excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
全体
シューベルト
音楽
現・近代
古典
オンスロウ
レーガー
ロッシーニ
歌曲
フンメル
どじょうちゃん
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
お気に入りブログ
最新のコメント
新さん大橋先生の活躍した..
by ナカガワ at 11:05
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 23:55
はじめまして。 レクイ..
by KawazuKiyoshi at 13:28
切り口の面白い記事でした..
by フンメルノート at 11:49
気づきませんでした。どこ..
by franz310 at 11:27
まったく気づきませんでした。
by franz310 at 15:43
すみません、紛らわしい文..
by franz310 at 08:07
ワルターはベルリン生まれ..
by walter fan at 17:36
kawazukiyosh..
by franz310 at 19:48
すごい博識な記事に驚いて..
by kawazukiyoshi at 15:44
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その429

b0083728_232138.jpg個人的経験:
ヴィヴァルディが、
自らの手で、
皇帝に捧げた協奏曲集、
「ラ・チェトラ」を聴いた。
が、それは作品9として
広く流布している
「ラ・チェトラ」とは、
まったく異なるものだった。
ヴィヴァルディは、
出版用の「ラ・チェトラ」と、
献呈用の「ラ・チェトラ」の
2種を用意していたのだ。


前回は、マンゼが再構築した、
手稿譜版(そして作曲家自ら、皇帝に渡した)
を聴いたが、今回は、作品9をちゃんと聴きたい。

幸い、私は、レイチェル・ポッジャーが録音した
チャネル・クラシックスのものを持っている。

このSACDの表紙は、陶酔した表情で弾く、
この演奏家の演奏風景を収めたものだが、
右隣で、どうように陶酔しているのは、
この曲集で唯一の、
2台のヴァイオリンの協奏曲で共演した、
もう一人の独奏者、ステーンブリンクなのだろう。

黒いバックに黒い衣装で、
どうも目立たない写真のはずだが、
ポッジャーの金髪と、
演奏者の名前と、曲名のアイコンが華やかで、
妙におしゃれな装丁に仕上がっている。
ロッテルダムのデザイン事務所の作。

私は、昔、ピノックがバッハを演奏した時、
新任のコンサート・ミストレスになったばかりの、
この女流ヴァイオリニストを聴いたので、
この人の録音を見るたびに、あの頃の事を思い出す。

このように、表紙にばーんと出る事の多い人でもある。

あれから20年くらい経って、
ポッジャーは自分でアンサンブルを組織したりして、
すっかり大家になってしまったが、
熱く語っている解説を読んでも、
そのことが実感される。

「2003年にヴィヴァルディの
ヴァイオリン協奏曲集
『ストラヴァガンツァ』作品4を録音して以来、
私はモーツァルトとバッハに、
ディスクでは集中して取り組んできた。
しかし、今や、私は、
このヴェネチアの巨匠の許に
戻って来るべき時だと感じている。」

立派な世界的名声を背景にしなければ、
こういう言葉はなかなか書けないが、
彼女にあやかって言えば、
ヴィヴァルディの音楽には、
確かに、何か、原点として、
常に戻って来たくなる気持ちが働くのは確かである。

これは、まさしく、
こうした一線の名手にとっても、
ヴィヴァルディが、
単なる「四季」の作曲家ではなく、
古典だということであろう。

「今回、私は『ラ・チェトラ』と題された、
12曲のヴァイオリン協奏曲からなる
作品9を選んだ。
この曲集には、ちょうど、
『ストラヴァガンツァ』のように、
沢山の宝石が詰まっているが、
多くの、しばしばエキゾチックな、
実験効果を含んで、
独奏者にさらに高い要求を突き付けるものだ。
そのうち二曲は、
スコルダトゥーラという、
選ばれた故意の非正規の調弦をするもので、
特別な共鳴を楽器に与え、
普通の調弦ではできないような指遣いを可能とした。」

この曲集は、音楽好きの皇帝を喜ばせるべく、
かなり前衛的なものである。

「この曲集が私を捉えるのは、
オーケストラのリトルネッロ、
ソロのパッセージからなる、
ヴィヴァルディ一流の確固とした形式の中、
様々な曲の性格や表現があるからだ。
これは親しみやすく、魅力的で、
聴くものを高度に満足させるもので、
娯楽のために書かれ、
楽しめるものなのだ。
一例に最初の協奏曲を取り上げると、
それは、ハ長調という調性が、
テクスチャーを通して、
明かりが漏れてくるような感じを与える。
これは、空虚で喪失感さえ感じさせる
ハ短調の緩徐楽章と、
強いコントラストをなす。
雰囲気は終楽章の楽しい舞曲に移るが、
最初の生き生きとした、
希望ある音楽となる。」

