excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その369

b0083728_13431511.jpg個人的経験:
グレゴリオ聖歌は、
何しろ千年に及ぶ、
キリスト教礼拝の
歴史の集成でもある。
前回まで、
そこで歌われる曲種に加え、
教会歴で歌われる機会や、
それらの音楽が何時出来たか、
出展の多様性を教えられた。
鑑賞の切り口は山とある。


グレゴリオ聖歌を語る時、
それらに加え、言葉と音楽に関わる、
音符解釈の問題が突きつけられる。

日本基督教団出版局の
「キリスト教音楽名曲CD100選」
にも、このCDは出ていて、
「グレゴリオ聖歌、演奏法の再発見」という項で、
特別に紹介されている。

多くの修道院が実践している
「ソレーム式」または、
「等価リズム式」と呼ばれる、
ロマンティックな表現に対し、
「定量リズム式」と呼ばれる歌い方が、
音楽学者には支持されているとある。

「活発なリズム感が印象的であろう」とあるが、
ソレーム式ののっぺり唱法ではなく、
ちゃんちゃか歌唱になっているというわけだ。

一聴して、このような差異があるのは、
分からなくもないが、
発売当時のレコード評では、
録音が良いと書かれただけであった。

シューベルトの音楽を聴きたいブログゆえ、
あまり、深追いもしたくないのだが、
乗りかかった船状態である。

今回聴くCDは、前回同様、
教会歴による分類がなされて、
「聖週間の音楽」と題されているが、
あまり、それについての解説はない。

むしろ、徹頭徹尾、理詰めの演奏解釈解説で、
はっきり言って、私の力の及ぶところではない。

Dom A Gregory Murrayという人が、
いきなり、このようにまくし立てている。

「西方教会の伝統的聖歌のこの録音は、
これらの聖歌の絶頂期に書かれた手稿によって、
リズムを解釈したものである。
これらの解釈は、当時の音楽論文の詳細な研究による。」

ということで、the best manuscriptとか、
Preciselyとか、権威主義的な単語が並び、
有無を言わさぬ高飛車な調子が、
読むものの反感を買う。

「これまで、これらの聖歌の近代的解釈のほとんどは、
すべての音符が基本的に同じ長さだという原理、
つまり、楽譜に内在する証拠と、
中世の古い書式の矛盾を孕んだままのものに、
基礎をおいていた。
私たちは、今や、まさしく権威的な様式によって、
これらの由緒あるメロディが歌われるのを、
聴くことが出来るようになったのである。」

てな具合で、この録音(1985年)
の前のものは全否定されている感じなのだ。

そして、この後の解説を書いているのが、
R.John Blackleyという人で、
with Barbara Katherine Jones
と書いているから、ブラックレイさんとジョーンズさんが、
一緒に書いたということらしい。

この人たちは、こうした研究家であると同時に、
指揮者でもあるらしく、
この二人が指揮者としても書き出されている。

指揮者が二人いるなんて、まるで、
アイブスの大交響曲みたいだが、
歌っているのは、スコラ・アンティクァという、
4人の男性だけからなるヴォーカル・グループである。

ニューヨークのAmerican Academiy of Arts and Letters
(アメリカ芸術書簡アカデミー)
という研究機関で録音されたという点からして、
これははたして観賞用のCDなのだろうか、
という疑問がわく。

が、解説書裏に、この二人の指揮者と、
歌い手たちがにこやかに笑っている写真があって、
きっと、彼らも、満足しているようだから、
楽しませてくれるものと期待しよう。

「Proportional Rhythmによる
聖週間の音楽」というタイトルの解説があるが、
このProportionalという言葉が、
「定量」と訳されていることもわかった。

そもそも、ソレーム唱法の等価リズムは、
各音符を等価に扱う、ということであろうから、
読んで字のごとしであるが、
「定量リズム」というのは、
日本語としていかがなものだろうか。

「プロポーションのよい」リズムだとしたら、
「均衡リズム」とか、「調和リズム」というべきではないのか。
「定量リズム」で歌いました、と言われて、
はあ、それは結構ですな、という答えが出るのだろうか。

この録音が行われて約30年、
すきなくとも私は、
「定量リズム」などに興味を持つことはなかった。

しかし、内容をかいつまんで読んでみると、
「杓子定規」はダメで、
「均衡のとれた」リズムが良いのだ、
という論旨に見える。
「定量」だから良いのだ、
という内容には見えない。

