人気ブログランキング |
excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その218

b0083728_22183923.jpg個人的経験:
前回、フンメルと
ベートーヴェンを比較しようとして、
オールト教授の罠にはまり、
恐るべきピアノ談義に
付き合うことになってしまった。
そして、ふと、思い出したのが、
同教授が弾くフィールドの「夜想曲」。
このCDも、別に、
ピアノ講義を聴くために
購入したものではない。


月夜に漂う白鳥を描いた、
非常に美しい表紙絵画が目に留まって、
つい購入したものである。
聴いて見て、フィールドの作品も、
そんなに面白いとは思わなかった。

このCD購入にはさらに後日談がある。
激安ブリリアント・レーベルで、
その他の「夜想曲」と4枚組でまとめられ、
再発されたのである。

やはり、白鳥デザインが流用されていたので、
この安い4枚組を購入し、
もとの1枚ものは売り払ってしまった。

その時、某中古屋がつけた値段は、
恐ろしく安い価格だった。
ブリリアントの魔手にかかったらおしまいだ、
ということである。

が、こうして一定のコンセプトでまとめてくれて、
さらに激安という事はありがたい事に相違ない。
さらに嬉しいのは、安いからといって、
解説を手抜きにしない点で、
今回も、おそるおそる見て見ると、
オールト先生の講義が、
しっかり載っていて嬉しかった。

ただし、前回も苦言を呈したが、
表紙絵画の作者については、
一言も書かれていない。

さて、前回、フンメル対ベートーヴェンの話題にかこつけて、
最終的に、オールト教授が展開したのは、
ヴィーン式ピアノとイギリス式ピアノの比較論であった。

しかも、さんざん比較した挙げ句、
先のCD録音時に、彼が採用したのは、
ヴィーン式ピアノであった。

それが、今回、よく見ると、前回、あれだけ褒めておいて、
結局、聴かせてくれなかったイギリス式ピアノが使われている。
Broadwood 1823とある。
まだ、シューベルト存命中に作られたピアノである。

録音は、1995年6月とある。

では、また能書を読んで見よう。
ただし、11ページに及ぶ長大なものゆえ、
今回は、フィールドの部分のみ読む。
それでも、3ページ以上ある。

「ジョン・フィールド
(ブロードウッド 1823 
エドウィン・ビュンク・コレクション)
現代においては、標準化が大きく広がったとは言え、
18世紀においては、ピアノという楽器の製造の仕事は、
まだまだ個人芸の世界であった。
結果として、ピアノは街と街で、製造者と製造者で異なり、
同じ製造者のものであっても異なるものであった。
あるエリアでは、製造者たちは影響を及ぼし合い、
ロンドンとヴィーンのように街を隔てる距離は、
全く異なるピアノ流派や製造法、
結果として、『英国式』、『ヴィーン式』といった風に、
我々が認識することとなる2タイプを産んだ。」

ああ、やはり、ここでも、オールト教授は、
前回と同じような事に脱線しはじめた。
今回は、心の準備ができていたので、
かえって、にやりとしてしまう。

はたして、フィールドの話は出てくるのだろうか。
そうやって、期待と不安に震えつつ先を急ぐと、
見よ、登場したのは、我らがフンメルだった。

「1770年頃から、1870年まで、
これらの流派は音楽家と聴衆を競い合い、
18世紀、19世紀初頭の様々な証言からも、
これらの2タイプの違いは語られている。
それらの最も重要な記述は、1828年、フンメルの
『Ausfuhrliche theoretisch-practische Anweisung』に見られる。
フンメル(1778-1837)は、何年もロンドンに住み、
英国ピアノに通じていた。
しかし、彼のコメントは、
彼がヴィーン式のものを好んでいた事を表している。」

前回まで、フンメルについて語っていたのに、
今回、理由なく脱線していた感じだったが、
こんな風にフンメルが出てくると、
ちょっと安心である。

以下、フンメルの言葉。

「『ヴィーン式楽器は、最も軽いタッチにも即応する。
速度を速めるのに、それは労力を要しない。
音の力は、指の力とスピードだけで作られるべきである。
英国式アクションは耐久性とその音色の豊かさによって、
同等に評価されるべきだが、
鍵盤のタッチが著しく重く、同時に深く沈むので、
ヴィーン式のようななめらかさはない。
ヴィーン式は、演奏者に、あらゆるニュアンス、
クリアで正確な語り口を与え、
とりわけ、大きなホールでも、
オーケストラ伴奏の中でもはっきり聞き取れる、
丸みを帯びたフルートのような音色を持つ。
さらに英国式楽器は、
大きな音にもかかわらず、
広い空間では、音色が変化し、複雑なオーケストラの中で、
ヴィーン式のようには浸透しないことを特筆したい。』」

