人気ブログランキング |
excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その43

b0083728_2352959.jpg個人的経験:
貴重な記録として、
ライブ録音を収めた
CDとして、アメリカの
ブタペスト、ジュリアード
各四重奏団を見てきたが、
ヨーロッパでも、
アマデウス四重奏団の、
BBCによる記録が、
CD化されている。


アマデウス四重奏団の演奏した、「ます」については、
2種類のスタジオ録音をすでに
このシリーズでも取り上げていて、
さらには、テスタメントのDVDまで紹介しているので、
また、そこに戻るのは、ためらわれるものの、
ライブのCDという流れで、
無視するわけにはいかない。

ピアノは、DVDと同じカーゾン。
コントラバスは、EMIへの録音時と同じ、メレットである。

アマデウスの録音は、まとめると、以下のようになる。

58年、H.メニューヒン(ピアノ) E.メレット(コントラバス)(EMI盤)
71年、C.カーゾン(ピアノ)   E.メレット(コントラバス)(BBC盤)
75年、E.ギレリス(ピアノ)   R.ゼペリッツ(コントラバス)(グラモフォン盤)
77年、C.カーゾン(ピアノ)   R.スラットフォード(コントラバス)(テスタメントDVD)

ということで、メニューヒンと、ギレリスの中間に位置する録音だが、
聞き比べると、メニューヒン盤はこじんまりしており、
ギレリス盤は、今回のものに比べると、窮屈で伸びやかさが足りない。
清水のごときカーゾンのピアノの流れの美しいこと。

ジュリアード四重奏団のような、強烈さはないが、
何か、みんなで同じ夢を見ているような安堵感がここにはある。

アマデウス四重奏団の、「ます」のCDの演奏としては、
これが一番乗っているかもしれない。
ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでの実況なので、
聴衆の質が良かったのだろうか。

とはいえ、録音は、さすがに、スタジオ録音の方が、鮮度が高い。
微妙な位置づけである。

ジャケット写真は、BBCらしいというべきか、質実であるが、
そこそこに美しい仕上がりだ。

さらに、こうした記録物は、中の解説が楽しみである、
この手のものなので、曲目解説はなく、
演奏家のエピソードであるが、
これまた勉強になった。

以下に、書いてあったことを意訳する。

「1987年8月、ピーター・シドロフの突然の死の時点で、
アマデウス四重奏団は一度のメンバー変更もなく、
40年の活動を続けてきた。
高い声部を受け持つ3人のプレーヤーは、
第三帝国からの亡命者で、
英国の収容キャンプで出会い、マックス・ロスタルに付いた。
ロスタルには他にスザンヌ・ローザという弟子がいて、
英国のチェリスト、マーティン・ロヴェットの妻となった。
このようにして、4人のメンバーが集まり、
四重奏団が出来た。」

こう書くと、スザンヌもメンバーに見えるが、夫がメンバーである。

「彼らは、最初の公開演奏をブレイニン四重奏団として、
47年にデヴォンのダーティントンホールで行った。
この機会に、彼らは、モーツァルトの「ホフマイスター四重奏曲」と、
シューベルトの「死と乙女」、
ベートーヴェンの「ラズモフスキー第三」を演奏した。」

「アマデウス四重奏団としての公式デビューでは、
ロンドンのウィグモアホールで、
翌年の1月に行い、ベートーヴェンを再演、
モーツァルトのニ短調で始め、
ヴェルディの四重奏曲を演奏した。
最後の作品は、彼らのレパートリーとしてはいささか変則的だが、
長い間、愛着を保持した。」

実際、ヴェルディの四重奏曲は、
彼らは、活動の終わり頃にもCD録音していた。

「彼らは偉大なオーストリア、ドイツ系の伝統を専門にし、
たとえ、いくつかの20世紀の作品を演奏したとしても、
彼らは、ハイドンやモーツァルト、
ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスの
比類ない解釈で知られた。」

ここからが、面白いところで、解説者が体験を語っている。

「私はBBCのプロデューサーとして、
アマデウスと仕事をする機会を
たくさん持つことができた。
彼らのリハーサルは、例外なく、
十分な会話からはじまり
(しばしば、熱い議論になった)、
それから実際の演奏に入るのであった。
また、もし、彼らの独特なサウンドを、
マイクロフォンに捉えられていないと、
彼らは、非常にフラストレーションを感じた。」

