excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その275

b0083728_2302514.jpg個人的経験:
オペラ作曲家として立つという、
シューベルトの望みを、
打ち砕く原因として、
必ず語られるのが、
ロッシーニの存在である。
彼のオペラを、
ここではざざっと鑑賞し、
それらがシューベルトを
いかにして魅惑し、粉砕したのか、
考えていきたいと思う。


例えば、アインシュタイン著、
「シューベルト、音楽的肖像」(白水社 浅井真男訳)には、
「シューベルトが・・・華麗さそのものを、
軽蔑したり非難したりしたわけではない。
・・ただ彼はあの華麗さを、
どちらかといえば『社交的に』構想された作品、
軽くてあまり厳粛でない種類の室内楽、
例えばピアノとヴァイオリンの大きい二重奏曲、
二曲のピアノ三重奏曲、『ます』の五重奏曲などの範囲に
とどめておいたのである。」
などと書かれていて、
このブログの主題たる「ます」の五重奏曲もまた、
節度ある華麗な作品の一つとして取り扱っている。

そして、この節度を見失った作品として、
1818年のホ長調のアダージョ(D612)が、
上げられているが、それについては、
「ロッシーニ派のコロラトゥーラ=アリアの
穏やかな序奏部の模倣のように聴こえる」
と書いているのである。

このように、シューベルト研究の碩学も、
シューベルトにおける華麗さは、
ロッシーニなどイタリア音楽に負うものが多いと考えている。

さて、私が入手したロッシーニのオペラのうち、
最も初期のものは、1810年作曲、
彼が音楽院を出てすぐ作曲したとされる、
「結婚手形」である。

ロッシーニは1792年生まれで、
シューベルトより5歳年長であるから、
巨匠のわずか18歳頃の作品である。

ちなみにこの頃、シューベルトは、
サリエーリについて勉学を始めており、
学校のオーケストラを指揮したりして、
着実に歩みを初めていた。

さすが、オペラの大家ともなると、
こんな若い頃に書いた作品から、
「まずまずの成功」を収めたと解説にある。

結論を先に書くと、
この作品は、登場人物も数人しかなく、
一幕の小さい作品ながら、聞き所の多い、
機知に富んだ作品となっている。

シューベルトでは聴かれない、
技法も多く含んだ音楽は美しく、
劇としても、風刺が効き、上質で楽しいので、
見ているだけ、聴いているだけでも満足度が高い。
あるいは、このLDの演出が優れているのかもしれないが。

シュヴェツィンゲン音楽祭で、
89年に収録された記録のLDで、
ありがたいことに、ワーナーミュージック・ジャパンが、
1991年頃に日本でも発売してくれてたもので聴く。

このLDの帯を見ると、
(物語)として、
「カナダの成金商人スルックに、
娘のファニーを嫁入りさせようとする
英国商人トビアス・ミル。
ところが、ファニーには親に内緒で
エドアルドという恋人がいるために、
話がややこしく。」

何だか、シューベルトの世界と違って、
いきなり、英国だ、カナダだと、
生々しく、かつ、国際的で洒落ている。
ほんとうに同じ時代の作品かと目を疑うではないか。

帯のコメントはさらに続く。
「事情を察したスルックの協力を得て、
如何に恋人たちが父親の裏をかき、
ハッピーエンドに導いて行くか・・・
が見どころ」と書いてある。

このように、父親との確執がある部分は、
いくぶん、シューベルトの世界にも通じるものだ。

どうやら、スルックは別に、
ファニーと結婚する気はなかったということか。
このLDを見れば分かるが、
問題は、実際、一人、その気になっている父親なのである。

とにかく、そのあたりの下世話な話が展開する。
「英雄ロマン・オペラ」などを構想した、
シューベルトの世界とは別世界と言ってよい。
英雄でもなければ、ロマンでもない。

表紙には、にやにやした男と、
当惑した女が写真となっているが、
この二人が「恋人たち」である。
あまり冴えない二人に見えるが、
実際、鑑賞してみると、
ジャニス・ホールのファニーはかわいらしく、
キューブラーのエドアルトもハンサムだ。