第2協奏曲のコメントはないが、
この文章の最後に、ちょっと紹介がある。
まず、第3協奏曲の解説が来る。

「ト短調の第3協奏曲は、
開始部のリトルネッロでは、
ため息の音型が現れ、
衝撃的な、書き下されたメイン・ビートの
アッポジャトゥーラの素晴らしい効果によって、
私たちを異なる世界へと我々を連れ去る。
リトルネッロでくり返される音型で表現され、
それらはメランコリックな物語を、
忘れられない情感で語る。
この一見、無垢に見える装飾の中の、
表現の深さを発見することは、
一種の啓示である。
最初は単調に見えるパッセージが、
リハーサルの間に、
命を吹き返し、
解き放たれる。
私は、いつも、こうした暗示された表現を、
引き出して強調するのが好きで、
たった一つのフレーズにも、
もっと多くのものを、
真実として見出す。」

第4協奏曲は、かなりすっきりとした紹介。

「ヴィヴァルディのドラマは、
何度も何度も繰り返される
コントラストと驚きによってできている。
私たちは、これを第4協奏曲では、
大きな音の和音と、
優しい16分音符の対比に聴く。」

第3、4、5の協奏曲は、
続けて解説されている。

「第5協奏曲には、
熱狂する幻想の感覚があるが、
それは、ゆっくりとした和音の
断固たる序奏に続く、
短くリズミカルな8分音符の連続と、
ヴィヴァーチェのトリプレットの
ソロ・ラインによって高められる。」

第6、第7協奏曲の紹介はなぜかない。

「第8協奏曲はまったく異なり、
第1楽章のテクスチャーにおいて、
そのリトルネッロは半音階的で複雑、
各声部は互いに綱引きをしているように見える。
私は、J.S.バッハは、
この曲が好きだったのではないか
などと考えてしまう。」

第9協奏曲はダブル・コンチェルトだが、
この文章の最後に少し触れられる程度。

「第10番の第1楽章において、
ヴィヴァルディはソロの
ほぼ絶え間ないアルペッジョで実験をしており、
アルペッジョが好きな、
あるいは、それが大嫌いな
彼の生徒のために書いたのかもしれない。
その高度に技巧的な書法は、
冷静さとテキパキとした手を要求する。
私は、あまりにも面白くて、
返って心が落ち着くほどだ。」

第11協奏曲ハ短調の紹介はない。
しかし、下記のように、ポッジャーのお気に入りが、
しっかり語られるのは良い。

「現時点で、私のお気に入りは、
おそらく最後の協奏曲、第12番ロ短調である。
これは、この曲集で、
スコルダトゥーラの調弦をした2曲目で、
今回は、最低弦をGからBに長三度上げて、
最高弦をEからDに一音下げている。
ヴァイオリンの音は、
この方法でヴィオールのような響きになり、
ロ短調で美しく共鳴する。
この作品の書法は内向的で物思いに耽るものだが、
進行するにつれ、劇的な興奮にも至る。
この音色は、開始部から聴かれ、
変わらず効果的で、
これによって強く、パワフルだが、
同時に不安定さを感じさせる。
もちろん、最高の意味でだが。
オランダ・バロック・ソサエティ(HBS)は、
これに楽しんで取り組み、
このプロジェクトの間に、
彼らが作りだした
落ち着いた、しかし、
エネルギッシュな雰囲気が、
私は好きだった。
私たちのコラボは自然で問題なく進んだ。
この曲集でたった一曲の二重協奏曲での
ジュディスとの共演は、実り多かった。
第2番の緩徐楽章でオッタヴィーノを加えるのは、
ティネケのアイデアで、
この協奏曲に魔法の触感を加えた。
私は、特にHBSのコンティヌオ・セクションとの、
積極的なアイデアのやり取りを楽しんだ。
ティネケ、トメック、ダニエーレの
語られざるチームワークと心の交流を見ることは、
良い経験となり、本当に刺激となった。」

ここで紹介されている、
オランダ・バロック・ソサエティ(HBS)は、
この国の志ある奏者たちが、
自発的に集まって作った団体のようで、
このCDのように、
プロジェクトごとに、
有名な演奏家を招いて共演することでも知られる。
だから、物申すコンティヌオ・セクションなどが
存在するのであろう。

さすが、こうした団体ゆえ、
ポッジャー一人に解説を任せることはない。

「オランダ・バロック・ソサエティから、
アントニオ・ヴィヴァルディへの手紙」なる、
趣向を凝らした一文が寄せられている。

書いたのは、先のポッジャーの文章にも出てくる、
「ジュディス」、つまり、
この団体の女性ヴァイオリニスト、
ジュディス・ステーンブリンクである。

「著名なるアントニオ・ヴィヴァルディ閣下、
これらの12の協奏曲集を謹んで奉ります。
あなたのスタイルや味わいにしたがって、
出来る限り説得力を持って、
私たちはあなたの曲集にベストを尽くしました。
この録音を進めるうち、
各曲はまったく新しい音楽を開陳し、
私たちの楽器は次々に新しい驚きに導いてくれました。
何とあなたは魅力的な作曲家なのでしょうか。
たった2.5小節のフレーズだけを見ても、
そこには半分になった主題があり、
それが何の予告もなく思いがけない調へと飛ぶのです。
このCDに収められた協奏曲は、
ヴィヴァルディ閣下、
本当にあなたらしいもので、
珍奇なものではなく自然で、
輝かしく驚きに満ちています。」

