excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その198

b0083728_1093098.jpg個人的経験:
音楽家協会から委嘱を受け、
モーツァルトは、大急ぎで
オラトリオを完成させたが、
それは旧作、「ハ短調ミサ曲」の、
焼き直しバージョンであった。
しかし、このミサ曲そのものが、
「未完成」と言われているので、
ややこしいと言えばややこしい。
それでも、ヴィーン時代唯一の
ミサ曲として、高く評価する人は多い。


それにしても、ミサ曲はオリジナルであるがゆえに、
未完成作品であるにもかかわらず、
高く評価されており、
完成されているにもかかわらず、
「悔悟するダヴィデ」は、
オリジナルでないがゆえに、
低く評価されているというのも面白いことだ。

そもそもモーツァルト自身が、
このミサ曲こそが、自らの傑作とし、
オラトリオの方は、やっつけ仕事だと考えていたかどうか。

オラトリオにアリアを加えて完成させる事は出来ても、
ミサ曲の未完成のクレドを完成させ、
アニュス・デイを付けることは出来なかったというのは、
単に、経済的な問題だったのかもしれないが。

さて、そうした、「未完成」作品であるはずの、
「ハ短調ミサ」が、何と完成版で演奏された演奏があることを、
私は、うかつにも、このパウムガルトナー盤を知るまで知らずにいた。

このような状況では、完成された作品として、
「ミサ曲」対「オラトリオ」という対戦構造となる。

このCD、以前、集中的に取り上げた、
オルフェオ・レーベルのもので、
ザルツブルク音楽祭の実況録音である。

モノラルであるが、マリア・シュターダーがソプラノを歌い、
このモーツァルトの使途が振ったとなれば、
聴かないわけにはいかない。

しかも、解説を読んで、背筋が寒くなったのだが、
そういえば、モーツァルトは、この曲を、
ザルツブルク帰郷に際して作曲、
この街に捧げたようなものだった。

ザルツブルクにとって、この曲は、
かなり特別なものなのである。

しかも、この表紙写真、モーツァルトが、
この曲を演奏した教会の内部写真である。
ザルツブルク音楽祭は、まさしくこの教会で、
演奏したもののようにも読める。

単なる、記録ではなく、何やら因縁めいた場所の力が、
この演奏には籠っているかもしれない。

解説は、ゴットフリート・クラウス氏が書いている。

「過去の大家の厳格な様式に影響された
モーツァルト随一の大規模作品は、
未完成のハ短調ミサ曲である。
五部の合唱、これは時に八部にまで分かれ、
クラリネットは含まないものの、
トロンボーンを伴う、
フル・オーケストラが駆使され、
バッハの精神、ヘンデルの感情が合唱部に漲っている。」

「1783年、10月26日、
モーツァルト最後の帰郷時に、
この大ミサの完成部分が、コンスタンツェの独唱で、
演奏されたのを記念して、
ザルツブルクのアーティストによって、
早い時期から、聖ペーター教会で、
ハ短調ミサ曲K.427の演奏が行われてきた。」

このようにもある。
「聖ペーター教会における、
ハ短調ミサ曲の演奏は、
国際モーツァルト財団によって、
大戦中と戦後すぐに何度か中断された以外、
毎年行われており、
これがザルツブルク音楽祭の、
一つの目玉となっている。」

ここで少し、話は変わるが、シューベルトの場合も、
ミサ曲の作曲は、様々な興味深い問題を抱えていることを、
ふと思い出してしまった。

まず、モーツァルトが、
このミサ曲ハ短調で、新妻の声を響かせたかったように、
シューベルトも、初期のものでは、
初恋のテレーゼの声を想定したし、
また、彼女の晴れの舞台をも想定した。