荘重な家具や、コンパスや地図など、
舞台の大道具、小道具も素敵で、
非常に格調の高い、見応えのある舞台と言ってよい。

LD表紙には、小さな写真も並んでいて、
頑固なくせに、実は気の弱い父親の情けない顔や、
豪勢な毛皮を着た、カナダ人の姿も映っている。

ミヒャエル・ハンペの演出で、
この前のグース演出の奇抜な「フィエラブラス」の後では、
何の工夫もない舞台にも見える。
ただ、絵画的にしっとりと美しい。
室内で展開される物語だが、
窓の外に教会のドームが見えているのも洒落ている。

解説書によると、
この音楽祭は1956年に
南西ドイツ放送協会が始めたものらしく、
「企画力あふれるユニークな存在」、
「質の高さ、音の良さでわが国の音楽ファンに
かなり以前から注目されてきた」と書かれている。

西ドイツ、バーデン・ヴュルツブルク州にある、
18世紀、マンハイム選帝王の夏の離宮、
そこのロココ劇場は響きが良く、
ここを中心に、
盛りだくさんのプログラムが演奏されるのだという。

裏表紙にお城の写真があるが、瀟洒で清潔な感じ。

LDの最後には会場内が映し出されるが、
装飾も美しく、シャンデリアも豪華な、
流線型の美しいホールである。

確か、シューベルトの音楽も盛んに演奏されたはずで、
私は、FMなどで聴いた覚えがある。

1992年がロッシーニ生誕200年だったことから、
ロッシーニが集中して取り上げられたようだ。

名演出家とされるミハエル・ハンペが手がけ、
前述のテノールのキューブラー、
ソプラノのホールの他、
バリトンのリナルディ、バスのノートン、
バス・バリトンのデル・カルロ、
女声では、フェッレといった陣容が歌っている。

指揮はジェルメッティで、
シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏。
何と、近年話題の女流指揮者、シモーネ・ヤングが、
伴奏を務めている。

有難い事に字幕もあって、解説も日本語で分かりやすい。
解説は、LDのサイズの紙で表裏1枚分しかないが、
よく書いてあってかなり勉強になる。

ロッシーニの生涯から、オペラの分類、
このオペラの作曲や初演について、
物語の内容から各曲の説明まで、
至れりつくせりの内容である。
南條年章という人が書いている。

日本にオペラを盛んに紹介している人のようだ。
さすがと思わせる解説である。

ロッシーニは、結局、何曲のオペラを書いて、
私は、それらのどれだけを知っているのだろう、
などと考えて聞き始めたが、
この解説は、最初から、
「ロッシーニの生涯と39曲のオペラ」
という題で始まっており、とても助かる。

彼は音楽家の家庭に生まれ、
未来の作曲家は12歳から、
ボローニャ音楽院で学ぶことが出来た。

前述のようにこの作品の成功によって、
オペラ作曲家の道を歩み始め、
わずか数年で、音楽史上の傑作、
「セビリャの理髪師」を書くに至るが、
ものすごい量の作品を、
いろいろな劇場のために書いたようだ。
このあたり、ヴィーンに留まっていた
シューベルトとはかなり違う生き方である。

この「結婚手形」は、ボローニャではなく、
ヴェネチアのサン・モイゼ歌劇場で初演されているが、
余勢を駆ってだろうか、「絹のはしご」、「ブルスキーノ氏」なども、
この劇場のために書かれている。

1811年にボローニャのために「ひどい誤解」、
1812年にはミラノ・スカラ座のために「試金石」を書いているし、
1813年には、同じヴェネチアでも、
フェニーチェ座のために「タンクレディ」が、
サン・ベネデット歌劇場のために
「アルジェのイタリア女」が書かれている。

この「タンクレディ」などが、
ヴィーンでヒットした事は有名である。

つまり、ロッシーニは、
学校を卒業して何年かして書いた作品によって、
いきなり外国をも征服したのである。

このオペラ「結婚手形」は約86分のもので、
台本は、ロッシという人が書いたらしい。
もともとが、フェデリーチという人のコメディらしく、
「ファルサ・ジョコーザ」と呼ばれるものとなっていて、
短い笑劇みたいな感じである。