このあたり、演奏者たちの興奮が伝わってくるようである。
ポッジャーも同様の事を書いていたので、
よほど、スリリングな体験だったのであろう。

この人は、何故か、「第4」から書き始めている。
この曲も、ポッジャーがまた特筆していたから、
きっと録音中に、何か気づきがあったのだろう。

「例えば、第4協奏曲には驚かされます。
騒がしいフォルテの和音と、
ピアノの16分音符が対比されており、
オランダ・バロック・ソサエティは、
尋常ならざるスケールとディナーミクを強調しました。
アントニオ・ヴィヴァルディさん、本当にありがとう。」

彼女の記憶に、特に残った協奏曲が、
取り上げられているのだろうが、
「ラルゴ・カンタービレ」の表記を持つものは、
下記、第10だけのようだ。

「協奏曲第10番のラルゴ・カンタービレでは、
この曲集で、他にも見られますが、
コンティヌオ奏者のバスラインから、
高い弦楽器群が支配権を奪っていますね。
私たちは、第10協奏曲は、
本当にチャーミングに作られていると思います。
ヴァイオリンやヴィオラが
一緒になってかき鳴らす音符に、
バスラインは柔らかく優しく丁寧に寄り添います。」

ここで、最初の協奏曲の解説となるが、
何故、最初にこれを書かなかったかは不明。

「第1協奏曲の第1楽章を作った方法は、
フランス語で言うところの
『mignon(キュート)』だと思います。
五度圏の最初の調性、ハ長調は、
しばしば、明るく、平明、
センプリーチェだと言われています。
そして、それこそ、あなたが、
この協奏曲の音色に与えたものです。
さらに言うと、高貴なるヴィヴァルディ閣下、
あなたは、口ずさんだり踊ってみたくなったりすることが、
困難なような、
とっつきやすいシークェンスを書きました。
ああ、しかし、私たちは、
あなたのピエタの生徒たちではない。
その特権は私たちのものではない。」

この「特権」とは、ヴィヴァルディが、
想定したのは、彼の生徒たちであった、
ということを強調しているのであろうが、
この曲集がカール6世を想定したものであることを、
この「手紙」では忘れているか、
無視しているようである。

「しかし、レイチェル・ポッジャーの
素晴らしいヴァイオリン演奏の音色は、
ピエタの比類なき首席ヴァイオリニスト、
あなたの一番弟子、アンナ=マリアを
想起させるものでした。」

このあたりも皇帝閣下のことを無視しすぎであろう。

「閣下、あなたは、
出版社のエスティンネ・ロジャーと近づいた、
アムステルダムの事を知っているでしょう。
今、その300年後、ワローン教会で
あなたの協奏曲集は演奏されました。
ここは、赤線地区内にあるものの、
非常に素晴らしい音響で知られているからです。
しかし、あなたの音楽がその天上に届くや、
私たちは、ラ・ベラ・ヴェネチアにいるように感じます。」

この教会は、
Waalse Kerkというのが、
オランダ語表記のようで、
ネット検索すると、外観は控えめながら、
清潔で広々としたアーチ空間が美しい内部の写真が出てくる。

また、ベラ・ヴェネチアは、
「歴史ある16世紀の建物内にある
ホテル・ベッラ・ヴェネチア・ヴェニスは、
伝統的なヴェネチアン・スタイルは保ちつつ、
完全改装されています」という四つ星ホテルがヒットする。

「私たちは、多くの献身と努力と楽しみの許、
このCDを作り上げました。
そして、ヴィヴァルディ閣下、
あなたが、この技法と色彩を楽しみ、
私たちが、あなた様の素晴らしい協奏曲集を演奏した時の、
喜びまでを聴きとって下さることを祈ります。」

このように、各曲の楽しみ方は、
レイチェル・ポッジャー(RP)や、
ジュディス・ステーンブリンク(JS)が、
かいつまんで紹介してくれている。

それを下記に、再度、書きだして、
CDの鑑賞に入ろう。

Track1.~3.
第1協奏曲:
「テクスチャーを通して、
明かりが漏れてくるような感じを与える。
空虚で喪失感さえ感じさせる
ハ短調の緩徐楽章と、
強いコントラストをなす。
雰囲気は終楽章の楽しい舞曲に移る。」(RP)

「『mignon(キュート)』なもの。
ハ長調で、明るく、平明、
口ずさんだり踊ってみたくなったりするもの」(JS)

オルガンの鄙びた響きに、
打楽器的な扱いのチェンバロや、
リュートが重なって、
いきなり、はちゃめちゃな色彩感、
民族音楽みたいな序奏で圧倒される。
増強されたコンティヌオが、
グラマラスに膨らみ、
そんな中から艶やかなヴァイオリンが立ち上って来る。

