excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々(一枚のLP、CDから「書き尽くす」がコンセプト)
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その176

b0083728_23242611.jpg個人的経験:
前回、シューベルトのピアノ曲に
影響を与えた作曲家として、
ボヘミアのトマーシェクを見たが、
実際に、シューベルトと同じ
「即興曲」という題名の
ピアノ曲を書いた人は、
トマーシェクの弟子であった、
Vorisekという人だということだ。
この人の「即興曲」は分からないが、
「交響曲」は日本でも紹介されている。


ドイツのARTE NOVAレーベルが、かつて大々的に売り出した時、
この「交響曲」も含まれていて、手軽な価格で入手可能であった。

このレーベルらしい、シンプルな表紙であるが、
これはいったい何の絵であろう。
ライヤー回しか何かだろうか。
カバー・アートの欄には、
「Herbert Muckenschnabel. D-94556 Schonanger」とあるが。

指揮はアルトゥリヒテルという人で、
南西ドイツ放送交響楽団の演奏。
1995年、バーデン・バーデンでの録音である。

このCDによると、Vorisekは、「ヴォジーシェク」となっている。
「ri」は、「ジー」となるようだ。
そういえば、「Dvorak」が、どうして「ドヴォルザーク」となるか、
不思議に思ったことがあった。
ここでは、「ra」が「ルザー」と読まれているようだ。

この原理のせいか、ドイツでは、「Worziscek」と表記し、
このCDでも、親切にも、
「独名:ヨハン・フーゴー・ヴォルツィーシェク」と、
二重に表記してある。
ドイツ名があるように、国を離れ、ヴィーンで活動していた。

生没年は、1791年~1825年とあるので、
シューベルトより6年早く生まれ、3年早く亡くなっている。

この人は、ドイッチュ編の「シューベルト 友人たちの回想」にも、
ちょい役以下ながら登場している。
石井不二雄訳で、
「ヴォジーシェクは官吏であったが、1823年に第二、
1824年に第一宮廷オルガン奏者になった。
シューベルトは1826年に
彼の後継者になろうとして尽力したらしい」とある。

このような注釈があるのは、
シューベルトの友人である、
レーオポルド・ゾンライトナーが、
シューベルトの時代を回想した文章に、
ヴォジーシェクが登場するからで、
シューベルトとこのボヘミアの作曲家の
直接の関係を示すものではない。

ゾンライトナーは、シューベルトと同じ年に、
同じように音楽愛好家の家庭に生まれ、
1816年以降交友関係にあり、
「魔王」など、最初の歌曲集出版に尽力した。

法律家、裁判官、弁護士となった人だが、
シューベルトが亡くなるとすぐに、
匿名で「音楽愛好家協会月報」に追悼文を書き、
求められては回想をしたため、
この作曲家の重要な伝記資料を残してくれている。

彼の言葉を借りると、
「私はシューベルトの人物を身近に知る以前から
彼のリートを知っていました。
私の学校友達の何人かが、シューベルトが学んでいた
寮学校生徒から彼のリートの写しを貰ってきたのです。
私たちはすぐにその優秀さを認め、
私自身は自分用にそれらの作品を
何冊もの楽譜帳にまとめて書き写しました」といった感じである。

しかも、彼の父親が、冬になると、
自宅で各週の金曜ごとに音楽の夕べを催すほどの音楽好きであった。
このような状況下で、シューベルトの歌曲のお披露目が企てられ、
それに続いて、その歌曲の出版までが持ち上がったようである。

これは、「シューベルトの個人的友人」とされた、
ヨーゼフ・ヒュッテンブレンナーと一緒に費用を出したとあるから、
シューベルトの一味とは少し距離をおいた関係だったのかもしれない。