中期の傑作、第5番変イ長調は、
就職活動と関係していると言われ、
これまた、モーツァルトの、奉納ミサ曲を思わせる。

さらに、すべてのミサ曲において、
「クレド」の楽章に、テキスト削除が認められるという。

モーツァルトもまた、
ハ短調ミサ曲において、クレドを完成できなかったのである。

ちなみに、クレド(信仰宣言)は、
こんな内容のものである。

「われらは信ず、唯一の神、
全能の父、天と地、見ゆるもの見えざるものの、
すべての造り主を。
われは信ず、唯一の主、神のおんひとり子、
イエズス・キリストを。
主は、よろずの世のさきに父より生まれ、
神よりの神、光よりの光、
まことの神よりのまことの神。
造られずして生まれ、父と一体なり、
すべては主によりて造られたり。」

モーツァルトは、この部分を、
どんどこどんどこ活気の良いアレグロで、
壮麗に、対位法的に合唱を歌わせている。

これらの文言の作曲はすらすらいったようである。

ちなみに、シューベルトは、この、
「父と一体となり」を、
いくつかのミサ曲で削除している点が、
注目されることもある。
これは、父親との確執を物語るものとされるが、
最初のミサ曲が初演された時、
父親は息子を誇りに思って、
ピアノを褒美に買ってやったという話もあり、
つくづく、父親の役割は難しいものである。

ファザコンとして有名なモーツァルトの場合、
このあたりは問題なかったのだろうか。

さて、さらにクレドは、さらに、このように続く。

「主はわれら人類のため、
またわれらの救いのために、
天より下り、
聖霊によりて、処女マリアよりおんからだを受け、
人となりたまえり。
ポンテオ・ピラトのもとにて、
われらのために、十字架につけられ、
苦しみをうけ、葬られたまえり。
聖書にありしごとく、
三日目によみがえり、
天にのぼり父の右に座したもう。
主は栄光のうちに再び来たり、
生ける人と死せる人を裁きたもう、
主の国は終わることなし、
われは信す、主なる聖霊、
生命の与え主を、
聖霊は、父と子よりいで、
父と子とともに拝みあがめられ、
また予言者によりて語りたまえり。」

このような、三位一体の信仰に関し、
シューベルトはそこそこ許容できたようだが、
下記のように続くところは、
どうも信用できなかったようである。

「われは、一・聖・公・使徒継承の会を信じ」
つまり、教会は信用ならん、というところか。

また、それにつづく、
「罪のゆるしなる唯一の洗礼をみとめ」
は作曲しているものの、
「死者のよみがえりを待ち望む」
もうさんくさいと思って、多くの場合、作曲していない。

彼のように死を見つめて作曲していた人には、
確かに、こんな感覚はなかったかもしれない。
最初のミサ曲でだけ、これを作曲しているが。

クレドには、さらに、
「来世の生命を待ち望むアーメン」
とあって結ばれるが、
これについては、シューベルトは異議なしだった模様。
作曲されている。

では、モーツァルトの場合、
いったい、どこが作曲され、
どこが作曲されていないのだろうか。

「聖霊によりて、処女マリアよりおんからだをうけ」
の部分は、非常に穏やかな弦楽に、
フルートとオーボエが美しく絡んで来る、
ソプラノのアリアは、憧れに満ち、
神聖な気配に満ちている。
ここまでは、何の問題もなかったか、
優美極まりない表現で完成されているようだ。

しかし、このあとの
「人となりたまえり」を繰り返すばかりで、
十字架につけられたり、教会を認めたりするところは、
まるで触れられていない模様。

この曲が、結婚を祈念して奉納されるべく、
作曲されたというのが事実ならば、
確かに、縁起の悪い歌詞への作曲はためらわれたかもしれない。

では、最初から見直してみよう。

Track1:ミサ曲は、まず冒頭に、
「主よ、あわれみたまえ」の「キリエ」がある。

このパウムガルトナー盤では、
ものすごい粘ったテンポで、
この指揮者であれば、個性を発揮して、
これぐらいやって欲しいという私の要望は、
かなり満たされる。

Zalzburger-Rundfunk-und Mozarteum Chorも、
重厚で丁寧な合唱を聴かせるが、
フリッチャイの指揮の名盤でも、
世紀の名唱を聴かせた、マリア・シュターダーは、
ちょっと歌いにくそうな一瞬がある。