テクスチャーから漏れ出す光とはこのことであろうか。

確かに協奏曲という感じより、
ヴァイオリン独奏付、
これが出たりひっこんだりする舞曲みたいな感じがする。

第2楽章のラルゴでも、
物憂げなヴァイオリン独奏を、
かなりおせっかいな通奏低音たちが、
豊かな響きで取り囲む。

第3楽章は、いくぶん影がある音楽で、
オーケストラがはやし立てる中、
独奏ヴァイオリンは、
一心不乱に没入するような旋回を続ける。

ポッジャーが言うような、
「楽しい舞曲」で始まるが、
どんどん、喪失感が蘇るような感じもする。
実際に演奏している人が言っている事の方が、
きっと正しいのだろうが。

この後の曲でも思うのだが、
これだけ通奏低音群が多彩に強大になると、
さすがの独奏ヴァイオリンも、
いささか分が悪く、何となく、
多勢に無勢という感じがしなくもない。

ステーンブリンクは、
「キュートな協奏曲」というがそうだろうか。

Track4.~6.
第2協奏曲:
「緩徐楽章でオッタヴィーノを加えるのは、
ティネケのアイデアで、魔法の触感を加えた。」(RP)
とあるだけのもの。

ごろごろした音楽の、
気難しい序奏から、
朗らかなヴァイオリンが歌い出すイ長調協奏曲。

第2楽章、オッタヴィーノは、
高い音の出るチェンバロのようだが、
オルガンのふわふわした触感に、
きらきらとした点描を散りばめている。

終楽章は、朗らかで楽しい、
誰からも好かれそうな直球の音楽であるが、
時折、屈折した影がよぎる。
こうした点を、ポッジャーもステーンブリンクも
特筆しているのであろう。
刻一刻と気分を変えながら、
まったくもって不自然さなく移ろう。

Track7.~9.
第3協奏曲:
「開始部のリトルネッロでは、ため息の音型が現れる。
衝撃的なメイン・ビートの
アッポジャトゥーラの素晴らしい効果によって、
私たちを異なる世界へと我々を連れ去る。
リトルネッロでくり返される音型で表現され、
それらはメランコリックな物語を、
忘れられない情感で語る。
無垢に見える装飾の中の、表現の深さ。」(RP)

この曲は、オペラの中の悩ましい場面を想起させる、
かなり劇的なもの。
ポッジャーが「異なる世界」と書いたのは、
妙にうまい表現だと思った。
単純な音形を繰りかえすほどに、
切迫した感情が掻き立てられるのも確か。

ト短調といえば、モーツァルトが有名だが、
この協奏曲の情念のたぎりもすごい。

第2楽章の悩ましさも、
そのまま心の形になりそうだ。

第3楽章は、いささか外向的であるが、
悩ましいソロと、
風雲急を告げるオーケストラの嵐は、
いかにもヴィヴァルディ的である。

Track10.~12.
第4協奏曲:
「大きな音の和音と、
優しい16分音符の対比に、
繰り返されるコントラストに聴く、
ヴィヴァルディのドラマ。」(RP)

「騒がしいフォルテの和音と、
ピアノの16分音符が対比され、
尋常ならざるスケールと、
ディナーミクを強調して演奏。」(JS)

この曲は、二人の意見がほとんど同じで、
彼らが、意気投合して事に当たった事が想像される。

じゃんじゃんじゃんと、
ちょこまかちょこまかの対比がくどい。
よくも、これだけで音楽になっているな、
などと考えてしまう。
この隙間で、独奏ヴァイオリンが、
何やら、ちまちまと言いたい事があるような、
もどかしい音楽を奏でている。

オーケストラのじゃんじゃんじゃんで、
この逡巡を叩ききって欲しい。
そう思うと、本当にそんな風に終わった。

この強烈な序奏のやり方にすることで、
晩年のオペラの序曲のイメージが重なって来る。

第2楽章もまた、もどかしさの音楽。
澄んだ音色の独奏ヴァイオリンが、
この込み入った状況を、
素晴らしい透明感で聴かせる。

終楽章は、ばんばんと撥弦楽器がかき鳴らされて、
非常に勢いのある音楽で、
歯切れの良いリズムと、痛快なヴァイオリンで、
前半2楽章のいじいじ感が払しょくされる。
音楽が大きく深呼吸している感じが気持ち良い。

Track13.~15.
第5協奏曲:
「熱狂する幻想の感覚。
ゆっくりとした和音の断固たる序奏に続く、
短くリズミカルな8分音符の連続と、
ヴィヴァーチェのトリプレットの
ソロ・ラインによって高められる。」(RP)

凶暴なイ短調協奏曲。
あるいは、フラメンコの熱狂。
戦場の砲火をかいくぐるような音楽であり、
一瞬の油断もならない。
オーケストラの主力部隊に、
どんぱちと合いの手を入れる通奏低音軍団。
独奏ヴァイオリンは生きて敵地から帰れるのだろうか。

続けざまに呪術的な第2楽章に入るところも、
まるで、フラメンコのように粋である。

終楽章は、非常にゴージャスなメロドラマ。
独奏チェロのニヒルな響きも効果的。
そこに、ばちんばちんと低音楽器のリズムが入る。
それにしても、変幻自在な曲集である。

