excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その343

b0083728_1714236.jpg個人的経験:
指揮者のスピノジが、
足掛け十数年もかけて、
完全な上演を成功させた、
ヴィヴァルディのオペラ
「オルランド・フリオーソ」
のDVDを聞いているが、
映像も音楽も聞ける環境に
なかなか閉じこもれず、
結局3回、1幕ごとに聞いた。
今回、書くのは、
第三幕について。

そんな中、ヴィヴァルディをテーマにした、
大島真寿美の小説「ピエタ」を見つけ、
読み終わってしまった(ポプラ社)。



本の場合、特別な環境は必要ないのがありがたい。

これは、よくヴィヴァルディのCDの表紙を飾る、
画家のカナレットも登場する興味深い作品で、
ヴィヴァルディ研究の第一人者、
トールバットの著書を筆頭に、
巻末にずらりと並べられている参考文献に明らかなように、
かなりリアリティのある設定となっている。

あっと言う間に読み終えることが出来る、
求心力のある小説で、
とてもよく書けた物語だと思うが、
小説の中に出てくる音楽の曲名が、
「調和の幻想」(何故か、「l’etro armonico」と横文字表記だが)
だけだと言ってもいいのが、
音楽気違いには、いかにも物足りない。

12曲もある協奏曲集のどの曲かもわからない。
ヴィヴァルディの音楽おたくのイタリア人、
スカルバが書いた、ヴィヴァルディ関係の小説、
「スターバト・マーテル」が、
巻末に愛聴盤を並べていたのと対照的である。
(こちらは、史実からの逸脱を自由にやっている。)

あと、会話の中で、オペラ「ウティカのカトーネ」が出てくるが、
どんな音楽だという話には盛り上がらない(P106)。
ただし、この作曲家がたくさんのオペラを書き、
理想のオペラを書くために、
ヴィーンに行って死んだことにはなっている。

また、「サンタンジェロといえば、
ヴィヴァルディ先生のオペラが
しょっちゅうかかっていた劇場だ」(P309)
という一節もあるから、作者は、
いかにヴィヴァルディにとって、
オペラが重要であったかはよく知っているようである。

今、聴き進んでいる「オルランド・フリオーソ」もまた、
そうしたオペラの一つである。

では、DVDに戻って、ウィレム・ブルルスの解説の続きから。

「ヴィヴァルディの『オルランド・フリオーソ』以前、
または同時期に書かれたオペラが、
『オルランド―アンジェリカ―メドーロ』または、
『アルチーナ―ルッジェーロ―ブラダマンテ』の物語を、
選んでいることは興味深い。
この二つの立場をコンバインしたのは、
ヴィヴァルディのオペラのリブレットを書いた、
グラツィオ・ブラッツィオーリで、
事実、アリオストの叙事詩のオリジナルの
迷宮構造に近い感じになった。
こうすることによって、
オルランドとアルチーナという、
二つの異常なコントラストをなすキャラクターの、
対面を導入した。
前者は、一人の愛する人に完全な献身と、
一途な忠実さを持っており、
後者は、徹底した性的自由、快楽主義、不貞を表す。
それは、
トリスタン対、女性版ドン・ジョヴァンニ
のようにも見える。
面白い組み合わせである。」

何と、どうやら元の叙事詩では、
オルランド-アンジェリカ-メドーロ
-アルチーナ-ルッジェーロ―ブラダマンテという、
二重構造はなかったかのような書き方である。

確かにヘンデルは別オペラであったが、
ハイドンは同様の筋だった。
それについては、さすが、この解説にも書かれていた。

「この二つの物語の流れの組み合わせは、
1782年のハイドンの『騎士オルランド』で現れるが、
それは啓蒙主義の思想で発展し、
合理主義と自制の強力なメッセージが込められている。
これらはまた、ヴィヴァルディのオペラにも、
アリオストの叙事詩にも、すでに見て取れるものかもしれない。
これらは、どれも、わかりやすい悲劇的登場人物を設け、
とりわけ、自制が効かなくなったときには、
自分の行動への責任や、
自分の意思によって得られたもの
とはいえ、いかに人間が、
不運な環境や運命の犠牲になりうるか、
ということを示している。
合理主義や自制だけが、生活を守ることができる。
ハイドンのオペラでのプロットでは、
すべての登場人物が、最後に改心する。
アルチーナは、オルランドに新しい自覚を与え、
彼は、それゆえにアンジェリカを完全に忘れてしまう。」

