人気ブログランキング |
excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その46

b0083728_1774117.jpg個人的経験:
前回の、
テスタメント盤の解説に、
アマデウス四重奏団のレコードの
ライヴァルとなった録音の一つに、
「グラモフォンから出された、
デムスのピアノと、
シューベルト弦楽四重奏団の
演奏のものがある」
といった記述があった。

しかし、同時にそこには、シューベルト四重奏団とは、
実体は、コンツェルトハウス四重奏団であるとあって、仰天した。
(おそらく契約の関係で。)
彼らは67年まで活動したから、
58年のアマデウス盤のライヴァルとして、
これが録音されたということは、十分、有り得る話である。

また、先のアマデウス盤の解説によると、
51年から、アマデウス四重奏団は、
アメリカのマイナーレーベルの、ウェストミンスターに10の録音を残し、
HMV、デッカにもレコーディングし、
最終的にグラモフォンに移籍したとある。

どうやら、当時の契約関係は、非常に入り乱れていたようで、
ウェストミンスターの看板アーティストであったコンツェルトハウス四重奏団が、
何かの拍子に、グラモフォンで録音していたとしてもおかしくはないと、
思うようになった。
そういえば、デムスも、もともと、ウェストミンスターの看板ピアニストであった。

私は、この録音、この意味不明な楽団ゆえに、これまで、まじめに聞いていなかった。
こんな名称の楽団は、このレコード以外にないのだから。
私の問題だけではなく、この録音、
デムスのピアノ、ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団の、
「ます」であったとしたら、おそらく、もっと売れたのではないだろうか。

1960年に出た、「世界名演奏家辞典」にも、
「この楽団は、ウィーン最高の室内楽団である・・
特にシューベルトに傑出している」と書かれているのだから。
むろん、デムスも、ここに出ていて、
「現代オーストリアの三大ピアニスト」の一人と紹介されている。

そうした名称問題もさることながら、
実は、このレコードで、もっと気になるのは、ステレオのバランスかもしれない。

ピアノがやたら左から聞こえてきて、
その右、つまりステレオ・スピーカーの真ん中あたりからヴァイオリンが聞こえ、
右の方に窮屈に、ヴィオラ、チェロが聞こえる点ではなかろうか。
コントラバスは、その奥の方にいるのだろうか。
この曲の場合、ピアノが高音で幸福な響きを立てることが多く、
やたら、右に傾いた音場感となる。
部屋が傾いたような、奇妙なステレオ効果が広がる。
演奏者名とは別に、変なレコードという感じがないわけではない。

実は、この曲のシューベルトの書法を、
ピアノ連弾の高音をピアノが、低音側を弦楽部が受け持ったような形、
と評した人(アインシュタイン)がいる。

まさしく、それを反映させたような録音といえるのかもしれない。
ひょっとして、ステレオ初期の実験段階の一例だろうか。
とはいえ、アマデウス盤のような薄っぺらな感じはなく、
当然、立体的であるばかりか、雰囲気も豊かでみずみずしく、
各楽器の存在感も鮮明である。

演奏も伸び伸びとして闊達、
ピアノも弦楽も情感溢れ、活力に満ちた速いテンポで、
シューベルトの夢を広げていく。
疾風怒濤のシューベルトのようで、心に迫るものがある。

私が最近、近所の中古屋で、
たまたま入手したLPは、
私が音楽を聞き始めた時代には、
すっかり市場から消えていた、珍しい10インチ盤で、
この曲が両面にいっぱいいっぱいに収められている。

ジャケットは、この時代(おそらく40~50年くらい前)に相応しく、
近代的な表現で斬新である。それがかえって、時代を感じさせる。
(これはモンドリアン??どこかで見たが思い出せない。)
こんなデザインからも、ようやく、戦後も終わったという感じが漂ってくる。

その解説は、「古今の室内楽曲の中でも、
おそらく最も人気ある曲のひとつであろう。
全篇に若々しく明るい美しさが率直に現れて、
誰にでも理解できる」と書き始められており、
旅先の美しい自然、気のおけない交流といった
若いシューベルトの幸福な日々の産物である旨、
正しく押さえられている。

この解説のとおり、この演奏もまた、若々しく率直で、
非常に好感を持った。必要以上に深刻にはならないが、
迷いや侘しさも十分に表現されている。
終楽章の未来への憧れの表現も秀逸である。

さて、この解説、
まさしく、先のアインシュタインの解説を引用しているのである。
「ピアノは連弾の場合の第一奏者(プリモ)であり、
メロディーをオクターヴで奏するその様式がかなり多く用いられている。
そのため第2奏者(セコンド)である弦楽器群は、
低音を広く取る必要が生じ、コントラバスが用いられているのである。」

コントラバスの名手ドラゴネッティ(1763-1846)が、
この作品でピアノの高音部とコントラバスの奏する快い低音との関係を
絶賛した、とのことが解説に書かれているが、
私は、それを知らなかった。そして、知って嬉しくなった。

ドラゴネッティのような一世代前の音楽家で、
シューベルトを認めた人は、ベートーヴェン以外には、
少なかったのではないだろうか。

だいたい、同世代の作曲家の中でも、シューベルトの真価は、
どうやら分かりにくかったようで、シューマンのように、
十何歳か若い世代が、ようやくシューベルトを認めたのではなかったか。

しかし、同じ楽器を分割した書法なら、この録音のように、
完全に分離して響くのはいかがなものか。
いったい、デムスは他の奏者と、どのようにコンタクトを取ったのだろう、
などと心配になるほどである。

しかし、このレコードをよく見ると、演奏者の紹介覧に、
「シューベルト弦楽四重奏団は、
名流ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団のメンバーからなる」
とあって、当時から公然の秘密であったことが分かる。

確かに、改めて、名盤として知られる、
スコダ&コンツェルトハウス四重奏団の「ます」をかけてみると、
生き生きとしたテンポもよく似ている。
しかも、スコダ盤で、弾きとばし気味に感じた第2楽章も、
このシューベルト四重奏団盤では、
よくかみ締めて、味わい深い表現となっている。

おそらく、デムスの表現意欲が、スコダを上回っていて、
このような稀有の燃焼が生まれたのであろう。

また、どこかのマイナーレーベルが、きちんとデータまで載せて、
このあたりの秘話付きで、CD化すれば、音もよいし、
最新録音に負けない価値の商品になるだろう。
ステレオ効果についても、それなりの理由の解説があれば、
希少価値を感じるのではなかろうか。

得られる事:「ステレオ初期には、様々な音響上の実験がなされていた。」
by franz310 | 2006-11-26 17:11 | 音楽
<< デパ屋店長、タオル屋のカードを... デパート屋上総務庁、ポイントカ... >>