この録音が1958年の8月。
あの20世紀の名盤とも言えるフリッチャイ盤は、
翌年の秋の録音であるから、
モーツァルトの権威、パウムガルトナーは、
あの名盤にも、いくらか影響を及ぼしているのだろうか。

ちなみに、この部分は、「悔悟するダヴィデ」では、
「私は主に向かい声を上げて泣く。
悪に責められて私は、
神に向かって声を上げて泣く」という歌詞に変えられた。

どちらでも良いようなラメント風の音楽。

Track2:
それから、
「天のいと高きところには、神に栄光」と歌われる、
「グローリア」が来るが、ヘンデル風に壮麗。

これもまた、ずしりと重みのある演奏で、
オルガンや木管の伴奏も美しい。

「ダヴィデ」では、
「栄光と賛美を歌わせたまえ、
それを百度も繰り返し、
最愛の主を賛美させたまえ」という歌詞になってしまった部分だが、
この曲想も、確かにどちらでも行ける。

Track3:
途中、「我ら主をほめ、主をたたえ、主をおがみ、
主をあがめ、主の大いなる栄光のゆえに、
感謝したてまつる」の部分は、
「ダヴィデ」では、「悲しい苦しみから遠く離れ、
再び自由を感じよ。かつて怖れた者は、いまや喜びの時」
などと変えられた。

ここでも、清らかなソプラノ独唱が高く舞い上がるのを、
木管が彩るが、その丁寧な強調に、
パウムガルトナーの、この曲に対する愛情が聴ける。

Track4:
「神なる主、天の主、全能の父なる神よ」の部分は、
ずんと気合いのこもったアクセントが、
悲痛さを感じさせるが、
歌詞は、単に、神を前に、へりくだった姿勢を示すもの。

五部の合唱だと解説されている。

「ダヴィデ」では、「永遠に恵み深い神よ、
この祈りによって、その慈悲を給われますように」と、
確かに、変更容易そうな歌詞となった。

Track5:
「神なる主、神の小羊」は、
「世の罪をのぞきたもう主よ、
われらをあわれみたまえ」という内容で、
いかにも、ねちっこい表現で、これでもかこれでもかと、
へりくだっているのであろう。
二人のソプラノ、シュターダーと、カンブリーが、
素晴らしい綾を紡ぎ出す。

「ダヴィデ」では、
「主よ、来たりて、敵を追い散らしたまえ」
になってしまったが、同様に懇願の歌ということか。

Track6:
「父の右に座したもう主よ、
われらをあわれみたまえ」という部分は、
このパウムガルトナー盤、
合唱が大きくうねり、伴奏も鬼気迫る。
全員、没入している感じの壮絶さである。

何と、8部のダブル・コーラスだという。

この部分、「ダヴィデ」では、
「罰して下さい。思われるままに。
お怒りがしずまるように。
私の青ざめた顔を見て、主よ、私を慰め、助けて下さい。
助けたまえ、主よ、あなたにはそれが出来ます。」
という歌詞に変えられたが、「あわれんで欲しい」と、
「罰して下さい」では、かなり違いがありそうだが、
結局は、懇願の音楽なので成り立っている。

ちなみに、この部分の前に、
「ダヴィデ」では、テノールのアリアが挿入され、
「こうした苦難の中に、慈悲を求めます。主よ。
わが心に善を見いだしたまえ」と歌われる。

大胆にも、ミサ曲の「グローリア」が、
ちょうど半分あたりにて、
幾分、軽快な音楽で分断されている構図である。

Track7:
しかし、ミサ曲での「グローリア」はまだまだ続く。
「主のみ聖なり、主のみ王なり」の部分は、
二人のソプラノに、ゲオルグ・マランというテノールが加わり、
何故か、少し気のはやった歌唱が繰り広げられる。
「主のみいと高し」と歌われるのに、
それ以上に高みを目指している感じである。