ハイドンの時代に、仮に、ヴィヴァルディのオペラが、
レパートリーとして残っていたとしても、
その時代の人々は、音楽の古さなどより、
メッセージ性の違いによって、
別のものを求めたということになる。

つまり、メッセージと共に音楽も変わるということで、
アルチーナが、自分の運命を嘆くアリアなどは、
あほらし、となっていたということだろうか。

「この物語のいささか独りよがりなモラルは、
『幸福でありたいなら、愛したものを愛してはならず、
あなたを愛する人を愛しなさい。
そうすれば悪いことにはなりません。』
そう単純ならいいのだが。
また、これが正しいとしても、
悪くなることだってあるだろう。
あなたを愛する人を愛したにせよ、
性向も誠実さも変わるものである。
ヴィヴァルディのオペラに出てくる
他の登場人物をよく見るとわかる。
アンジェリカとルッジェーロは、
互いに鏡像になっている。
一見して、彼らは彼らを愛したもの。
それぞれ、メドーロとブラダマンテを愛している。」

なるほど、ハイドンの時代の合理主義で、
さすがに、この解説は終わっていなかった。

「しかし、彼らは共に実用主義者で、
彼らの恋人か違うかで、
利用したり不当に扱ったりする。
どの程度までに、いやそもそも、
アンジェリカはオルランドに惹かれたのだろうか。
どの程度までに彼女はメドーロを試したのだろうか。
ルッジェーロは本当に愛の秘薬を飲んだのだろうか、
それともただ単に、
他の女とベッドを共にしたかっただけか。
彼は妻のブラダマンテに気づかないのか、
それともそのふりをしているだけか。
ブラッツィオーリのリブレットでは、
アルチーナとアンジェリカは、
きわめてふしだらで、
ルッジェーロは、彼を愛する人に対して、
なんら責任感を感じていないようである。」

このメルヘン的な魔法オペラで、
ここまで考える必要があるかはわからないが、
少なくとも、今回の演出は、
魔法の要素をそぎ落とし、
極めて現実的な切り口でも処理が大きいから、
我々も、それに付き合う必要があるのかもしれない。

「そして、我々には、ブラダマンテ、アストルフォ、
そしてメドーロという正直で誠実な登場人物も見出す。
ブラダマンテに関し、二人の男たちとの基本的違いは、
彼らに勇気がないのに対し、彼女が勇敢で、
冒険心あふれていることである。
しかし、同じような質感を持っている。
彼らは気まぐれではないが、彼らは退屈であり、
物語では、さっぱりときちんとしたキャラとして、
しばしば登場する。
彼らはおそらく、モラルの上ではすぐれているが、
肉体の喜びの果実を味わったことがあるのだろうか。
彼らの果実に関しては、ヴィヴァルディのオペラでは、
そうした喜びにふけるために
素晴らしい機会が与えられているように思う。
ヴィヴァルディもブラッツィオーリも、
それがヴェネチア人の多くが楽しんでいた、
隠れた喜びであることを明らかに知っていた。
だからこそ、ブラッツィオーリは、
オルランドにアルチーナの
ジューシーな物語を入れたのかもしれない。
一途で、いくぶんお馬鹿な英雄だけは、
喜びの島では十分ではなかったのである。」

が、それなら、そもそも、
「オルランド・フリオーソ」などというオペラを
作らなければよかったということになりかねない。
「アルチーナ」というオペラにすれば、
もっと良かったではないか。

「ほかにも、二つの物語を結びつけた
理由があるかもしれず、
少なくとも、予期しなかった効果もあるかもしれない。
オルランドとアルチーナの並列された物語という構成は、
彼らの出発点がまるで正反対なのに、
その後と運命には類似性があることに強いヒントを与える。
オルランドは、絶望的にアンジェリカを愛しており、
このオペラの進行とともに、
まるでアルチーナもルッジェーロとの絶望的な愛に、
陥っていくかのようである。
彼はおそらく彼女がそれほどまでに深く愛した、
最初の男性なのであろう。
二人の主人公は、それぞれの愛と欲望の感情に急き立てられている。
この意味で、彼らは互いの鏡像となっている。
彼らは自身の体内時計によって共に狂気に駆られ、
共に生活の正常さから完全に逸脱する。
それぞれの思惑とは裏腹に、
オルランドとアルチーナは、
手ぶらでステージを去ることになる。」