Track16.~18.
第6協奏曲:
この協奏曲には、ポッジャーも
ステーンブリンクも言葉を残していないが、
スコルダトゥーラの調弦をした不思議な音色の曲。

序奏からして期待感が高まる、
楽しい感じの名曲で、フーガ的な処理や、
大胆な陰影など、非常に魅力的である。

独奏ヴァイオリンが、スコルダトゥーラの効果か、
いくぶん、エキゾチックな憂いで響き、
共鳴の効果か、何だか、分身を伴うような錯覚があり、
神秘的ですらある。

第2楽章は、礼儀正しいご挨拶のような楽想で始まるが、
独奏ヴァイオリンは、そんな建て前は横目で見ながら、
こそこそと影で不満を述べている。

終楽章は、楽しくリズミカルな跳躍舞曲。
ヴァイオリンは、調弦のゆえか、どうも、
心に何かを秘めているような感じがするが、
一応は、この舞曲の中で主体的な働きを見せている。
そんな個人の思惑は別にして、
大きな流れが、押し寄せては去る。

あるいは、これは、皇帝の力の前に屈する、
作曲家自身の肖像画であろうか。

今回は、このように二枚組CDの1枚目を聴いた所で、
一区切りとする。

得られた事:「ヴィヴァルディの作品9『チェトラ』は、独奏ヴァイオリンの特殊調弦など、『エキゾチックな実験効果を多く含むもの』である。私は、前半では5番、6番が好きだ。」
「独奏部はいじけた感じ、あるいは一物を秘めた感じのものも多く、豪快なオーケストラと、強大な伏兵のような通奏低音群によって、こてんぱんにやられている。王と音楽家の関係か。」
[PR]
by franz310 | 2015-04-25 23:21 | 古典 | Comments(0)

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その428

b0083728_13354965.png個人的経験:
ヴィヴァルディの「四季」は、
彼の8番目の出版された曲集、
作品8に含まれる4曲であるが、
それに続く作品9は、
曲集全体で「ラ・チェトラ」
と題され、前作から2年して、
アムステルダムで出版された。
「ラ・チェトラ」は竪琴とされ、
作品9の10などに、
分散和音が散りばめられているので、
この曲集を代表するものとされた。
が、ここで述べるのは、同名異曲である。


イ・ムジチやグリュミオーの
LPの帯などで、昔から、
「お気に入り」とか、「恋人」といった、
ヘンテコなタイトルの曲が
ヴィヴァルディの協奏曲には
あることは知っていたものの、
何しろ、膨大な作品を残した人の仕事であるから、
おおかた、彼とは無関係の誰かが、
勝手につけたニックネームであろうと、
それらが、どのような経緯で作られたものかなど、
考えようと思った事もなかった。

実は、この「お気に入り」も「恋人」も、
作品9の「ラ・チェトラ」には含まれていないが、
今回、聞いて見ることにした、
「ラ・チェトラ」という曲集を扱ったCDには含まれている。

このように、実にややこしいのが、
この「ラ・チェトラ」なのである。

チャンドラーのCDなどで、この曲集が、
実は、「竪琴」そのものよりも、
統治のために、それを操る
皇帝を表していることが分かった。

やり手興行主でもあった、
ヴィヴァルディ一流のおべんちゃら作戦で、
これらの曲集は、当時の神聖ローマ帝国皇帝、
カール6世に捧げられているらしい。

今回のCDは、マンゼが演奏したものだが、
まさしく、タイトルには
「皇帝のための協奏曲集」とある。
晩年のヴィヴァルディが、
カール6世を頼ってヴィーンに向かった話は、
「メッセニアの神託」のCDで読んだが、
皇帝に実際に渡したと思われ、
実際、ヴィーンに保管されていた曲集が、
このCDには収められているわけだ。

ただし、この表紙の絵画は、
ガブリエーレ・ベッラという、
ヴィヴァルディより2世代ほど若い画家が描いた、
「サンマルコ広場のざんげ火曜日のお祭り」
とあって、皇帝と何か関係があるわけではない。

「ざんげ火曜日」とは、「灰の水曜日」の前日とあるが、
様々な反省を行う「四旬節(レント)」を前に、
民衆が浮かれているのであろうか。

よく見ると、聖職者みたいなのが建物の回廊に並び、
彼らを観客として、見世物を披露しているように見える。

では、演奏しているアンドリュー・マンゼ自身が書いた、
解説を読んで行こう。
ちょうど、シューベルトが亡くなった年から、
100年前の話から書き始められている。
ヴィヴァルディの野心と、世の習いが、
読み取れて泣ける内容である。
ヴィヴァルディは1678年生まれだから、
ちょうど、50歳の年のこと。
カール6世は、1685年の生まれで43歳。

「1728年9月、ハプスブルクの統治者、
オーストリアの大公でドイツ、ハンガリー、ボヘミア、
そしてスペインの王、神聖ローマ帝国の皇帝であった、
カール6世は、トリエステの港を視察すべく、
カルニオラ公国を訪れた。」