確かに、フンメルはハイティーンの時代を、
ロンドンで過ごしていて、英国式に通暁して愛着もありそうなのに、
かなり、ヴィーン式をひいきにしているようである。

しかも、英国式は、大きな音なのに、
大ホールには向いていないというのも、
これまた不思議な話である。

フンメルの言葉なので、
フィールドの解説が出てこないのはやむを得ないが、
フンメルのCDの解説であることを、
すっかり忘れてしまいそうである。

ここからも、フンメルを離れて、
同じような楽器の違いの話が次々と出てくる。

「英国式のものは、多くのヴィーン、
または、ドイツのピアニストには、
慣れるのが難しいとはいえ、
1800年より前から、
ロンドンはピアノ製造と演奏の最大中心地となっており、
ヴィーン式の代替品としての地位を確立している。
それは多くの点でヴィーン式とは異なり、
ヴィーン式とくらべ消音効果が効果的でないので、
共鳴が多く、
音色はたっぷりと分厚いとはいえ、
キーが深く重く感じられる。
さらに、ヴィーン風が1800年になってから、
膝レバーを持つようになったのに対し、
英国式は、1780年代はじめからダンパーペダルを有している。
各楽器の独特のスタイルを生み出した、
これらの違いは、19世紀中盤でも、
まだ重要であったとみえ、有名なピアノ教師、
フリードリヒ・ヴィークも彼の1853年の、
『Clavier und Gesang』でそれを書いている。」

完全にフィールドはそっちのけで、
英国式とヴィーン式のピアノの違いを、
歴史的背景から解き明かしていく。

しかし、こんな事を考えながら演奏できるピアニストで、
なおかつ、学者であるオールト氏は、
CDを作るのが、楽しくて仕方がないのではないだろうか。

この後も、カルクブレンナーはこう言った、
チェルニーはこう言ったと、
証言集めに熱中している。

シューベルトはどう言ったのか、
知りたいものだが、どの人も同じことを言っているだけなので、
恐らく、同様の事を考えていたと考えればいいのだろう。

「1814年末から1824年に、
ロンドンに住んでいた、
フレデリック・カルクブレンナー(1785-1849)は、
1831年に、その著書『Methode』で、このように書いている。
『英国式ピアノは、当地のプロの音楽家の作風を壮大にし、
楽器の歌わせ方の美しさで特徴がある。
ドゥセック、フィールド、J.B.クラーマーは、
その流派の指導者であり、クレメンティは創始者であるが、
和声を変えずに、フォルテ・ペダルを多用する。』」

お、ようやく、フィールドの名前が登場した。

「ベートーヴェンの弟子のチェルニーは、
その理論書作品500(1839)で、
こう付け加えた。
『英国式のピアノは、大いに歌わせられることに特徴があり、
こうした特性は、ドゥセックやクラーマーや何人かに、
美しいカンタービレの、
柔らかく静かな、メロディアスな演奏を志向させた』。」

ヴィークにせよ、チェルニーにせよ、
だから何だと言いたかったのかは不明である。

「英国式ピアノの特徴による、
このスタイルの重要な要素は、
ヨハン・ラディスラウス・ドゥセック(1760-1812)や、
ジョン・フィールド(1782-1837)で知られる、
歌うようなレガートである。
レガート・タッチは、厚く豊かな音色、
長い残響、英国式ピアノの不完全なダンパーは、
楽器に歌う力を与え、
1800年以前に書かれた、
ドゥセックやクレメンティのソナタにも、
すでに見て取れる、長いカンタービレの
メロディを書かせるような霊感を作曲家たちに与えた。
英国式ピアノは喋るのには不向きでも、
ヴィーン式よりも歌うことに秀でていた。
ジョン・フィールドにとって、
彼が親しんで来たピアノや、
これらの重要な音楽的影響が、
その夜想曲の開発に理想的なバックグラウンドになった。」