なお、このロッシという人は、かなりの大家で、
ロッシーニは、シューベルトの場合とは違って、
正規ルートで良い台本を得たと言えるだろう。

「上演時間は一時間前後、合唱は使用されず、
何人かのソリストによって構成される」
オペラ・ファルサに分類されるようである。

ロッシーニには、ファルサが6曲あるようだ。
ただし、この形式は衰退の途上にあったということで、
これらの多くはロッシーニの20歳前後の作品だという。

この作品の作曲の経緯も書かれているが、
これまた、非常に興味深い。
何と、ロッシーニの両親の友人にモランディ夫妻というのがいて、
この人たちが出演するサン・モイゼ歌劇場の作曲家が降りたので、
急遽、ロッシーニに依頼が来たとあるので、
完全にコネによるチャンスである。

というか、両親が絡んでいるので、
ステージパパ、ステージママによる援助を受けた、
エリート坊やという感じではないか。

ただし、この解説には、
ロッシーニはハイドンに傾倒していたので、
「ドイツ坊や」と学校であだ名を付けられた、
などという逸話も出ていて、
早くから、特別な才能だったことが分かった。

ただし、この作品、作曲が急がれたので、
序曲は在学中に書かれていた既製品の流用のようである。
この序曲は、そのためか、かなり充実したもので、
ジェルメッティも気持ちよさそうに指揮している。

じゃじゃーんという助奏には、
木管の音型も美しく、
続いて、ロマン的なホルンの呼び声が印象的。
主部への入り方などもハイドン風である。
ただし、たったらたたったらたーと喜ばしい第一主題を始め、
フルートの軽妙な主題など、
いかにもイタリアの明るさがみなぎっている。
楽器音色の交錯と力強い推進力は、さすがである。

LDでは一面にトラックが15、二面に7トラックある。
Track3で幕が上がると、大きな邸宅の一室であろうか。
使用人とおぼしき老人が、
テーブル上の本に挟まれた手紙を見ている。
小間使いのクラリーナが買い物から戻って来る。

この役を演じるフェッレは美しくて愛嬌がある。
二人はお嬢さんが何時結婚するかについてああだこうだと歌う。

Track4では、荘重な出だしながら、
軽薄なリズムが旦那のトビアの登場を告げるが、
この役柄の居丈高な部分と、実は情けない部分を予告している。
見事だ、ロッシーニ。
地図や羅針盤を手に、使い方がまったく分からん、
と歌う、へなちょこのアリアである。
こんなことまで音楽にしてしまうのだなあ、
と改めて感じ入った次第である。

途中、手紙が届くが、
Track5で、レチタティーボとなって、
手紙の内容に、トビアが興奮する。

ここで気の利いたチェンバロを奏でるのが、
シモーネ・ヤングであろうか。

結婚会社の設立をするので、
妻を送ってくれ、という文書に、
トビアは新しい結婚の申し込みだと喜ぶ。
「素朴で感情豊かで善意に満ちている」と言うが、
読み上げられた内容は、
「以下の条件に見合う妻を送ってくれ」という、
ビジネスレター調の結婚申し込みなのである。

番頭のノートンは、トビアの娘に同情する。

トビアや番頭が出て行くと、
Track6で、その部屋にファニーと、
エドアルドが入って来て、恋を語らい合う。
キスを交わしながらの効果的な二重唱で、
途中から速度を増したりして、
わくわく感を醸成させている。

このような効果は、シューベルトにはなかったかもしれない。

オーケストラはセレナードを表すようなピッチカートとなって、
時折、挟まれる弦楽のメロディも繊細だ。

Track7はレチタティーボ。
ノートンが現れ、この二人に例の「妻注文書」を見せる。
彼等が困っていると、何と、父親も入って来て、
見知らぬエドアルドを見て、不愉快に思ったのだろう。
「若すぎるし現代的すぎる」などと批判する。

Track8で、巨大な毛皮の上着、
毛皮の帽子を被ったカナダ人スルックが登場する。
ゴージャスにほおひげまで生やした成金である。
上着を脱いでも、袖にぴらぴらがついた、
変なスーツを着ている。