確かに、こう書かれると、
ハイドンなどとは対極の思想が語られているように見えてきた。
オルランドのように一途であろうとも、
アルチーナのように奔放であろうとも、
舞台を去る時は手ぶらなのである。

「アルチーナの世界、
その危ないゴルドーニ風の宿に入った者は、
お互いを利用する名士たちの世界であり、
友情の世界ではない。
この物語の最終局面で、ある時は狂気、
ある時は年を取ることへの憂鬱な瞑想を感じる。
アルチーナの主たる問題は、
アンジェリカがその魅力の絶頂にあるのに、
彼女が盛りを過ぎたということである。
若くてハンサムなルッジェーロが、
彼女がすがれる最後の藁であったのだろうが、
死の天使ではなかったと言えるだろうか。
オルランドは完全に狂気にあって、
最後に死の舞踏を踊る。」

ということで、この解説を書いた、
ウィレム・ブルルスは、
まさしくこの演出で描かれたようなものを語っている。

「『魂のジュリエッタ』でも、彼女は結局は家を出て、
寂しくも賢くなって、小さな自分の宮殿を出る。
どこに行くのだろう。それは分からない。
ただ分かっているのは、経験を経て、
自身を発見して、彼女は、もはや、
ヴィヴァルディのオペラの最後の言葉を、
信ずることはできなくなったということだ。
『真実の恋人が、ずっと変わらず愛したら、
最後には、愛の褒美があるでしょう。』」

ということで、このブルルスが書いたような内容の
オペラになっているか見てみよう。

第三幕:
Track27.
「ヘカテの神殿への通路で、
寺院を包む鉄の壁」のあるシーンである。
アストルフォは、アルチーナに復讐しようとしている。
なんだか躊躇いがちなルッジェーロを促している。
アストルフォは、「勇気をもって戦うところでは、
怒りの地獄とて無力である」というアリアを歌い上げる。

「ルッジェーロ、ブラダマンテとアストルフォは、
オルランドは死んだに違いないと考え、
彼のための復讐を誓って、アルチーナを探しに行く。」
とシノプシスにある部分。

歌詞の内容にふさわしく、
高らかに歌い上げられる声を、
活発なオーケストラが盛り上げていく。
熱唱で拍手。

Track28.
ブラダマンテも登場。
彼らが相談しているうちに、
アルチーナも来る。
「地獄のヘカテの寺院を守る、
鉄の壁の前で、彼女が現れたところに彼らは行き会う。」
という部分。

Track29.
いきなり、アルチーナは簡潔なアリアを歌う。
「私の弓はあなたを打ち砕く、
私のたいまつは、あなたを消す。
残酷で凶暴な愛の神よ」。

彼女は、彼らに襲いかかろうとするが、
ブラダマンテが指輪をかざして、
その力を封印する。

「天国も地獄も聾唖者だわ」と、
アルチーナは嘆くが、このころには、
彼女の顔は、おどろおどろしくなっている。
「開門して、女王様の道を現わせ」と、
アルチーナが命じると、背景が変わって、
暗黒の世界となる。

Track30.
「彼女の呪文は、メリッサの指輪で封じられるが、
彼女は、鉄の壁を開けて、寺院の門を現わす。」
という部分であろう。

シノプシスに、
「この時になってオルランドが現れ、
なおも取り乱し、興奮を露わにする。」
とあるように、剣を振り回して、
オルランドが叫んだり、嘆いたりする。

この間に、ブラダマンテが、
騎士アルダリコだと名乗って、
アルチーナが騙されて、
「なんと魅力的な戦士なの」
という部分があるはずだが、
見落としただろうか。

こうやって、アルチーナは、
逃げるのをやめて、自身の秘密を、
ばらしてしまうのではなかったっけ。

オルランドは、早口で叫んだり、転げまわったり、
アルチーナと、「ラ・フォリア」のダンスを踊ったりしている。
ブルルスの解説にあった、死の舞踏であろうか。

「オルランドのフォリアだ、踊ろう、踊ろう」と、
うわごとのように言って旋回する。
アルチーナも破れかぶれなのか、
自虐的に付き合っている。

そこにふらふらと現れるアンジェリカ。
いったい、何がどうなっているのか。
アンジェリカに抱きつき、
抱きかかえられるように倒れるオルランド。

Track31.
「スコップがかすめて切って、
真紅の花が萎れて死んだように・・」
という不気味にもシンプルな歌をアンジェリカが歌う。
「愛するものと離れていると、
愛する心は胸の中で萎れる。」

