人気ブログランキング |
excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


クロメダカちゃん、戦慄の夜

b0083728_21374713.jpg僕は、急上昇して、
水草の間を夢中になってかいくぐり、
水の上に口をつき出した。

そして、いつまでもいつまでも、
水面すれすれに泳ぎ続けた。

幸い、300円の水草と、
僕たちと一緒に入っていた、切れ端で水増しの水草と、
この呪われた水槽に前からあったと思われるくず水草が、
分厚い密林の鉄条網となっていた。


巨大な連中は、そのはるか下の方にいた。
水草の中に紛れていれば、その悪魔たちは、
僕の存在には気づかないはずだ。

だが、その水草の絡まった間に、
わが友の変わり果てた姿を発見した時の驚きを想像して欲しい。

茨に絡みつかれたその姿は、水中に繋ぎ止められ、
まるで、エル・グレコの磔刑図を連想させた。

息も絶え絶えの彼は、最後に言った。
「一足先に行かせてもらうよ。この世には、僕の生きる場所はなかったようだ。」

僕は、そんな声が、下のほうの連中に聞かれたら大変だと思った。
でも、そんな事は言えないから、こう言ったんだ。
「しゃべっちゃいけない。無駄に体力を消耗するから。」

すると、彼は、最後の息でこう叫んだ。
「デパートの屋上に帰りたいよ。」
それは、僕の心の声を代弁していた。

幸い、彼の叫びは、空気を送り込むぶくぶくポンプの音の中に、
虚しく消えていった。

デパートのおっさん、そうは言っても、いい人だった。

お客に売れ残りを売りつけたり、
お客の言うことをろくろく聞かず、愛想も悪く、
面倒なことは、全部、アルバイトの姉ちゃんにやらせていたけれど、
お客ってやつが、こんな悪い奴だと知っていたら、
ねぎらいの言葉ひとつもかけてやればよかったな。

時折、こちらの方に、大きな波のうねりが来る。
そのたびに、僕は身をすくめた。

下を見ると、大きな口をぱくぱくした連中が、
荒々しい鼻息を立てながら、落ちてくる罪人を、
しとめてやろうと、気味の悪いうめき声を上げていた。

「ここに来るやつには、明日はないぞーう。
地獄の番犬ケルペルス様の、獰猛な牙にかかるがいいわあ。」

やつらが下のほうを旋回し、その声を聴くたびに、
僕は命が削り取られて行くかと思った。
僕は必死で下を見ないように、水面すれすれを泳ぎ続けた。

下を見てはいけないと思ったのだ。

しかし、だんだん回りが暗くなってくると、
心細くなって、回りを見回したくもなる。
仲間の何人かも、声を出す力も失って、
顔面蒼白になって泳いでいた。

そして、疲れ果てて、もう駄目だと、
下の方に目をやると、ああ、恐ろしい。
神の御技によりて、その姿を蛇に変えられた罪人が、
水底にのたうちまわっているではないか。

僕は、わが身を振り返った。
どんな恐ろしい罪を犯せば、
かくのごとき醜悪な姿と成りさらばえるのであろうか。
審判によって、背骨を砕かれ、ぐにゃぐにゃとはいずり回り、
口の周りには、その貪欲と、破廉恥とを絵に描いたように、
いやらしい髭が生えているではないか。

ああ、恐ろしい。
僕は、思わず声を上げるところだった。

なんと、その髭の間から見えていたのは、誰あろう。
哀れ、力尽きて、沈んでいったわれら殉教七士の1人。
かつては、屋上のヘクトールとも呼ばれた男の亡骸であった。

その憎むべきへび魚は、そのにょろにょろとした髭を、わが同胞にこすりつけて、
「ほら、いいもんみっけー」と、水底を引きずり回し始めた。

ああ、わがトロイも陥落か。
あのような勇士が、城壁の周囲を引きずられるとは。
せめてもの慰めは、プリアモスの嘆きを聞かずにすんだことだ。
by franz310 | 2006-05-24 21:38 | どじょうちゃん
<< クロメダカちゃん、慟哭の永訣 クロメダカちゃん最初の次と次の受難 >>