人気ブログランキング |
excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


どじょうちゃん、クロメダカちゃんの遺志を継ぐを決意す。

b0083728_21172068.jpgどじょうちゃんは、
まずは、
事実の究明が、
最重要課題と考えた。

本当に、
あの懐かしい
クロメダカちゃんの
仲間たちが、
携帯電話の中に
組み込まれているのだろうか。

メダカの人権を、
完全に無視した、
「モバイルめだカ」計画。

どじょうちゃんは、
ひらりと身を翻すや、
持ち前の行動力で、
活動を開始した。

どじょうちゃんは、
田んぼの近くから、
連れられて来てから、
ずっと、水槽の外に出たことはなかったが、
土地勘はあるつもりだった。

というのも、
実は、少しの間、
外で暮らしたこともあったのだ。

だが、その時のことと言えば、
どじょうちゃんの心の中に、深い闇を残しており、
決して触れられたくない、ある記憶の一こまを、
どじょうちゃんは一人、
胸のうちに、そっと抱え込んでいた。

だが、それを、いつまでも、
いじいじと考えているわけにはいかぬ。
クロメダカちゃんの高い志に比べてみれば、
そんなものが何であろうか。
どじょうちゃんは恥ずかしかった。

考えてみれば、
小さな心の傷を理由に、
水の底で、
くよくよしていただけのようにも思えてきた。

そんな自分の殻を、今こそ脱ぎ捨てる時が来たのだ。
それを、クロメダカちゃんは、
身を持って教えてくれたではないか。

どじょうが一生をかけるべき、大仕事。
ついにその瞬間が来たのだ。

どじょうちゃんは、いざ、出陣と、
身をくねらせた。

だが、悲しむべき事実。
どじょうちゃんのかっと見開いた眼には、突然、
あの恐ろしい阿鼻叫喚の地獄図が見えてきた。

それから、
離れ離れになった仲間たちの悲しい声が、
耳の奥に蘇り、木霊のように長い余韻を持って響きわたると、
どじょうちゃんが、ずっと封印していた感情が、
どどっと、水槽にあふれ出した。
by franz310 | 2006-08-02 21:45 | どじょうちゃん
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>