オルランドは飛び起きて、
「ああ、不実な昔の恋人よ、
アムピオンの家柄を誇り、
自身を楽しませる歌を歌う。
私が乞うと、あなたは歌うのだ」と、
今度は、アルチーナに縋り付く。

すると、アルチーナは、
ますます、不気味な化粧になっていて、
「愛する人と共にある生活以上に、
幸福で楽しい人生があろうか」
などという、アルチーナらしからぬ歌を歌う。

アンジェリカが、
「でも愛する心には、
愛する人と離れていることより、
悲しいことがあるかしら」などと言うので、
オルランドは、彼女に襲いかかり、
「捕まえたぞ、残酷夫人」などと言うので、
アンジェリカは悲鳴を上げる。

オルランドとアンジェリカ、
アルチーナとアストルフォ、
ルッジェーロとブラダマンテが、
互いの影のように絡まり合っている。

シノプシスに、
「ブラダマンテやアルチーナ、
ルッジェーロにメドーロが愛について観照する」
と書かれたところだろうか。

アンジェリカのアリア。
「かわいそうな私の心。それは無垢だった。
恐れて、影をなすのは、
あなたの忠誠が嘘だったこと。
恩知らずの人よ。
私は言いたい。
あなたは間違っていたし、うそつきだった。
私の忠実さは、あなたの無礼も、
報いとして黙って受け取るわ」というもので、
なぜ、アンジェリカが?という内容。

おそらく、アンジェリカは反省しているのであろう。

これまた、切々としたもので、
オーケストラが悲哀を増幅し、
暗闇の中で、それぞれが思いをはせている。
オルランドだけは、ふらふらと踊っているが、
いきなり、アンジェリカに抱きつかれる。

Track32.
前の情景は難しい情景であったが、
ここも引き続き、難しい。

「彼女は行ってしまった。
なんと不誠実な。恐るべき怪物だ。
その歪んだいろいろな顔には、
美少年エンデュミオンの顔が見えるようだ。
しかし、実際は、それはバジリスクであり、
サーペントの蛇、ドラゴンなのだ」
などと言いながら、オルランドは、
ブラダマンテにすり寄っている。

そして、「ぶっ壊す」と、壁を叩き、
アルチーナに詰め寄る。

アルチーナは、ブラダマンテを、
アルダリコという美男子だと勘違いしているので、
「もっと、きれいな場所を見せてあげる。
先に行って待っていて」などと言っている。

この間、ブラダマンテは、
アルチーナから、アロンテの弱点を探りだすはずだが、
そのシーンははしょられたのだろうか。

先に行けと言われたので、
ブラダマンテはしぶしぶ出ていく。

が、その前に、
ブラダマンテのアリアが始まる。
「私はあなたとつながっている。
心はあなたに誓っている。
忠実と、誠実よ」というもので、
力強い、英雄的なものであるが、
かなりの技巧を必要として、
ハンマーシュトレームも限界まで行っている。

いろんな人に話しかけるようにして、
ルッジェーロは突き飛ばす。
アルチーナは新しい恋人ができたと、
うれしげにしている。

ルッジェーロがめそめそしているのに、
アルチーナは、
「新しい恋人は、ルッジェーロより魅力的だわ」
などと言って、嬉々としている。

Track33.
このDVD、この第三幕が一番、私には苦しい。
このトラックも、うじうじしてなかなか先に進まない。
マリリン・ホーンのDVDでは、
もうそろそろ、神殿を叩き壊すところであろう。

なぜ、アンジェリカを得たメドーロと、
アルチーナを失ったルッジェーロが、
ごちゃごちゃと口論する必要があるのだろうか。
そもそも、みんな同じような恰好をしているので、
誰が誰だか分からないではないか。

メドーロは、くよくよしているルッジェーロを叱り、
「過去の愛の失敗から逃れるなら、
心変わりの中に貞節がある」などという、
難しいフレーズが出てきたりする。

Track34.
そろそろ、ルッジェーロが、
オルランドを苦しめたのは、こいつらだと、
アンジェリカとメドーロを、
シバキ上げるシーンだと思っていたが、
ようやく、そんな感じになってきた。