読み始めてすぐで情けないが、
私は、これがどのあたりか、
良くわからなかった。
ネット検索すると、オーストリアとイタリアの
境目の東あたりに、挟まれた地域があり、
スロベニアと呼ばれている国がヒットした。

「ヴィヴァルディは、ヴェネチアの北東
80マイルを旅して、皇帝に謁見した。
彼らが会った事があったか、
少なくとも文通していた事を示唆する、
作品9の『ラ・チェトラ』と題された
12曲の協奏曲を、
ヴィヴァルディは前年、皇帝に献呈していたが、
この二人が、これより前に、
会った事があったかどうかは分からない。
ヴェネチアの神父、アントニオ・コンティが、
フランスの女性、Mme de Caylusに
書き送り、今でも残っている2通の手紙によると、
この面会は、得る事の少なかった旅における、
皇帝にとってのハイライトだったようである。
9月23日、コンティは、
『皇帝は、トリエステで不機嫌であった。
彼は、ヴィヴァルディと音楽について、
長時間語り合い、彼は、2週間の間に、
大臣と2年間の間に話す以上に、
ヴィヴァルディと話をしたと言われる。
彼の音楽に対する入れ込みはとても強いのです。』
そして、もう一つの手紙では、
『皇帝は、ヴィヴァルディに多額の金銭、
チェーンに金のメダルを贈った』と書いている。」

ここまでは、うまく行った話、
50歳を迎えた円熟のヴィヴァルディが、
遂に、皇帝にまで認められた瞬間にも見える。
多くの人は、これは、これで、ヴィヴァルディの芸術が、
遂に、認められた美談として満足するところである。

が、さすが、マンゼ、良いところを読み取っている。

「現金や宝飾品はヴィヴァルディが、
歓迎するものではなく、
おそらく、彼が望んでいたもの、
つまり、宮廷楽長の一人になること、
ではなかった。」

社長賞は貰ったが、出世は叶わなかった、
という感じであろうか。
もし、ヴィヴァルディが、それを期待して、
いそいそと、200キロだかの旅をしていたとしたら、
栄光の瞬間ではなく、大いなる失意の瞬間であったに相違ない。

大臣との会話より、多くの時間を割いたという、
皇帝に対しても、ヴィヴァルディの心は空しく、
心ここにあらずで、会話していたのかもしれない。

この失望は、約100年後に、
シューベルトが味わう事になるものである。
1826年4月、シューベルトは、
宮廷教会副指揮者の公募に応募し、
翌年1月の最終決定で、望みが砕かれた。

50歳のヴィヴァルディは200kmの旅をしたが、
30歳のシューベルトは9か月待って、
現実を突きつけられる事になった。

「全ての芸術の中で、皇帝は特に音楽を愛好した。
彼の祖父、フェルディナント3世と同様、
また、父のレオポルド1世と同様に、
カール6世は、特に教会音楽の有能な作曲家であって、
寛大なパトロンであった。
彼は、作曲の師匠であり、宮廷楽長であった、
ヨハン・ヨーゼフ・フックスの著した、
西欧音楽理論として、最も影響力を持った、
『パルナッソス(芸術の山)への階梯(階段)』
の1725年の出版資金も出しているし、
フックスや副楽長のカルダーラによる
オペラの監督をするほどの技能を有していた。
カールは、イタリアの芸術家、
特にヴェネチアの人材を雇う、
ハプスブルクの伝統を維持した。
宮廷楽長フックスの前任者であった、
カルダーラや、マルク・アントニオ・ツィアーニは、
ヴェネチアの出身であったし、
皇帝の新しい教会の祭壇の飾り絵は、
セヴァスティアーノ・リッチ、
ジョヴァンニ・アントニオ・ペレグリーニなど、
ヴェネチア出身者が担当し、
宮廷詩人のアポストロ・ゼーノや、
ピエトロ・メタスタージオも同様だった。
ヴィヴァルディも疑いなく、
彼もまた、ヴィーンの同郷者に合流できるものと、
大きな期待を寄せていた。
それも、フランチェスコ・バルトロメオ・コンティと
同じように、演奏家であり作曲家として。」

以下は、いかにも世俗的な事情を表している感じで、
音楽史ではあまり語られない事項で非常に興味深い。

「コンティは、上記の手紙を書いた人とは、
関係がないのだが、宮廷作曲家であると同時に、
第1テオルボ奏者としても、長年、宮廷に仕えていた。
2つの役職を持つ事は、
2倍の俸給が得られることを意味し、
これによって、コンティはフックスより高給取りであった。
おそらく、ヴィヴァルディの作曲のスタイルは、
皇帝や、フックスの保守的な嗜好に比べて、
新しすぎた。
2、3年後、新しい宮廷楽長が選ばれた時は、
古典スタイルの巨匠とされた、
マッテオ・パロッタが選ばれている。
これはパレストリーナ風の古い様式で、
フックスは、その『Gradus』の中で、
『音楽に最高の輝かしさを与え、
彼に対する記憶は、最高度の敬意と切り離すことが出来ない』
と書いている。」