しかし、この家に、シューベルトは出入りするようになり、
有名なフレーリヒ姉妹などにシューベルトを紹介したのも、
ゾンライトナーであった。

なお、フレーリヒ姉妹の一人の恋人が、
詩人のグリルパルツァーであって、
彼の詩にシューベルトが作曲した曲に、
合唱用の「セレナード」がある。

この曲は、ゾンライトナーと結婚することになる、
ルイーゼ・ゴスマルの誕生日のために作曲されたのであるが、
これを依頼したのは、ルイーゼの師匠であった、
姉妹の長姉アンナ・フレーリヒであった。

何だか説明が難しくてややこしいが、
このように、ゾンライトナーは、
シューベルトになくてはならぬ重要な友人であった。

しかし、彼は、同時に、シューベルトの時間感覚のなさが、
定職に就けなかった理由であるとして書いていたり、
金銭感覚のなさが、彼の困窮の原因であると書いていたりして、
我々には耳が痛いところではある。

こうして見てみると、
シューベルトに、ヴォジーシェクの後任の仕事を勧めたのも、
この人ではないかなどと推測されてしまう。

実は、シューベルトとの関係ということで調べた、
「友人たちの回想」の中では、
今回のCDの作曲家ヴォジーシェクは、
このゾンライトナー家での演奏会の、
演奏者の一人として出て来るだけなので、
シューベルトとヴォジーシェクの個人的な交友関係はよく分からない。

しかし、ヴォジーシェクが亡くなってすぐ、
その後任になろうとしたという話からすれば、
「即興曲」という分野での繋がりがなかったとしても、
シューベルトはヴォジーシェクの名前を知っていたであろう。

さて、このCDの解説は廉価盤としては親切な方で、
1826年に書かれた、ヴォジーシェクを追悼する文の引用、
「長く患っていた非常に痛々しい病の末にヴィーンで没した」
「帝都は最も優れたクラヴィーアのヴィルトゥオーゾと、
趣味に溢れる作曲家を失った」から始まっていて、
10歳からプラハで学び、
トマーシェクの推薦状によって、
22歳でロプコヴィッツ家のピアノ教師となり、
モシュレス、フンメル、ベートーヴェンと交わったとある。

このあたりの解説は、この時代についての博学、
安田和信氏の訳なので信頼が置けるものだ。
この交響曲は1823年1月21日に完成されて、
2年後にヴィーンで初演され、29年に再演されたとある。
初演では、「多大な賞賛をもって」受け入れられ、
特に第一楽章とアンダンテがよく、
トリオは奇妙で、終楽章はそれほどでもない、
と書かれたという。

私も、そうした耳で聞こうとしてしまう。
まず、第一楽章は賞賛されたんだな、
という具合である。

ヴォジーシェクの「交響曲ニ長調作品24」
第一楽章はアレグロ・コン・スピリート。8分26秒。
ぼそぼそと呟くような、
しかし、ちょこまかと動き回る弦楽と木管が交錯。
すると、バーンと爆発して、動機風の発展が始まる。
ティンパニや金管の炸裂の中、
弦楽がうねうねと歌うのが第二主題であろうか。
ビーダーマイヤー風の爽やかなものであるが、
いつしか、序奏だか第一主題から発展した、
ジャーンジャーンの中に消えていく。

かつて、オンスロウを聞いた時にも思ったが、
この主題が、もにょもにょと消えて行く手法は、
ハイドンの主題労作から常套化した手法のようで、
いかにも、現在、音による建築物を打ち立ててます、
という自己顕示のようで、ちょっと抵抗を感じる。

もちろん、次々に主題を振り捨てて炸裂と、
リズムの強調を繰り返す推進力は素晴らしく、
再演の際に、「本当に見事な労作」と評されたのは、
当然のようにも見える。

また、ちょこまかと動き回る弦の動きなどは、
ピアニスト的な発想かもしれない。

第二楽章アンダンテは7分23秒。
CD表記は8分53秒とあるが間違いのようである。
非常に深刻なドラマの一情景のような雰囲気に満たされている。
低い弦楽の上に木管が警告音を吹き鳴らし、
ハムレットのシーンのような、不気味な気配が満たされて行く。
そこに、時折、ベートーヴェンの「英雄」風に明るい動機が明滅する。
何やら、深刻なものから解放される予感のような気配があると思うと、
低音で、もぞもぞと不安な動きが始まって、聴衆に喚起するものが多い。
何か、特別な状況を想定した描写音楽かもしれない。
初演でも好評だったというのも理解できる。

