歌い出すと、
シューベルトには珍しい、
この音楽が内包する怒鳴り、怒り、軽蔑が明らかになる。
『ゼウス』という単語が、4番目のビートから小節を越えて歌われると、
無頓着で、無礼な冒涜への自慢がシンコペートされる。」

5分ほどの曲を、
7分割したうちの最初の「1」の説明は、まだ、終わらない。
そもそも60行を越える詩の1行分しか終わっていない。

「『雲のもや』という言葉のあと、
冒頭の、いなづまのような付点リズムの動機が、
トロンボーンによる間奏曲のように戻り、
ゼウスがアザミの頭をちょん切るところでは、
シューベルトは、右手のトレモロで同様に打ち首を行い、
まず、変ロ-変ニ、それから、変ロ-ハと、音楽的なイメージを示唆する。
さらに、『頭』と『高い山』のあとの堂々とした間奏曲で、
ゼウスの振る舞いは単に子供じみた短気だと告発するのを区切るが、
事実、それらは、良いことではないことに、
権力を濫用する神のパロディーとして使われている。
この後、プロメテウスは、聖書の預言者の怒りのように、
または、労働組合の先駆者のように、絶好調になっていく。」
ここでは、イザヤ書の65章を参照せよとある。

「『俺の小屋、お前が建てたのではない』の部分と、
『俺のかまど、お前が妬んでいる』の部分では、
プロメテウスとゼウスの対決は、
使用者と労働者の革命的な視点を思わせ、
オリンポスの資本主義に労働組合がたてついているようである。
ここでの各センテンスは、どんどん高い方向に行き、
ほとんどヒステリックな非難のような感じを加えていく。
『妬む』という言葉のあと、嵐の動機が最後に奏されると、
プロメテウスはあまりにも熱くなって、アリオーソをやめ、
レチタティーボに切替える。
『俺はこの太陽の下でおまえたち以上に
みじめな存在は知らないぞ、神々よ!』
これはほとんどフラストレーションの怒りを早口でまくし立てている。
ゲーテの韻律法では、ここは実際は第二節なのだが、
シューベルトは、ムードやテンポの切替を、
『おまえたちはかろうじて』のところまで取っておくことにした。」

ようやく、「1」が終わった。今回、最後の「7」まで行き着くのは困難だ。

「2.この不思議なパッセージは、
アイロニーと風刺に満ち、シューベルトの音楽では、
まれな例となっている。」
と書かれるのは、以下のような歌詞の部分。

「おまえたちはかろうじて、
ささげられたいけにえと、
祈りの言葉によって
おまえたちの権威を保っており、
もし子供たちと乞食たちが
希望に溢れた阿呆どもでなかったら、
窮乏してしまうところなのだ。」

ここの部分の解説を続けると、
「ここでの『いけにえ』や、『祈りの言葉』は、
彼が見聞きしていた教会の儀式を、
シューベルトに想起させたであろう。
巨人の非難とこきおろしは、
オルガンのために書かれたような4声の音楽で伴奏され、
少しずつ進行する半音階的な動きは、教会音楽で使われる、
オールド・スタイルに学んだ精巧なパロディーであって、
ひざまずいた隷属状態を示唆している。
過度に悲嘆した、『みじめな』の部分の音楽にもかかわらず、
四声の上のソプラノのヴォーカル・ラインの、
『おまえたちの権威』にこめられた諧謔味は、
伴奏の荘厳さから遠く離れて、歌手がそれを軽蔑しているのが明らかだ。」

ここは、なかなか「明らか」とは思えない。
よく聞いて、そうかな、と感じる程度。

「迷信的な教会の儀式の描写は、あばかれるべく登場、
同様にト短調で書かれた、9ヶ月前に書かれた、宗教的な、
『マリアの苦悩を想って(D632)』以上に似たものはない。
この『乞食』のイメージが同様に乞食の歌である、
ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスター』の、
『竪琴弾きの歌』を想起させても、驚くには当たらない。
これらの音楽に共通するのは、古い従属のテーマである。」

以下、プロメテウスの歌は、急に視点を変えて、
まるで、ゲーテ自身の独白を聞くかのようだ。

実は、プロメテウスのような半神の巨人に、
子供時代があったとは、私には信じられず、
学生時代、最初にこの部分を読んだとき、
何だかしらけてしまったのを覚えている。

何だか怪しい、スクリャービンの、
「プロメテウス」を愛聴していた頃の、
生意気な小僧には、
何だこりゃとなるわけである。

「俺が子供で
何も分からなかった頃には、
俺も困惑の目を
太陽に向けて、まるであの上に、
俺の嘆きを聞いてくれる耳と
俺のと同じような心があって
苦しむものをあわれんでくれると思っていた。」