仲の良いじいさんたちという感じではなさそうだ。

「アマデウスは、
ブレイニンの高度に個人的な表現力の高い質のスタイルに負っている。
彼のスタイルは、暖かいヴィブラートに支えられた、
非常に特別な感情の率直さが特徴だ。
ハイドンの作品54の四重奏曲の
最後の2曲の緩徐楽章や、
ベートーヴェンの作品130のカバティーナに、
彼の素晴らしい即興性を、
彼を聴いた誰もが認める。」

「ブレイニンが、人間の声のようにヴァイオリンを語らせ、
音楽のハートに正しく浸透させるのは忘れられない。
モーツァルトの協奏交響曲の緩徐楽章では、
悲劇的なオペラのデュエットのように、
ブレイニンのために作られた曲のようにも思える。
シドロフとよく協演したが、私の経験では、
彼らは誰の演奏よりもよかった。」

「ニッセルについていえば、
世界最高の第二ヴァイオリンだった。
彼は、ブレイニンの表現力に富んだ激しさを補完し、
四重奏のすべての音が、どのようにブレンドされるべきかを、
本当に知っていた人だった。」

「マーティン・ロヴェットは、
単にアンサンブルの支えにとどまらず、
解釈の面で、きわめて重要な貢献者なのである。」

これらが、四重奏団の紹介だが、
カーゾンの紹介の方は、さらに傑作である。

「クリフォード・カーゾンは、シュナーベルの弟子の1人であった。
(もう1人の先生は、ハープシコードのワンダ・ランドフスカで、
彼女は、カーゾンがシュナーベルに入れあげているのを案じて、
「シュナーベルは無味乾燥だ」と意外な忠告をした。)
カーゾンは、
何よりも威厳ある質感のブラームス演奏で知られている。
2つの協奏曲と作品5のソナタは彼の得意とするもので、
さらに記憶すべきは、シューベルトに持ち込んだ暖かさと愛情で、
ニ長調のソナタD850のスケルツォのレントラーのようなパッセージは、
大変魅力的な快活さを持っている。
終曲は、子供のような天真爛漫さと成熟した英知の融合である。」

このへんは、まあ、少しは知っていた。しかし、これから、
そのエキセントリックな部分の紹介が始まる。

「このような演奏では、ほとんどノイローゼにも近い、
多大な準備の形跡は押し隠されている。
カーゾンは、彼が呼ぶところの「完成された自発性」を目指していた。
「私はしばしば19通りの演奏を放棄する」と彼は一度、語ったことがある。
「20番目の方法に到達する前に。それからそれを磨き上げるんだ。」
BBCの室内楽のヘッドだった頃、
ハンス・ケラーは、彼がプランしているプログラムのために、
カーゾンにモーツァルトのイ単調K310をお願いしたことがあると、私に語った。
「喜んで」と、カーゾンは回答した「3年が必要ですが」。
そして、結局、レパートリーに加わることはなかった。」

ソナタを一曲練習するのに3年!!

「カーゾンの解釈の、はなはだしく長い懐妊期間は、
完璧な追及の結果ではなく、
むしろ、彼が常に、新しくて、
さらに深い何かを発見するかもしれないという、
真正の心配によるものだった。」

この後、モーツァルトの協奏曲の録音と、
発売禁止の連発の話がある。
録音が終わるたびに、彼は、ああすればよかった、
こうすればよかったと、
新しい発見をしてしまうらしい。

さらに、様々な色のペンで、書き込みがなされ、もはや、
もとの音符が見えなくなっていた、
愛用の楽譜の話などが出てくる。

得られたこと:「ライブ録音のCDは、音質に問題があっても、スタジオ録音より、伸びやかな演奏が記録される場合がある。また、演奏家に興味があるとき、その解説は、非常に重要な文献となる。」
by franz310 | 2006-11-04 23:52 | 音楽
<< デパート屋上ペットショップ店長... クロメダカちゃん生誕の地、デパ... >>