そもそも、「等価」と「定量」は、
どっちも値が等しいように見え、
門外漢からすると、どっちも、
「杓子定規に解釈しました」と、
同じように見えるではないか。

「頭ごなしに言ってもいいし、
言うべきかもしれない。
西洋の典礼用聖歌の実体は、
自由にアレンジされた、
2対1の長さを持つメロディからなる、
9世紀から10世紀の音楽記載がある
最初期で最良の手稿にこそある。
手稿のネウマ譜にも証拠があり、
同時代の理論家の証言も証拠があり、
明快に表現することが出来る。
音符を基本的に同じ長さに扱う、
聖歌歌唱が行われたのは、
比較的遅く、11世紀になってからのことである。」

私は、これを読んで、かなりがっかりした。
等価リズムは、てっきり、
近年になってからの悪習かと思っていたら、
11世紀から行われていたのである。

9世紀と11世紀の差異をあぶりだすのが、
このCDの趣旨であれば、
11世紀から現代まで受け継がれてきた唱法に、
肩を持ちたくならないか。

ジョスカンもパレストリーナも、
モンテヴェルディも、バッハも、
そしてシューベルトの時代にも、
このプロポーショナル・リズムは、
なかった、ということになるではないか。

「それは、この世のものならぬ音楽で、
そびえたつ、高揚感に満ちたゴシック風の、
当時の建築に相応しい表現であった。」

という風に、ソレーム唱法風の表現に対して、
この書き手も、独特の効果を認めているようではないか。

「この等価リズム派の伝統は、
特にソレームの修道院で、
過去100年あまり、録音で広く広められ、
事実、韻文であろが散文であろうが、
アクセントの無視や、異なるアクセントによって、
テキストのアクセントに多大な被害をもたらした。
もっと初期のプロポーショナルなリズムでの演奏の復活は、
いかなる場合も、
テキストのアクセントに
注意を払うという基本原理によって、
どう歌われるべきかを示すもので、
もっと地に足がついた、
情熱的でロマネスク建築に相応しい、
当時の芸術的価値観に近いものである。
これら二つの唱法を比べると、
等価リズム派は、持続の理由の道理にかなっておらず、
遅れてあらわれた、実際とは異なる伝統であることが分かる。
今や、まさしくその本来の姿で、
それがテキストに則ったものであることを知り、
その美しさが現代においても力強く響くことを知る時である。」

といった具合に、この解説は教条主義に満ち満ちた解説が続く。

以下、ずっと楽譜の記載による説明が続くが、
これはすっとばして、彼らの歴史的根拠を聴いてみよう。

「聖歌が彼の名前を持っているとはいえ、
グレゴリウス一世(the Great、590-604)
は、これらの聖歌を書いたわけでも、
編纂したわけでもないと言われている。
12世紀、13世紀の三つの楽譜が、
『古ローマ風』とされる聖歌を含み、
彼の時代の痕跡をとどめている可能性はある。
しかし、7世紀にわたって、
当時、どのようにメロディが歌われていたかや、
どのようなリズムで歌われていたかを示すものは、
伝えられていなかった。
典礼学者のステファン・ヴァン・ダイクは、
典礼や聖歌の整理は、
ビザンツの大司教、
ウィタリアヌス(657-72)
によってはじめられ、
グレゴリウス二世(715-31)
によって仕上げられたとされ、
それがグレゴリオ聖歌であって、
ローマ教皇の許から、
まずはピピン(751-68)、
それからシャルルマーニュ(768-814)
によって、ガリア全体に広まった。
シャルルマーニュのもと、
メルツの主教(742-766)は、
音楽学校をその教会に作ったので、
メルツの名は、そこで使われた記譜法を示すようになり、
それはフランス北部のランのグラデュアーレに見られる。
アルクィンの友人の英国人、
シグルフは、775年に、
メルツに聖歌を学びに行ったことを記録しており、
そこでは、ガーフリッド司教が、
カロリング王朝風の改良を行っていた。
ピピンとシャルルマーニュによる、
メルツの役割と名声、
聖歌保存の度重なる配慮によって、
9世紀から10世紀のネウマ譜の
プロポーショナル・リズム聖歌は、
ウィタリアヌス大司教と、
7世紀後半のその学校が始めた伝統を、
深く、きわめて全般的に伝えているものと思われる。」

もともと、9世紀から10世紀の唱法だと言いながら、
何と、それは7世紀にまでさかのぼるというのである。
何とも、気の遠くなるような、
100年スパンの話の列挙にくらくらしそうである。

「10世紀の終わりにかけて、
様々な理由から、
プロポーショナリズムは崩壊をはじめる。
明らかな修道士の訓練や技術不足、
見やすいがリズムや装飾に不適な
徐々に太くなるネウマ譜、
詩篇歌唱を急ぐ傾向、
オルガヌムのような複雑な音楽が、
縦のラインを複雑にして、
リズムの変化を困難にしたことなど。
11世紀に書かれた手紙で、
アリボは、こう書いている。
『古い時代には聖歌の作曲家によってだけでなく、
歌手がもっと注意を払っていた。
しかし、そんな時代はすでに過ぎ去り、
葬り去られてしまった』。」