ということで、ようやく、
フィールドについての解説となったか。

「クレメンティによって創始された、
1800年前後の偉大なる英国ピアノ楽派の、
ドゥセック、クラーマー、フィールドは、
ピアノの音響に新しい方向のコンセプトを与えた。
フィールドは、夢見るような、
メランコリックな夜想曲によって、
特に、ヴェールで覆われたような、
ペダル音によってそのチャンピオンとなった。
1803年以後、彼がロシアに住むようになって、
フィールドはイタリアの歌手を聴く機会が増え、
例えば、ロッシーニらの作品を通じて、
イタリア式のベル・カント・スタイルを知るようになった。
フィールドの『夜想曲』のアーティキュレーションは、
当時のヴィーンの作品に聴く雄弁なものよりも、
むしろ、歌手の呼吸法に似ている。」

ということで、何と、ピアノの話が、
大胆にも、イタリア・オペラの話になっている。
しかも、それを会得したのは、ロシアというのがすごい。

いよいよ、ここからが、夜想曲の話になる。

「フィールドの夜想曲は、
出版社にとって、売れ筋商品となって、
フィールドは、他の作品を書き直して渡すこともした。」

ということで、かなり商業的な作品であることが分かる。

この解説、ここから大きな問題発生となる。

というのは、オールト教授は、
「夜想曲第8番」は、とか、「第12番」は、
と書いて、番号で書いているのに、
この番号は、このCDの収録曲のどれがどれか、
さっぱり分からないのである。

CDの入っている紙ジャケットに、
トラック1は、
「夜想曲 変ホ長調 H24(1812)」と書いてあるが、
これが何番の夜想曲かは分からない。
いいかげんにしろ、外装箱、解説ブックレットのどこにも、
これに関するインフォーメーションはない。
ふざけるな、と言いたくなるが、
これが、ブリリアント・レーベルの限界であろうか。

ちなみに、ウィキペディアにはこのように書かれている。
ここに、調性と作曲年を参考に、トラックNoを付記すると、
以下のようになる。

Track1.第1番 変ホ長調 (1812年)
Track2.第2番 ハ短調 (1812年)
Track3.第3番 変イ長調 (1812年)
Track4.第4番 イ長調 (1817年)
Track5.第5番 変ロ長調 (1817年)
Track6.第6番 ヘ長調 (1817年)
Track7.第7番 ハ長調 (1821年)
Track8.第8番 イ長調 (1821年)
Track9?第9番 ホ長調 (1816年)(CDでは変ホとある)
Track10.第10番 ホ短調
Track11.第11番 変ホ長調 (1833年)
Track12.第12番 ト長調 (1834年)
Track13.第13番 ニ短調 (1834年)
????????第14番 ハ長調 (1835年)
????????第15番 ハ長調 (1834年)
Track14.第16番 ヘ長調(CDには1836年とある)
Track15.第17番 ホ長調 (1832年)(CDには1835頃とある)
????????第18番 変ロ長調 「真昼」

最後に変なニックネーム
(夜想曲なのに『真昼』??)がついたもの、
と二曲のハ長調作品は未収録と思われる。
以上の前提によって、以下、読み進めてみよう。

「夜想曲第8番は、ピアノと弦楽四重奏のための
第2ディベルティスメントの『パストラーレ』の編曲で、
最初に1814年、三つのロマンスの第1曲として出版された。」

という事で、Track8を聴く。
これは、いかにもショパンにもありそうな、
シンプルで、物憂い叙情的なもの。
4分25秒であるが、途中から、ぱらぱら和音が出て、
典型的ノクターンであるが、
この部分のあどけなさ、屈託のなさから、
もともと田園曲だったというのも分からなくもない。

しかし、ジャケットには、1813年/1831年とあるのは、
いったい、どういった事であろうか。
解説にある1814年というのは、何を意味するのか。
1813年が、ディベルティスメントの作曲年で、
ロマンスとして14年に出て、ノクターン単品として、
1831年に出たということか。

シューベルトのような人は、こんな旧作の書き直しなどで、
あれこれする暇はなかった。

「夜想曲第6番は、ホ長調からヘ長調に移調され、
1823年に出版された第6ピアノ協奏曲の緩徐楽章となった。」

紙ジャケットには1817年とある。

4分42秒しかなく、
ピアノ協奏曲に拡大されるには、
弱々しい曲想であるが、
シンプルな伴奏に、
豊かにメロディーが息づくように伸縮して、
これまた、ショパンの「夜想曲」に紛れ込みそうな曲想である。

「第12番は、同様に第7協奏曲の第2楽章に利用された。」

かなりインフォーメーションが投げやりで、
オールト教授がピアノの違いを書く時の冴えがない。
フィールドは、作品の流用魔である、という以上の事を、
書いているとは思えない。