あるいは、その高みに駆け上がる表現を、
パウムガルトナーが求めたのであろうか。
思い切った表現で、
音楽に大きな変化をつけているとも聞こえる。

「ダヴィデ」では、前回のCDではトラック9の、
「三重唱」で、
「私のすべての希望は、あなたの中にあります。
神よ、私を追いかけて苦しめる
あなたの凶暴な敵から私を護りたまえ」と歌われる。

歌詞では、この改変が一番、大きなものであろう。
「主のみ聖なり」とあがめていたのが、
いつのまにか、助けを求めている。

ちなみに「ダヴィデ」では、
これに先だって、
ソプラノのアリア、「暗く耐え難い陰を通って、
ちょうど穏やかな天が輝く」が歌われている。

Track8:
「イエズス・キリスト」とだけ繰り返し、
壮大な合唱で歌われる。
先ほどの浮き足だったところを、
ずーんと引き締めてくれる。

Track9:
「聖霊と共に、父なる神の栄光のうちに。アーメン。」
と歌われるが、先ほどの沈潜から、
一気に爆発して高揚する。
対位法的な動きも目が眩むばかり。
オルガンも強奏されて、
最後には大きく劇的なリタルダンドが来る。

Track8と9が、
「ダヴィデ」の終曲部であるが、
「このような危機にあっても、
神のみを希望とするものには、
何の怖れもない」という内容を歌うべく、
ベートーヴェンの「第九」のような、
華やかなエンディングとした。

ということで、以下のような等式が、
ほぼ成立する。

オラトリオ「悔悟するダヴィデ」≒
「ミサ曲ハ短調のキリエ」+「ミサ曲ハ短調のグローリアの前半」
+アリア2曲+「ミサ曲ハ短調のグローリアの後半」+α。

アリアの間には、劇的な「クイ・トイス」がはさまっているが。

そのあと、問題のクレドが来るということだが、
「ダヴィデ」には、これ以降の音楽は使われていない。

つまり、「悔悟するダヴィデ」は、
未完成の「ミサ曲ハ短調」の、
そのまた一部を使った音楽なのである。

とすると、未完成の「ミサ曲」か、
完成された「オラトリオ」か、という議論以外に、
中途半端な「クレド」と、
完成された「サンクトゥス」、
同様に、完成された「ベネディクトス」の価値の問題が出て来る。

さて、続きを聴くと、
このパウムガルトナー盤、後半がすごい。

まず、10分程度で中断されたはずの「クレド」が、
21分23秒となっている。
何じゃこりゃ、となる。

Track10:
問題の「クレド」である。
例のどんどこの行け行けテーマが出る。
パウムガルトナーは微笑んでいそうである。
シュターダーの声は、限界ぎりぎりだが、
「インカナトス」のマリア賛歌を歌い終えている。
軽妙で古雅な木管伴奏も美しい。

解説によると、「愛らしい牧歌風景」とされ、
キリエの中間部や、
グローリアの「われら主をほめ」などと共に、
「オーストリアの後期バロック・ミサ曲の、
ミックススタイルの最後の愛らしい回想」
とされている。

このあと、ざわざわと着席の音がするが、
何と何もなかったかのように、
「クレド」の続きが歌われていく。

さすがに、十字架の苦難を歌ったものだけあって、
苦渋に満ちた表現が聴かれるが、
その後、弾けるように、復活の喜びが歌われる。
合唱も緻密で、オーケストラもそれに密着した、
丁寧で優しい音を響かせている。

テノール独唱も声がハンサムだ。
再度、大合唱となり、
無事にアーメンまで歌われている。

これは何が起きたのか。
(答えは最後に書いた。)