ということで、何と、新しい音楽、
オルガヌムまでが正統的な聖歌崩壊に一役買ったとある。
また、のんびりした時代ではなくなった、
とも読める。

これは、ピアノが出来たから、
チェンバロがすたれてしまった、
というロジックにも良く似ている。

「11世紀から現在まで、等価リズムが支配的となり、
聖歌の正統的リズムを破壊してしまった。
12世紀になると、聖歌のメロディは勝手に変えられ、
16世紀のはじめには、メロディの切り貼りが容赦なく行われ、
恥じらいもなく変更された。
19世紀の終わりには、ソレームの修道院の学者が、
典礼聖歌のメロディを大規模に回復させ始めた。」

このあたりの記述、11世紀から19世紀まで、
数行で来てしまったが、
この間に、我々のよく知っている、
多くの大作曲家が生まれたり死んだりした。

「音楽のリズムは言葉のアクセントに調和すべきことが、
ソレームの学者には分からなかった。
彼らはフランス語圏の人で、
この言葉はアクセントよりも語尾の長さが重要で、
彼らのラテン語のアプローチも、
そうした理解でなされた。
10世紀の手稿以前、または、
ウィタリアヌスの時代にも、
ラテン語はアクセントが重要であり、
我々は、プロポーショナル・リズムが
言葉のアクセントを、
音楽の強弱パターンに合わせる、
ということを見て来たが、
等価リズムは、これらを分離してしまうものである。」

もう分かった、という感じだが、
この著者は、執拗に、ソレーム式を糾弾する。

「それに気づきもせず、
等価リズムのソレーム派は、
11世紀以来のリズムを使い続け、
ネウマ譜には、リズムのニュアンスが少ないとする。
メロディは直しても、正しいリズムは回復しなかった。」

この後は、1920年代中盤に、
Vollaertsという人が、
9世紀、10世紀のネウマ譜を研究し、
死の床で、定量リズムでの聖歌の本を完成し、
このCD冒頭で出て来たMurray師が、
その後継者である点が説明されている。

ということで、
今回のCDから得られるインフォーメーションは、
ものすごく大量だが、
結局、ラテン語のリズムに合わせて歌ったのが、
この定量リズム(プロポーショナル・リズム)
なのだ、ということであろう。

何と難しい問題を突きつけるのであろうか。
11世紀から歌い継がれてきたとしたら、
それはそれで立派な伝統のように思えるし、
もっとオリジナルな9世紀の歌い方が正当だ、
と言われれば、そうかもしれませんね、
というしかない。

しかし、等価リズムはゴシック風、
定量リズムがロマネスク風だとすれば、
これらの両方を楽しめる方が良いに決まっている。

門外漢としては、二者択一でない方が、
多彩に楽しめて良いではないか。

さて、共に、聖週間の音楽ということで、
このCDに収められるいくつかの音楽が、前回聴いた、
シャンティクリア盤と比較することが出来る。

たとえば、シャンティクリア盤の
Track10として入っていた、
イムヌス「Vexilla Regis」
(見よ、主の御旗は進む)が、
Track1にいきなり入っている。

シャンティクリア盤では、
滑らかに斉唱で歌われ、
その均一な質感の、豊かな響きは、
ロマンティックそのものである。

しかし、このスコラ・アンティクァ盤は、
まずは、独唱者が、アジテーションするように、
くっきりと言葉を際立たせながら歌い始め、
その後に、合唱が続くと言う、
いかにも修道士たちの様式。

まったく同じメロディであるが、
素朴かつ強硬で、いかにも、
イスラム教徒に向かう十字軍の心意気のようだ。

シャンティクリア盤は、洗練されている分、
ムード音楽のようにも聞こえる。

が、シャンティクリア盤で、
耳を慣らしてから聞いた方が良い感じもする。
実は、私は、最初、このスコラ・アンティクァ盤で、
この曲が始まった時、あまりよく分からなかったのだが、
シャンティクリア盤を聴いてから聞くと、
彼らのやりたかったことが分かったのか、
あるいは、美意識に波長が合ったのか、
これは、これでなかなか良い音楽だと、
思えるようになってしまった。

スコラ・アンティクァのCD、
Track2から「聖木曜日」の音楽が始まる。
シャンティクリアは、聖週間と書きながら、
「聖木曜日」は、アンティフォン一曲しかなかった。

Track2は、イントロイトゥス(入祭唱)とキリエで、
シャンティクリアのTrack2にも「キリエ」があるが、
これとは違う感じ。

というか、十字架に思いを馳せる入祭唱が、
大部分を占め、キリエはおまけみたいである。

Track3は、グラデュアルで、
私たちのために十字架につかれた、
みたいな歌詞を、
イスラム風にも聞こえるメリスマを伴って歌う。
極めて異教風である。

Track4は、オフェッルトリーで、
主の御技は強い、みたいな歌詞。
これも、途中で、かなり技巧を凝らして、
独唱者が、自由なリズムで飛翔するので、
かなり原始的な感じがする。