しかし、改めてこの部分を読むと、
私は、ここで、ゲーテが6歳の時、
リスボンの大地震が起こって、6万人の命が奪われた際に、
これと同様の問いかけをしたという逸話を思い出した。

「何故、聡明で慈悲深い神様が、こうしたことをしたのだろうか。」

さて、ジョンソンの解説は、このように続く。
「3.ニ短調への移行は、小休止の時である。
シューベルトはこうした悪口には、お休みが必要だと考え、
一歩下がって好機を待つようにした。
子供の頃の幻覚の再発。
『俺が子供の頃』の、か弱い優しさからも、
我々はプロメテウスが実は傷つきやすい部分を持つことに気付く。
ここでの伴奏は非常に単純。まるで子供の奏でる音楽のように。
『同じような心があって』の部分、そして、最後の『哀れむ』では、
感情的なアクセントがあって、思いやりのないゼウスとは違って、
人間が哀れみを持つことが出来ることを強調する。」

何だか、ゼウスだとか、プロメテウスだとか言っている割には、
音楽も詩句も、キリスト教文化圏にどっぷり浸かっている点が、
日本人から見ると、奇妙奇天烈。

まるで、神社の批判をするのに、
お寺に文句を言っているような按配。
まあ、そこが、ゲーテにとっても、シューベルトにとっても、
狙いだったと考えてもよいのだろうが。

このあたりは、確かに激烈な音楽から離れて、
間奏曲風に心を落ち着けることが出来る。

だが、強烈な一発がお見舞いされて、
以下のような歌が始まる。
「俺を巨人たちの暴虐から
助け出したのは誰だったか?
俺を死から
奴隷状態から救ったのは誰か?
おまえ自身がすべてやったのではなかったか、
神聖に輝く心よ?
そしておまえは若々しく善良に
欺かれながら、救済を
あの天上で眠れるものに感謝して輝いたのか?」

ここでは、プロメテウスは傲慢不遜。
すべて、自分自身が成し遂げたと威張り散らしている。

会社でよく見かける「偉い人」になってしまっているのは残念だ。
が、一方、「天上で寝ていて、何もしない」、という表現が気に入った。
これまた、そこらで沢山、見受けられるからである。

「4.『誰が助けたか』で、私たちは突然、何の予告もなく、
再び舌戦に戻される。
ゼウスは長年威張っていた親が、かつて臆病だったわが子に、
くってかかられて、当惑したかのように沈黙を守っている。
ここで、過去を穿り返され、父親の目の前に投げつけられる。
ほとんど言葉を吐くようなレチタティーボが要求され、
ここでの和音は、量感のある効果で大理石を掘り込むようで、
ト、イ、そしてロの減七度の三つの塊からなる。
『誰が助けた、誰が救った』という、その質問の答えは、
神の善意の中にあったのではなかった。
それは自身の心であって、かつて信じていたように、
『天上で寝ているもの』が、
プロメテウスを救出したわけではなかった。
『巨人たちの暴虐から』で、ゲーテは、神話に素材を求めず、
勝手に物語を作っている。
プロメテウス自身が巨人であるし、
アイスキュロスのみがその戦いを書いており、
そこでも、同胞と戦ったのではなく、
クロノスに対し、ゼウスの側に立って戦ったのである。」

このあたり、呉茂一の「ギリシア悲劇」でも、
アイスキュロス劇の解説で、以下のように書いている。

「ゼウスもその兄弟姉妹と力を合わせ、
父神クロノスやその一味のティーターン神らと激戦のすえ、
ようやく現在の権力を獲得した。
この際大方のティーターン神はクロノス側についたものだが、
プロメーテウスだけは、その前知性から、ゼウスに味方し、
その成功を助けたという。」

「ここで再度、『心』という言葉で、哀れみを意味する経過句が現れるが、
この時はへ音で、この曲で最も高い音になっており、
一般に歌うのが困難とされている。
これは悲痛な効果を加え、プロメテウスはここで、
彼は、彼の救済は彼にしか出来ないことに気付くのである。
『天上で眠れるもの』の後、ピアノは、この曲で最も壮大な和音を奏でる。
変ホ短調のドミナントを残す。」
この曲の重要な部分は、自身の力で生きていかなければならぬ、
その現実直視にあったということか。
早口でわめいているだけの音楽ではなかったと、
ここまで書かれると、妙に納得する。
恐ろしく巧緻な作曲である。

文字数もいっぱい。今回は、この前半の解説で終わり。
残りは次回に回すことにする。

得られた事:「フィッシャー=ディースカウは、モノラル録音期に早くも高みに駆け上がっており、その過程で、多くのシューベルト歌曲を普及させていった。」
[PR]
by franz310 | 2008-04-26 23:46 | シューベルト
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>