Track11:
感謝の賛歌たる「サンクトゥス」、
合唱団は、渾身の爆発である。
心の奥底からほとばしり出る、
聴く者の心を動かす感謝の叫びである。

宗教曲とは、本来、こうしたものではなかろうか、
などという感想が浮かび上がる。

Track12:
サンクトゥス後半の「ホザンナ」。
バッハ、ヘンデル体験の結晶たるフーガが、
少しずつ積み上げられて行く。

Track13:
そして、「ほむべきかな、主の名によりて来るもの」の、
「ベネディクトス」。
ここでは、ヴァルター・ラニンガーのバスを加え、
素晴らしい四重唱が繰り広げられる。

パウムガルトナーは、前のフーガの緊張の後の弛緩を楽しみ、
十分にかろやかかつ、楽しげな音楽を聴かせている。

しかし、次第に、音楽は濃密さを増して行き、
再び対位法的な凝集に向かっていく所が素晴らしい。

このように、「ダヴィデ」にない、
二つのオリジナル楽章は、素晴らしい音楽である。

ミサ曲の場合、このあと、
最後に、「アニュス・デイ」(神の小羊)が来るが、
モーツァルトは、この「アニュス・デイ」も作曲しなかった。

「神の小羊、世の罪を除きたもう主よ、
われらをあわれみたまえ。」
という内容が繰り返されるだけなので、
「ダヴィデ」のために、
「暗く耐え難い陰を通って、
ちょうど穏やかな天が輝く。
嵐の中にも、真実の心には平穏がある。
公正な魂は、そう、喜ぶのです。
誰も妨げぬ喜びと平穏。
神のみがその創造主。」
などという、数分を有する長いアリアを、
2曲書いたモーツァルトなら、
その気になれば、簡単に書けそうなものだが。

よほど、すごい終曲で締めくくりたかったのだろうか。

しかし、このパウムガルトナー盤、
のけぞる結末が待っていた。

何と、冒頭の「キリエ」の、
「主よ、あわれみたまえ」の音楽が、
ここで再び蘇って来るのである。
ソプラノの独唱もそのままに、
9分14秒の大曲が、突如、
復元されたという感じである。

これはこれで良いではないかと思われる。
確かに、キリエもアニュス・デイも、
「あわれみたまえ」という内容が繰り返されるので、
「ダヴィデ」のように、
歌詞のすげ替えを許すモーツァルトなら、
これで良しとしたかもしれない。

元の音楽が強烈なので、素晴らしい効果であった。

さて、このCDの解説をかいつまんでみると、
下記のようなことが書かれている。

「残念ながら、この曲がザルツブルクで初演された時、
初期のどのミサ曲で補完されたかは明らかでない。
1901年、エルネスト・レヴィッキと、
協力者のアロイス・シュミットが、
とりわけ、クレドの一部を、
モーツァルトのスケッチから復元し、
古い教会の実例の応用として、
アニュス・デイをキリエから、
フルート、クラリネット、
オルガンを補って発展させ、
このミサ曲補完の最初の試みを行った。
この版は、ブライトコップフ&ヘルテルから出版され、
多くの実演に繋がった。
1956年、H.C.ロビンス ランドンは、
オイレンブルク出版のために、
序文と研究とともに新バージョンとして改訂した。
シュミット版とは違って、
足りない部分は、
おそらくモーツァルト自身が、
初演した時に使ったと思われる、
モーツァルトの『ミサ・ロンガ』
K.262の類似パートで補足した。
1958年の聖ペーター教会での
このライブ録音では、
このバージョンが使われ、
完璧なスタジオ録音ではないものの、
おそらく、最も価値ある、
ザルツブルク音楽祭の伝統を生き生きと伝える、
演奏の一つだと思われる。」

得られた事:「ミサ曲のテキストは、熱烈な信仰を迫るものがあり、シューベルト同様、モーツァルトもまた、作曲したくないテキストゆえに、作曲できなかった部分があるかもしれない。」
[PR]
by franz310 | 2009-11-01 10:09 | 古典
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>