第三楽章はスケルツォでアレグロ・マ・ノン・トロッポ。
6分25秒。
これはメンデルスゾーンのスケルツォを乱暴にしたみたいなもの。
何だか邪悪な感じすらするこのダークな雰囲気が特徴的で、
武骨な中に、弦楽と木管のかけ合いも美しい。
トリオは、木管にホルン信号が穏やかな牧歌を奏で、
ドヴォルザークを想起させるような解放感もあって、
初演で「難儀」とされた理由は不明。
この楽章、縦横無尽のオーケストレーションが、
ラロあたりの交響曲も暗示して、極めて先進的である。

第四楽章は、アレグロ・コン・ブリオで5分59秒。
初演で、それほどでもない、と書かれた部分であるが、
無窮動風で、力任せで、
確かに方向が定まらないような感じもする。
しかし、何らかのエネルギーは渦巻いている。

よく解説を読むと、1823年1月10日に、
帝室オルガニストに任命されており、
同じ年、同じ月の21日に、この曲は作曲されているので、
公職を得る前のもやもやした気持ちから、
こうした作品が出て来たような感じもする。

この楽章でも気になるのは、メロディーが形をなす前に、
消失しながら炸裂を繰り返すこと、
ヴァイオリンの音型が、ちまちま動くのが小手先感を与える点である。

この解説では、このように完成された交響曲は、
「最も優れた音楽通で、手稿譜や作曲家の肖像画の熱心な蒐集家」
であったアロイス・フックス氏に献呈されたとあるのが気になった。

訳注もあって、フックスはモラヴィア出身の音楽学者で、
バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの
自筆楽譜を収集・整理して、ハイドン、モーツァルトの作品目録は、
貴重な資料となっていると書かれている。


このフックス氏は、
「シューベルト 友人たちの回想」にも登場するが、
ここに収められた、いくつかの資料もまた、
この人の資料によるものであるという。

シントラーは、この人はあまり、
シューベルトのことを気にかけなかったと書いているが、
シューベルトの失われたカンタータの、
発見の呼びかけを行った人としても登場していて、
何だかよく分からない。

古い音楽の蒐集家というので、
シューベルトより年配の人かと思ったが、
1799年生まれでシューベルトより若く、
1853年まで存命だったらしい。

ヴォジーシェクよりは10歳近く若く、
なおかつ、同じオーケストラのチェロ奏者でもあった。
従って、ハイドンやモーツァルトの楽譜を集めるのと、
ヴォジーシェクの献呈を受けるのでは、
次元の異なる話であったはずである。

解説での書き方だと、フックスのような通の好んだ楽曲と、
読めてしまうが、そうであろうか。

なお、このアルテ・ノヴァのCDは、ヴォジーシェクの後に、
ルカーシュという聞き慣れない作曲家の作品が収録されている。
25分ほどのピアノ協奏曲で、
てっきり、ヴォジーシェクと同時代の、
忘れられた作曲家だと思いこんで入手したが、
1928年生まれのチェコの作曲家であった。

ピアノはイトゥカ・チェコヴァという女流で、
写真を見るかぎり、キュートな若手に見える。
1993年、彼女を想定して作曲されたとある。
しかも、95年7月9日に初演されたとあって、
この曲の録音日が同じであるので、
「世界初録音」とあるのは、
むしろ、「世界初演の記録」と書くべきではなかろうか。