シューベルトもまた、傑作「ミサ曲第5番」を、
宮廷楽長のアイブラーに見せたが、
「皇帝を喜ばせるスタイルではない」と、
演奏を断られている。

自分の信念と出世との関係は、かくも、
織り合いを付けることが難しい。
全力を尽くせば尽くすほど、
目的のものから離れて行くこともあるという実例である。

「1728年の彼らの会合の間、
ヴィヴァルディは印刷された、
前年の作、作品9ではなく、
同様に『ラ・チェトラ』として題された、
12曲の協奏曲のパート譜の束を差し出している。
これは、今では残念ながら、
ヴィーンのオーストリア国立図書館に、
独奏第1ヴァイオリン・パートが
紛失した形で残されている。
これは、250年にわたって、
作品9と同じ曲だと考えられ放置されていた。
1970年代、音楽学者マイケル・タルボットが、
この手稿譜を研究して、
RV580のロ短調協奏曲の1曲を除いて、
2つの『ラ・チェトラ』は、
完全に別の曲集であることが分かった。
この録音では、この別稿から再構成された、
6曲の協奏曲を、初めて一緒にして届けるものである。」

マンゼが、わざわざ「6曲を初めて一緒に」と書いたのは、
いったいどんな意味が含まれているのだろう。
どうせなら、12曲を一緒に録音した、
と威張って欲しいものである。

後の6曲は、実はまだ、
肝心の独奏パートが復元できないのだろうか。

その観点からすると、
2つの「ラ・チェトラ」に含まれる
RV391は、ここでは録音されていない。
CDの収録時間の関係もあるだろうが、
残る5曲がどんなものであるかを
教えて欲しいものである。

なお、タルボット(トールバット)は、
この大発見を、自身の著、
BBCミュージック・ガイドの
「ヴィヴァルディ」では、
「すでに出版された曲集と同じ『ラ・チェトラ』の
標題をもつ筆写譜集は、パート譜に1728年の日付をもち、
やはり12曲のコンチェルトから成っている
(しかし出版曲集と共通の作品は1曲(RV391)
しか入っていない)。」(為本章子訳)
と書いているだけである。

「なぜ、2通りの『ラ・チェトラ』があるのか、
これはおそらくミステリーのままであろう。
ヴィヴァルディは、カール6世に渡す、
作品9の出版譜を持っていなかったのだろうか。
そうだとしたら、作曲家と、
アムステルダムの出版者、
マイケル・チャールズ・ル・セーヌの間に、
何かトラブルがあったのかもしれない。
ル・セーヌは、作品9のタイトル・ページに、
自身の費用でこの版を出版した、
と、明確に書いている。
ヴィヴァルディは、アムステルダムに送るべき、
公費を着服したのだろうか。」

これは、先の、金の亡者みたいな
書かれ方からすると、
いかにもありそうな話だが、
ヴィヴァルディが勝手に、
皇帝に献呈するべく、
アムステルダムで出版するものに、
公費が必要なのかどうかは分からない。

あるいは、ヴィヴァルディの、
そうした一面を感じて、
ル・セーヌは当てこすりで書いたのだろうか。

「あるいは、ヴィヴァルディは、
作品9を買うような一般の人を必ずしも楽しませなくとも、
カール6世のような通人を喜ばせるために、
特別な協奏曲セットを編纂したのだろうか。
ヴィヴァルディは出版しない協奏曲を書くときには、
しばしば、より大胆で実験的であった。
当時の印刷された音楽は、
商業的な冒険ではなく、
芸術的な自己表現や
探索のはけ口の要素の少ないものであった。
慣れない語法の出てくる、
あるいは、恐ろしい技術的要求のある音楽は、
単純に売れないだけであった。
この一般論を証明するために、
このディスクの中で、
もっとも果敢で創意豊かな協奏曲の2曲、
RV202と277は、
1729年、作品11の一部として出版される。
このセットは、いまだ、もっとも、
ヴィヴァルディの中で人気がないものだ。
ヴェネチアのある器楽の権威は、
このヴィヴァルディの書いたもので、
最も精巧で情熱的なものを却下し、
『一貫性がない』と書いている。」

このような議論の流れからすると、
むしろアムステルダムの出版社の方が、
「ラ・チェトラ」出版をびびった、
と考える方が自然ではなかろうか。

ヴィヴァルディは、たくさんの協奏曲を渡して、
こっから、売れそうなのを編纂してくれ、
などと頼んだ可能性はないのか。

また、ここでは、ずっと、
ヴィヴァルディは、作品9を皇帝に捧げ、
「ラ・チェトラ」として出版したくせに、
翌年、同じタイトルで別の曲集を渡しているのが、
ミステリアスだ、という点が強調されているが、
むしろ、皇帝に捧げたものから、抜き出して、
皇帝の名前抜きで別に出版する方が、
道義的にやばい感じがするのは、
私だけだろうか。