この曲は、1833年のものらしいので、
シューベルトの死後のものになるが、
特に、他の作品より新しいという感じはない。

「彼のキャリアの晩年、フィールドは病気に悩み、
作曲する忍耐力も欠如し、
明らかに彼の種々の作品から選ばれたものを、
『夜想曲』として出版している。
後年のホ短調の『Midi Rondo』、
または、『Notturno carratteristico』は、
1810年の第1ディベルティスメントの
ピアノ・ソロ・バージョンで、これなどは、
2/4拍子のアレグロは、他の夜想曲の持つ、
メランコリーやカンティレーナがなく、
いかなる意味でもノクターンとは呼べない。
1835年の、ハ長調の二曲、第14番、第15番は、
深みのない、軽い作品で、
フィールドを有名にした夜想曲というより、
サロンのポプリの性格が強い。
そのタイトルにも関わらず、これらはこのCDに含めなかった。」

このように書かれているのを見て、
ようやく、私は、このCDのジャケットのトラック表が、
まるで役に立たないことを見て取った次第である。

前述のようにまとめてみて、
ようやく、オールト先生の解説が分かるのである。

「夜想曲は、気の赴くままの流れ、自由な結合、
主題の発展の欠如など形式の自由さから、
即興演奏がその起源になっていることが分かる。
同時に、称賛されて来たように、
メロディ装飾の広い可能性と、
リズムの自由さがある。
今日、ほとんど廃れてしまった、
ルバートの技術がこの自由さに不可欠で、
厳格な伴奏部に乗って、拍子の強い束縛を受けずに、
メロディがのびのびと歌われる。
夜想曲第9番変ホ長調は、この自由さの好例である。
メロディはリズムを離れて自由に装飾されて歌われ、
例えば不協和音を長引かせ、切迫した感情を高揚させ、
伴奏のビートを追い越すこともある。」

「第1番や、部分的に第6番など、
初期の夜想曲のいくつか(の部分)は、
通常たっぷりと和声的に豊かな伴奏に乗って、
単純に、装飾されたメロディを歌うだけで、
さらに開発される夜想曲の枠組にしかすぎない。」

第1番は、たららたららという左手の伴奏の上を、
ぴちぴち、ぱちゃぱちゃぱちゃと、
水もしたたるメロディが歌われて、非常におしゃれである。

なるほど、これがロッシーニに影響を受けた、
イタリア風の歌い方なのであろうか。
ロッシーニの影響は、シューベルトも受けたが、
どちらかと言うと、「イタリア風序曲」など、
クレッシェンドなど、ダイナミクス系の影響のイメージが強い。
このようなしなやかな曲想の変化もまた、
イタリア伝来のものだったのだなあ、
と妙に感慨を新たにする。

先のぴちゃぴちゃ感も、
確かに、コロラトゥーラ唱法の真似、
と言われれば、そんな感じもしてきた。

第2番も、切々とした調べが延々と続いて、
確かに、人間の声の息継ぎに準じたピアノの扱いである。
言うなれば、切々とした哀歌を、ピアノに歌わせた感じ。
この曲などハ短調なので、特に、悲劇的な感じがする。

ただし、イタリア歌劇の影響から想像すると、
声を張り上げて強弱が激しそうだが、
そうした要素は模倣されなかったようだ。

「豊かな音色と、
高音と低音の素晴らしいバランスを持つ、
英国式ピアノが、
こうしたメロディの扱いを許し、
和声的な緊張のないむき出しのメロディが、
これら小品の即興的な性質により装飾されるのは自然である。
リズムの自由であるのと同様、
主題やメロディの装飾や変奏に明確な法則はないが、
いくつかの夜想曲(特に第8番イ長調と第17番ホ長調)のメロディは、
徹底的に装飾され、これらは、
より完成度の低い夜想曲のモデルにもなっている。」

この第8番もまた、ショパンとメロディが似るが、
控えめな音楽が控えめに対比されていて、
いろいろ装飾されて繰り返されているだけの感じで、
どうも、メリハリがない。
内省的な音楽なのに、
余計な音型が突発的に現れて、
せっかくの情緒を、
台無しにしている感じがしないでもない。

前述のように、第17番はTrack15である。
フィールドの死の二年前、
1835年頃この曲になると、
病身のせいか、何だか、
夢遊病のように方向の定まらぬ音楽になっている。