ルッジェーロのアリア。
勢いのある弦楽が爽快だが、
舞台上では、剣を突きつけたりして、
限りなく物騒な状況である。
「恐ろしい深い渦の中の波のように、
風と嵐にもてあそばれ、
ぼうぼう、びゅうびゅうと深い海に沈む。」

Track35.
メドーロが、狂ったオルランドを見て、
「愛の中で、心は、平和と穏やかさを見出す。
しかし、愛は常に恐れ、おびえるもの」
と歌いだし、
ほとんど、同様に狂気にかられたようなアンジェリカに、
「でもいつか、それが充足することを望む」
と歌いかける。

この内容にふさわしく、穏やかさに満ちた音楽で、
やや安逸だが、平安への祈りが感じられる。

Track36.
オルランドの再度の狂乱。
「暗い陰鬱な影よ、お前は私を怖がらすつもりか。」
などとうわごとのように言っているが、
舞台上では、メドーロを脅したり、
突き飛ばしたりしている。
アンジェリカには、「私から逃げろ」とも言う。

壮絶なアリア。
「地獄に降りて、
きれいで残酷な女への復讐を探す」
という短いもの。

そのあと、アンジェリカは美しいが、
手におえない、などと幻覚を見て騒ぎ出す。
「アンジェリカは、かつて私に愛を誓った」と言って、
ト書きによると、神像を抱きしめるはずだが、
舞台では、なんと、アルチーナを抱きしめ、
「なんと固いんだ、きっと怖くて凍ってしまったんだ」
「こわがらなくてもいいんだよ」
などと言っている。

そして、「疲れた」と言って、寝てしまう。

Track37.
アルチーナが叫びだす。
「私はどこに逃げればいいの。」
「私は復讐され、罵られた。」
「私の苦しみは永遠」、復讐だと言って剣を取り、
オルランドを殺そうとする。

Track38.
止めに入るルッジェーロ。
「あなたのもっとも恐ろしい迫害者だ」と言い、
彼は、むしろ、アルチーナを殺そうとまでする。
アルチーナはブラダマンテに縋り付くが、
彼女も、「私は敵よ」と寄せ付けない。

みんなは、アンジェリカを、
「この女がオルランドを崖に上らせ、
発狂させた張本人だ」というと、
こともあろうか、アンジェリカまで、
アルチーナを糾弾する始末。

Track39.
アストルフォがかっこよく出てきて、
「私には神がついている」とまで言い切る。

すると、オルランドが起き上がり、
「ここはどこだ」、
「やったことは皆、間違っていた」などと言って、
反省を始める。

それを見たアルチーナが、
今度は狂乱の騒ぎである。
「不公平な神様、運命よ、敵意に満ちた星たちよ、
私の嘆きと恥ずかしさは、あまりにも無情。
すべてが私の破滅を願う、
オルランドは正気に戻ったのに。」

激烈な伴奏を伴う、
壮絶なアリアでラーモアは、
思わず地声のような響きも立てて、
「裏切られた愛の復讐のため、
悪魔を呼び寄せてやる」と、
壮絶な歌唱。

そして、破滅を意味するのか、
背景に横たわってシルエットとなる。
大拍手である。

最後に合唱で、
「ミルテと花と共に、
キューピッドが降りてくる。
誠実と忠実に冠を授けるために」と、
寿がれて全曲が結ばれる。

オルランドは正気に戻って、
喜んでダンスする。

実は、表紙の写真はこのシーンだった。
私は、前回、間違えたことを書いた。
表紙のバックの黒いシルエットは、
入滅したアルチーナである。

ということで、下記のような、
スペクタクルなシーンは、
シノプシスにはあるが、
今回の演出では、見ることができない。

「オルランドはメーリンの像を見つけ、
アンジェリカと間違える。
番をするアロンテと恐るべきその鉾を打ち破り、
彼は像を抱き、キスをする。
アルチーナの島を覆っていた魅惑はたちまち崩れだす。
寺院は崩壊し、王国は砂漠の島となる。
敗れたアルチーナは、恐ろしい復讐を誓って逃げ去る。
その間、オルランドは正気を取り戻し、
アンジェリカに詫び、メドーロとの婚礼を祝う。」

得られた事:「ヴィヴァルディの『オルランド』では、一途なオルランドも奔放なアルチーナも、最後は手ぶらになって舞台を去る。ハイドンの時代のような割り切りはない。」
[PR]
by franz310 | 2012-09-01 17:16 | 古典
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>