音楽は、この人物の登場のおかしさを表すように、
活気付いて妙に雄弁である。
ロッシーニの音楽は、
オーケストラが目立ちすぎると、
当時の歌手たちが不平を言ったというのもよく分かる。

Track9はレチタティーボ、
スルックは、ずうずうしくも、
「私にふさわしい商品はまだか」などと催促する。

彼は、娘のファニーを気に入ったようである。
ファニーはしかし、あなたの商品ではないと怒る。

Track10は、スルックは、
「このような素晴らしい在庫品のためならば、
資本をはたいても悔いはない」という、
いかにも商売人をこけにした台詞が面白い。
ファニーは、
「他の在庫品を捜してください」と、
機転を利かせた歌を聴かせる。

この音楽も、素晴らしく推進力のある、
木管を伴うオーケストラがややこしい状況を、
微笑みを持って描き出す。

運動会の徒競走にでも使えそうな、
まことに威勢の良い音楽で、
聴衆を釘付けにしそうである。

Track11は、再びエドアルドが登場して、
彼女は君のために創造されたのではない、
という説得の歌を歌う。
しかし、スルックもさすがに押しが強い。

オーケストラは急速に泡だって、
さまざまな技法を繰り出すが、
そんな中、エドアルドはカナダに帰れと詰め寄り、
ものすごい早口でまくし立てる、
絶大な効果を持つ三重唱となる。
オーケストラも必死になってついていっている感じ。
拍手が鳴り止まない。

Track12は主人と小間使いのレチタティーボ。
小間使いは「旦那さまはひどい」といい、
番頭さんは、「アメリカ人は単純だ」などと言う。
他愛ない会話である。

Track13は、そのクラリーナが、
「二人の気持ちはよく分かる」と、
いかにもモーツァルト風の歌を歌う。
このフェッレという人は声量はないが、
澄んだ声を聴かせる。

Track14は、
レチタティーボになって、
番頭ノートンが「入手するものをよく検査したか」などと、
カナダ人、スルックに問いかける。
彼は、「ひどい所に来たかもしれない」と独り言を言う。

そこに、何も知らないトビアが、
調子よく、事の成り行きが、
うまく行ったことを期待してやってくる。
スリックは、トビアに対しては、
「取引も順調だ」などと語る。

「では、あなたのものだ」と嬉しそうな、
主人に向かって、スルックは、「欲しくない」という。

Track15は、二重唱。
何と、諦めたスルックに対し、
トビアが、
「娘は注文どおりだ」と、
取引が成功しそうにない事を怒り出す。

早口で応酬し合う言葉に対し、
パガニーニの協奏曲のアンダンテのように魅惑的な、
オーケストラが穏やかに響いているかと思うと、
管楽器がぺちゃくちゃと喋る、
快活なメロディが出たりして、
音楽的にも凝った作りである。

「アメリカ人さん」、「ヨーロッパ人さん」と、
呼び合うまでに関係が悪化した二人。
トビアは遂に決闘まで口に出すに至る。
一方、野蛮な成金のはずのスルックの方は、
冷静に、何とか無事に帰れないかと考え始める。
最後は、ちゃちゃちゃちゃ、ぶちゃちゃちゃちゃと、
快速なリズムと早口で締めくくる。

裏面のTrack1は、
ようやく、スルックが、ファニーとエドアルドの仲を理解する部分。

またまた大げさな毛皮を着込んだスルックが、
「みんなが私を殺したがる」とボヤキながら、
二人の関係を察し、エドアルトは、
自分には財産がない事を告げる。

ファニーは、父がスルックとの結婚を強要した事を告白、
「なんて国だ、父が娘に強要するなんて」
というスルックの台詞が意味深である。

彼は、自分の相続人にエドアルドを指名する書類を書き、
これで、恋人たちの結婚は保証されたと言う。
粋な計らいである。

Track2は、喜びを歌い上げる、
ファニーの感謝の歌で、
華美ではないが、素直にスルックへの感謝が感じされる。
その後、彼女はエドアルドの手を取って、歌を続けるが、
何と、情緒に満ちたオーケストラが息づいていることだろう。