徹底的に装飾されているかどうかは、
よく分からないが、
やたらぱらぱらぱらぱらとなだらかであることは確か。
人の声や弦楽器、管楽器ならば、伸ばせばよい音を、
打楽器であるピアノの場合は、
無理に沢山の音を繋がないと、
間が持たないという問題もありそうだ。
それをコロラトゥーラ式の装飾で解決したとなれば、
なかなか見事な発明であると思われる。

「ショパンの夜想曲に見られるスタイル上の特徴は、
その性格や単なる装飾に留まらず、
フィールドに負うところが多い。
(例えば、フィールドの第9番と、
ショパンの作品9の2を比べるとよい。)」

第9番は、延々と歌われる無限旋律のように、
次々と歌が歌を呼び、ずっと夢の中を漂うようである。
小刻みに陰影を施しながら、うねうねと続くので、
どこからどこまでが一区切りといった感じがなく、
長い長いメロディの終わりと共に曲が終わる。
まったくドラマのない音楽である。

ショパンの夜想曲作品9の2は、
ショパンのものでは最も有名なものなので、
多くの人が思い出すことができるだろうが、
確かに、これもまた、そんな音楽である。

しかし、オールト教授は、
何故、フィールドの第6番を、
これと比較しなかったのだろうか。

この第6番はショパンの作品9の2と、
酷似したメロディを持ち、
ショパンはきっと、これをぱくったのだ、
と思わずにはいられないものである。

このフィールドの第6夜想曲は、
しかし、そうした点を超えて、
聴きごたえがあるような気がする。

ただ、うねうねとメロディがつながるだけでなく、
明暗の対比がデリケートである。

続く第7番も、ショパンにそっくりであるが、
少々形骸化したパターンに飽きが来る。

「さらにまた、いくつかの点で、
フィールドによって書かれた装飾は、
即興的な装飾を得意とした、
フィールドのような華麗な演奏家にしては、
印刷譜では単純化されているように見える。
(第2番、第12番など。)」

12番は1833年の作で、
すでに、ピアノ協奏曲に改作されたものとして紹介された。
印刷譜が単純かどうかは分からないが、
確かに、ぱらぱらという伴奏音型にのみ注意が行って、
あまり右手には装飾がないようだ。

「第5や第8など、他の夜想曲では、
モチーフの再現時には、変化を付けられたのだろう。」

第5は、途中、曲想が変化して、明らかに、
さきほどの無限旋律系ではない。
オールト先生は、最初のメロディが登場するたびに、
激しく変化をつけている。

「第6や第9は、その他の点で完成度も高いので、
フィールドや、同時代者がしたであろう、
自由な装飾を、この録音では付加して輝きを加えた。」

確かに、先ほど書いたように、「第6」と「第9」は、
完成度の高い傑作として、私も聴くことができた。

しかし、英国製ブロードウッドのピアノが、
素晴らしい共鳴を持っていたという理由で、
これらの曲が楽しめたのかどうかは、
ヴィーンのピアノと比較してくれないと分からないではないか。
というのが、第1の感想。

とはいえ、第10番の夜想曲などを聴いていて、
「月光ソナタ」のような幻想的な波のたゆたい、
あるいは、虹をかけるようなコーダの、
高音の輝きの豊かさに耳を澄ませば、
この楽器の素晴らしい特性が、
聞き取れるような気がしないでもない。

このCDで使われた絵画は、こんな曲を表現したものであろうか。

第2の感想としては、こんな聴き方があったという発見。

ただし、このような聴き方をしていると、
どんな音が出てくるかばかりに気を取られて仕方がない。

それにしても、このオールト先生は、
このような楽曲によって、
作曲家が何を言おうとしたかなどは、
あまり興味が無さそうである。

響きのカタログとしての音楽が解説されるだけなので、
作曲家フィールドの生き様は、あまりよく分からない。
それが最後の感想である。

このような聴き方をするために、
この表紙の絵画はよくできている。

これは、ただ、何かを美しく想起させる芸術、
といった類のものなのだろうか。

そんな疑念が浮かばなくもないが、
最初、あまり面白くないと思ったフィールドも、
教授の話術に洗脳されたせいか、
非常に楽しく聴けるものであると、
前言を撤回したい。

得られた事:「英国ピアノ楽派のフィールド、人の声をヒントにした楽器の響きのカタログ。」
by franz310 | 2010-03-21 22:18 | フンメル
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>