緊密に関連付けられた5つの部分からなる、
とあるが、トラックが一つしかないのが残念である。

私は、最初、メシアンとバルトークの響きを感じたが、
プロコフィエフの進化形のような感じもする。

一方で、ファリャの「スペインの庭の夜」のような、
香しい色彩美にも溢れていて、
ヴォジーシェクの録音以上に興味深い部分も多い。

チェコで最も著名な作曲家の一人で、
共産体制を生き抜いたということなので、
実験のための実験をしているよりも、
様々な問題に向き合っていた可能性もある。
これは勝手な憶測であるが。

内容はかなり激烈で、チェコヴァは強烈な打鍵を響かせるが、
ピアノはオーケストラの一部として目立つ程度という感じにすぎない。

ただし、静謐な部分は神秘的で、
後半になって次第に、
メロディーのようなものが形成されて行くのも美しい。


b0083728_232455100.jpgさて、ヴォジーシェクの
「交響曲」作品24に戻ろう。
この作品、2008年には、
別の演奏でも、日本盤で紹介されている。
シューベルトとの関係が気になったか、
ここではシューベルトの交響曲第一番と、
カップリングされていたので、
多くのシューベルト・ファンが
耳にしたと思われる。
演奏はヘンゲルブロック指揮の、
ブレーメンのカンマーフィルである。


このCDも廉価盤で出たので入手しやすい。
そうでなければ、私は購入しなかったかもしれない。

このCDは、ドイツ・ハルモニア・ムンディの企画であるが、
日本で出た時は、先のアルテ・ノヴァと同様、
BMGジャパンから発売されている。

BMGジャパンは、ひたすら、リスクを冒して、
知られざるヴォジーシェクの交響曲を発売していることになる。
こちらの録音は、1996年なので、アルトゥリヒテルの翌年。

このCDもまた、意味不明なデザインで悩ましい。
現代画家の抽象作品であろうが、
当時のボヘミアの風景画でもあしらっていたなら、
もっと、買う人がいたとは考えられないか。

私は、このCDの指揮者、ヘンゲルブロックと、
ハーゼルベックを混同していた。
ハーゼルベックはオリジナル楽器のオーケストラで著名だが、
ヘンゲルブロックのオーケストラは、現代楽器に、
オリジナル楽器テイストを入れたもののようである。

解説によると、
フライブルク・バロックオーケストラの創設者とあるが、
この楽団は、C.P.E.バッハの作品などで、
めざましい成果を上げていたのを思い出した。

このような人のものであるがゆえに、
この演奏、さらに明晰さを増した演奏となっているが、
それによって、この曲が、
見違えるようになったというものではない。

後半に収められたシューベルト16歳の交響曲の方は、
要所要所を、びしっ、びしっと決めた快演で、
各楽器の響きも澄んでいる。
ただし、情緒的に浸るようなものではない。
様々な演奏で聞き比べられるこの曲は、
やはりマスターワークであって、
どのようなアプローチであろうとも、
素晴らしい存在感を放っている。

このカップリングは、実は問題であって、
シューベルトとヴォジーシェクが同時代人で、
同規模の作品であるがゆえに、
何となく、同時代の作品のような印象を抱かせるが、
シューベルトの作品は、ヴォジーシェクの交響曲の10年も前の作品。

ヴォジーシェクの交響曲が書かれた頃、
シューベルトは、すでに、「未完成交響曲」の危機の最中にあった。
おそらく、ヴォジーシェクの交響曲のような、
主題労作風の、細切れ素材交響曲には、
シューベルトは興味を持たなかったかもしれない。
彼は、むしろ、美しいメロディーの永遠を、
交響曲という枠組みで昇華させたかったはずである。

なお、このCDの解説は、さらに充実したもので、
廉価盤でありながら、9ページの大作である。
(アルテ・ノヴァの盤は見開きで2ページ。)