Track5は、サンクトゥス。
これは、シューベルトのミサ曲で、
第4楽章、第5楽章で10分弱で歌われる歌詞そのまま。
1回、通しで歌うだけなので54秒で終わっている。
しかし、さすが、この唱法では、
一語一語が良く聞き取れる。

そういえば、多くのグレゴリオ聖歌のCDは、
歌詞が追えなくなって困る経験があったが、
なるほど、それは、等価リズムの定めであったわけだ。

Track6は、コミュニオンとある。
イエスが弟子たちの足を洗ったという部分。
シャンティクリア盤のTrack5に相当。
これまた、同じメロディでありながら、
はっきりと言葉が聞き取れるリズム感。

Track7からは、聖金曜日の音楽。
シャンティクリアでは、
「地は暗くなり」の、
十字架でのイエスの、
絶命の場面が取り上げられていたが、
ここでは、異なるレスポンソリウムが2曲。

最初のは、聖書のハバクク書第3章から、
「主よ、私はあなたのことを聴き、恐れました」
という部分。
かなり、メリスマの効いた音楽で、
6分近くかけて歌われる。

Track8の第2レスポンソリウムは、
詩篇140から、「私を悪しき人々から助け出してください」
という部分。

これまた、声が小刻みに震える不思議な唱法を駆使して、
アラブ風の感じさえする。
かなり精妙な音楽で、デリケートな装飾が施され、
なおかつ、8分半もかかる大曲。

Track9はImproperiaと題され、
「民よ、私が何をしたか」というもので、
聖金曜日に相応しく、嘆き節で悲しい感じの音楽である。
これも、内省的な趣きに、
時折挟まれる不思議な揺らぎ効果が独特だ。

Track10から12は、
アンティフォンが3つ並ぶ。
いずれも、シンプルなもので、
演奏も穏当なものである。

このCD、歌詞にトラックナンバーが振られておらず、
これが非常に不便である。

Track10は、「十字架を見よ」というもので、
いかにも聖金曜日の音楽。2分弱。
が、悲愴なものではなく、淡々と歌われている。

Track11もまた、「十字架を崇めます」。
独唱だけで、空間の広がりを感じさせる録音も味わえて良い。
1分に満たないが。

Track12は、4分半の大アンティフォン。
これは、表情豊かな独唱が延々と続く。
「今や、世界の創造主は十字架につけられた」という感じ。

Track13は、最後のトラックで、
これまで最長、13分に及ぶ、レスポンソリアル聖歌とされ、
シャンティクリア(Track7)でも取り上げられた、
「真なる十字架、舌を讃えよ」が歌われているが、
シャンティクリア盤は、8分42秒しかかかっていなかった。

最初の方の歌詞を比べると、シャンティクリアは、
「真なる十字架」の節と、「舌を讃えよ」の節と、
「創造主は深く嘆かれた」の節にすぐ入るが、
スコラ・アンティクァ盤では、
「真なる十字架」の節の途中、
「十字架の木よ、鉄釘よ」という部分を、
くり返したりしている。

それ以上に、スコラ・アンティクァは、
一語一語をかみしめるように歌っており、
テンポがずっと遅く、まったく別の音楽に聞こえる。
シャンティクリアは合唱で、
有名な「パンジェ・リングァ」の部分(57秒)になって、
(シャンティクリアは、32秒)
ひょっとして同じ曲かな、と感じられる程度。

恐らく、スコラ・アンティクァのように歌われると、
ラテン語を使っていた人には、
説き聞かせられるような感じに、
聞こえたであろうことは想像に難くない。
が、こんなに長く聞かされていると、
だんだん、飽きてくる可能性もあり、
シャンティクリア盤の方が音楽的に気楽に聞けるとも言える。

音楽と言葉の問題は、
シューベルトの歌曲でも発生しうるもので、
フィッシャー=ディースカウなどは、
この言葉の意味合いをあまりにも追及しすぎて、
かえって雰囲気を犠牲にしていた場合もあった。

得られた事:「グレゴリオ聖歌の定量リズムは、言葉のアクセントを生かしたもので、むしろ、調和リズムとでも呼ぶべきもの。9-10世紀の本来の聖歌の形だとされる。」
「ソレーム唱法(等価リズム)は、言葉が聞き取れない傾向があるが、それが超俗的な感覚でゴシック的な空間を満たす。そうは言っても、11世紀からの伝統を誇る。」
[PR]
by franz310 | 2013-03-10 13:44 | 古典
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>