アインシュタインが、
「ロッシーニ派のコロラトゥーラ=アリアの
穏やかな序奏部」と書いたのは、
こうした部分であろうか。

その後、音楽は加速してみたり、
夕暮れの気配を醸し出したり、実に変化に富む。
最後はベルカント風の装飾を散りばめながら、
ファニーは、「私は何と幸せでしょう」と歌い上げる。
後半になると、さまざまな技巧が凝らされたアリアになるが、
これ見よがしではなく素直。
ジャニス・ホールの歌唱に、拍手喝采である。
伴奏は、えっちらおっちら軽妙なリズムを刻んでいる。

もう、これで、ややこしい関係は解決されて、
話はついたはずだが、もっとややこしい問題が残っている。
ファニーの父親とカナダ人の決闘である。

Track3で、
「善を施せた」と良いながらスルックは去る。
レチタティーボ。
主人が戻って来て、
「何か陰謀を感じる、復讐してやる」、
「一発で殺す」など、まだ激情に囚われている。
そして、今更ながら、自分が死ぬ場合もあることに気づく。
それはみっともない、と自ら認め、
何となく怖じ気づいてくるが、気を取り直し、
いかに、相手を圧倒し冷酷に恐怖心を与えるかの練習を始める。

Track4では、
このオペラの魂とでも言える二重唱が始まる。

主人は剣を出して、自作自演で、
相手を倒す練習と妄想を始める。
「帽子はこう被る、目と顔をひきつらせる、
歩きながら、彼を睨む」とイメージ練習に没頭する。
このあたりの舞台効果は絶大で、
さきほどまで威厳に満ちていたトビアが、
完全に間抜けに見える。

考えてみれば、このおっさんが、
諸悪の根源なのである。

それを演じるデル・カルロの表情も動作も最高である。
目を剥き、口を開き、間抜けな顔をしたと思うと、
威厳を見せてみたりして、面白すぎる。

一部始終を見ていて、
「私は生き返った」と歌いながら現れるスルック。

今度は、スルックの方が、さあ、決闘だと言い出す。
声色も変えながらの、あまりに面白い二重唱である。
このおっさん二人、ジョン・デル・カルロというバス・バリトンと、
アルベルト・リナルディというバリトン、素晴らしい共演だ。

オーケストラは二人をはやし立てるように、
ちゃーちゃちゃちゃーちゃちゃとリズム良く、
時折、進軍のファンファーレなども響かせて、
とても気が利いている。

このように、このオペラ、ちゃんと後半になって、
どんどん盛り上がるように出来ている。

Track5は、
決闘に行こう行こうと言いながら
なかなか出かけない二人の前に娘のファニーや、
小間使いのクラリーナが仲介に入って、
四重唱が盛り上がって行く。

Track6は、全員が現れての、
大団円の六重唱である。

まず、エドアルド役のデイヴィッド・キューブラーが、
格好良いテノールで、決闘を制止する。

主人のトビアは、みんなを懲らしめてやりたい、
と何時までも興奮している。

野蛮人のスルックが、妙に落ち着いて、
「怒鳴り散らして、すっきりしただろう」と、
事態の収拾を図る。
私の相続人に娘を譲ってくれ、
という取引に、「この取引はきっとうまく行く」と、
喜ぶ主人。最後まで商売人なのである。

最後は、6人の合唱を、軽妙で推進力のある、
ロッシーニらしいオーケストラが盛り上がってサポートして、
終幕の興奮を強烈にドライブしている。

ロッシーニのオペラ、ほとんど処女作からして、
面白すぎないか。

が、これは、シューベルトが確立したかった、
どこか理想郷のような物語ではなく、
三面記事にありそうな、金と色恋の物語でしかない。
「英雄ロマン・オペラ」ではなく、「成金風刺オペラ」、
あるいは、「商人現実オペラ」である。
おそらくシューベルトは、
こんな作品は書きたくなかったと思われる。

得られたこと:「ロッシーニの初期オペラ、聴き映え十分。が、あえて、シューベルトは、こうした機知に富む風刺の世界を拒絶していたのではないか。」
[PR]
by franz310 | 2011-05-07 23:04 | ロッシーニ
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>