シューベルトについての解説が1ページ半、
ヴォジーシェクの解説が1ページ。
指揮者へのインタビューが3ページで、
演奏者の解説が3ページ半もある。

バランス的に演奏者についてが長すぎて、
ヴォジーシェクについてが短いが、
インタビューで、そこそこフォローもされている。

そこに行く前に、ヴォジーシェクについてもみておきたい。
ラツェクという人の解説を掘朋平という人が訳している。
東北ボヘミアのヴァムベルクに、オルガニストを父として生まれ、
プラハ大学に入って哲学、美学、数学、法学を学んだとあり、
シュポアやドゥシェックの作品を知ったとある。
ヴィーンに出て来た時の目的は少々意味不明で、
「シューベルト 友人たちの回想」にもあったように、
そこで官吏になったようで、
1822年まで法律の勉強をしていたとあったり、
楽友協会の指揮者に応募して失敗したとあったりする。
やはり、師匠トマーシェクが百科全書的知識人であったから、
弟子も何でも出来ると考えたのだろうか。

二足のわらじを諦めたシューベルトとはまるで生き様が違う。

さて、解説によると、キーゼヴェッターの知遇を得て、
芸術的発展があったとあるが、
この人もまた音楽史家であると同時に、
宮廷参謀会議の役人で、
ギリシャ、エジプト、アラブ、中世、
フランドルの音楽の最初の研究者であったとある。

その娘がシューベルト歌曲の伴奏を得意とし、
この人のサロンでは、
シューベルトばかりの作品を歌った会があったようで、
シューベルトは「もう沢山です」と言って、
顔を赤らめた事もあったようであるから、
このキーゼヴェッターによって、
ヴォジーシェクはシューベルトを知っていたに相違ない。

ヴォジーシェクは肺結核で亡くなったようだが、
鍵盤音楽、室内楽、交響曲、歌曲、教会音楽を残しているらしい。

この鍵盤音楽の一つが、おそらく「即興曲」だったのであろう。
しかし、歌曲を書いているなら、
ハイペリオンのCDに、是非、彼の作品を加えて欲しかった。

指揮者のヘンゲルブロックは、CD解説に併録されたインタビューで、
「忘れられているのは、ヴォジーシェクがシューベルトの作曲活動に
少なからず影響を及ぼしたという事実です」と言っており、
私は大いに期待したが、
「例えばヴォジーシェクの即興曲は、
シューベルトの即興曲のまさにお手本となっています」
とあって、がっかりした。
これ以上のことは、誰も言ってくれていないし、
これが本当なのかも、誰も例証してくれていない。

ヘンゲルブロックは、ヴォジーシェクは、
「ボヘミアのベートーヴェン」と呼ばれていたと書き、
たった一作のこの交響曲が、
「この時代に書かれた中ではきわめて力強い、
感動的な曲だと思います」と言ってもいて、
最も重要な楽章として第三楽章をあげている。
「その幻想性と、先へと駆り立てて行く前進的な身振りという点で、
19世紀前半の交響曲の中でも傑作に数えられます。」

こうした思い入れのある指揮者が録音した作品には、
是非とも神妙に傾聴したくなる。

また、この指揮者は、
ヴォジーシェクがベートーヴェンに直接会った事、
演奏もして作品も見せたことにも触れ、
この作品が楽聖の影響下にあることを強調。
ベートーヴェンの作品と同じ編成で、
三重協奏曲を書いていることも指摘している。

これもまた、是非、聴かせて欲しいものだ。
この指揮者は続くインタビューで、
マンネリ化したコンサートプログラムに対抗し、
新しくわくわくするような音楽体験を提供したいと書いているので、
今後の活躍に非常に期待が膨らむ。

ただし、この指揮者の興味は、
スカルラッティからバルトークに到るようで、
必ずしも、ヴォジーシェクばかりを取り上げてくれる訳ではなさそうだ。

得られた事:「トマーシェク、ヴォジーシェクは、同じボヘミア出身のキーゼヴェッター、フックスといったインテリラインに属し、シューベルトとは違った、ハイカラ知識人軍団であった。」
[PR]
by franz310 | 2009-05-30 23:40 | シューベルト
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>