人気ブログランキング |
excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クロメダカちゃん、再生音声に聞き入る

b0083728_238555.jpg僕が、自分の体に埋め込まれていた
ハードディスクの事を思うと、
そこに記録されていた、
ベアトリーチェの声が再生された。
僕は、ベアトリーチェの姿を追ったが、
彼女は、体を軽快にくねらせて泳ぎ、
遠く光の中にかき消えるようであった。

「もう少し、お話しましょう。
じじじ、じじじ。重大な秘密が、ぶくぶくぶく。
というのは、じじじ。びちゃびちゃ。
ぶくぶくぶく。
じじじ、大手電気メーカー、びちゃびちゃ、
ということです。
びちゃびちゃびちゃ。じじじじ。」


えっ、何だって??ベアトリーチェの後姿に気を取られていたせいか、
ボリュームが小さくて、肝心のところが聞き取れない。

ハードディスクにアクセスする音が邪魔である。
びちゃびちゃ言う浄水フィルターの水音もまた、
耳障りである。

僕は、こういったアクシデントで、
TOTOICというサカナ語検定を落としたことがある。
リスニングも出題するのであれば、
センター試験の時には、
もっといい再生機を用意して欲しいものだ。

僕は、再生音量を大きくするべく、
ムナビレで鱗のダイヤルを回した。
もういちど、再開だ。

じじじっと音がしたが、
すぐに明瞭な音声となった。
びちゃびちゃぶくぶくという音で、とてもうるさい環境にもかかわらず、
何とか、その声を聞き取ることが出来た。

「この恐ろしい計画について、
もう少しお話しましょう。
びちゃびちゃびちゃ。

東京のとある下町の街角に、
一軒の駄菓子屋があったのですが、
そのお店に重大な秘密があるということは、
ごく限られた人たちにしか知られていません。
ぶくぶくぶく。じじじじじ。」

何だ何だ、どうして駄菓子屋の話になるの。
僕は、聴こえてくるベアトリーチェの声に向かって、
質問したいぐらいだった。
僕は、念のため、もう少し音量を上げた。
じじじっ。

「一見、何の変哲もない駄菓子屋ですが、
よく見ると、柱も床も、すべて大理石で出来ています。
床に敷かれた真紅のカーペットはペルシャ製で、
あまり目立たないのですが、天井のランプも、実はシャンデリアなのです。
というのは、その駄菓子屋は、さる富豪の未亡人が道楽でやっているもので、
その店の地下には、大陸横断鉄道の極東終着駅が、
隠されているという噂すらありました。ぶくぶくぶく。」

それが本当だとすると、僕は、日本海の海底トンネルを越えて、
その列車で、モスクワやペテルブルクまで乗って行きたいなあと思った。
きっと、ロシア革命の動乱の時に、急遽竣工されたものに違いないと思った。

「そんな店に入って来ては、悪ガキどもが小銭を転がす、
アイスキャンデーを、絨毯の上にこぼす。
あるときなどは、十円玉が転がって、
地下の総檜造りの極東ステーションにまで、
転がり落ちるところでした。びちゃびちゃびちゃ。
そこに、こっそり掛けてあったイコンに、悪ガキがいたずら書きをした時、
ついに、彼女は行動を起こすことを決意したのです。
その未亡人は、何とか、小銭なしで駄菓子を買えるシステムが出来ないものかと、
大手麩菓子メーカーに相談を持ちかけたのでした。じじじじ。
そもそも、富豪というものは、小銭の計算や管理が苦手なもので、
いちいちお釣りがないときは、子どもたちに小切手を切って与えていたくらいですから。」

僕は、今度、ここを出たら、絶対にその駄菓子屋に行ってみたいと思った。

「六本木に本社を持つ、世界最大の麩菓子メーカーが、立ち上がりました。
『JR麩菓子日本』は、系列会社の『JR倒壊』と共に、
大陸横断鉄道を営む富豪の未亡人から手渡された研究資金をもとに、
研究に着手しました。ぶくぶくぶく。
彼らは、大手電気メーカーからも、大量に人材を買いあさって、
ようやくにして、その技術を開発したということです。じじじじ。
その成功が伝えられるや、駄菓子屋の屋根に吊り下げられた鐘が、
がらんごろんと、壮大な響きで鳴り始めたと聞いています。ぶくぶくぶく。」

「麩菓子と言えば、鯉の餌としても有名。
鯉の世界の大物政治家が、その技術を、
デパ屋総務庁に持ち込みました。びちゃびちゃびちゃ。
総務庁にとっては渡りに船です。
麩菓子なら、デパート屋上のペット売り場にもあります。
ここでも、麩菓子を小銭なしで買えるようにしましょう、
などと、総務庁の役人と、大物政治家の間で執り行われた密談は、
とんとん拍子に進んで行ったのです。ぶくぶくぶく。」

「その時からです。
その電子マネーのカードを表わす『CA』が、
モバイル・メダカ計画の一部に組み込まれました。じじじじじ。
『モバイル・メダCA』計画という新しいプロジェクトが離陸したのです。
しかし、これでは、書きにくいし、呼びにくいので、『モバイル・めだカ』と、
CARDのCAはカタカナで表記されるようになりました。ぶくべちゃぶく。」

ええっ、あのカードには、てっきりペンギンが入っていると思ってた。
なんと、あのカードに入っているのは、われらが同胞だったのである。
by franz310 | 2006-06-26 23:29 | どじょうちゃん
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... クロメダカちゃん、呆然となる >>