こういうことをしたから、
宮廷音楽家の地位が得られなかった、
なんて妄想はあり得ないのだろうか。

このあたりから、一曲ごとの解説が織り込まれて行く。
トラックナンバーを付記しながら読んで行こう。

まず1曲目:
「Track13:
RV277は、誰の命名かは分からないが、
『お気に入り』と題されている。
おそらく、カール6世自身によってか。」

このホ短調の曲の冒頭の主題は、シューベルトの、
弦楽四重奏曲第9番ト短調の冒頭にそっくりである。

とても、威厳をもったものであるが、
続くヴァイオリン独奏もまた、
この気難しい、解決困難そうな主題を受けて、
思索的、思弁的な展開を見せる。
さすが、帝王がお気に入りになるだけの事はある。

急速なパッセージが風雲急を告げ、
時折、内省的な独白が出たりして、
一筋縄には語れない。
作品11の2として出版されたもので、
実に、一貫性がない。
なお、「ラ・チェトラ」での番号は11番である。

Track14.アンダンテ。
これも、お気に入りになるとは思えない、
意味有り気な独白に満ちた、
妙に硬派の音楽で、
口当たりの良い音楽に囲まれていた皇帝には、
何となく、新鮮に思えたのであろう。
だからといって、こんなのを、
毎日聴かされたのでは、
精神が病んでしまいそうでもあり、
この時点で、ヴィヴァルディが、
宮廷楽長になる夢は消えてしまいそうだ。

Track15.アレグロ。
これも、稀有壮大な主題が、
頑固なリズムで高飛車な姿勢を見せ、
ある意味、軍楽調。

皇帝が、この曲は、わしの進軍に似ておる、
と言って気に入ったとしてもおかしくはない。
だんだん音楽はふくらみを増し、
行く手に向かうものなし、みたいな体裁になっていく。

2曲目:
「Track4.同様の事は、
RV271(『ラ・チェトラ』の10番)にも言え、
このタイトルと特徴は、異なる演奏スタイルを示唆する。」

このように書かれているように、
この曲は、「お気に入り」のような居丈高の様子はなく、
無理に、シューベルトの弦楽四重奏曲でいえば、
「ロザムンデ」の冒頭のような優しい風情。

恋する人の繊細な心情だろうか。
あるいは恋人たちが手を繋いで行く
草が風に揺れる美しい野辺の情景であろうか。
波打つような、憧れの感情が、
独奏もオーケストラも一体になって、
ひたすら歌われる。

「我々はここでハープシコードを省き、
恋人の楽器、バロック・ギターを、
コンティヌオに入れる事を選択した。」

この効果は、注意していないとよく分からない。

「さらに全オーケストラにミュート効果を持たせ、
ヴィヴァルディがある種の繊細な協奏曲
(RV270『安らぎ』のような)で時に要求したのに倣った。
これは、(第2ヴァイオリンの)ウィリアム・ソープの、
主張でなされた。」

こちらの効果は良くわかる。

Track5.第1楽章からして、
緩徐楽章みたいだったが、
第2楽章は、もっと物憂げで、
野辺の情景は霧に満たされ、
あの晴れやかな情景は夢だったか、
と思わせる。
手痛い破局のような。

Track6.再び、恋人たちの心は、
一つになったようで、さっきの心配はなんだったの、
みたいに、幸福感に胸が膨らむ音楽。

中間部では、少し、物憂げになるが、
すぐに、音楽は、すがすがしい空気を深呼吸する。

時折、合いの手のように、
バロック・ギターのパンチが入る。

3曲目:
「Track16.RV286の原稿には、
『聖ロレンツォの日のために』という
タイトルが書かれている。」

聖なる日なのだろう、
とても、晴朗な感じのヘ長調の音楽で、
序奏から、まさしく新鮮な朝の空気を思わせる。
ヴァイオリンの独奏も喜ばしげに羽ばたいて、
広々とした空を雲が行くような感じ。

Track17.
第2楽章は、オーケストラの激しいリズムといい、
独奏ヴァイオリンの孤高のメロディといい、
火あぶりされながら、平然と口をきいていたとされる、
かつての殉教者に思いを馳せたのか。

マンゼ自身のカデンツァも付加されて、
両端楽章と変化をつけて、
緊張感を出して、変化がつけられている。

「Track18.第3楽章を通じて奏でられる
第2ヴァイオリンによるエンドレスのチャイム音が
ヴィヴァルディが働いていたピエタから、
そう遠くない、
ヴェネチアの聖ロレンツォ修道院の鐘を
おそらく想起させるものである。」

明るく弾けるような音楽で、
第2ヴァイオリンは、別に、パガニーニの、
鐘のような音を使うのではなく、
ごーんごーんという感じの音型をくり返している。

ただし、ヴァイオリン独奏は、
いくぶん、内省的でふっきれない感じ。
聖ロレンツォは、教会の財産を民に与えて殉教したようなので、
オーケストラの民衆の喜ばしい感じと、
独奏ヴァイオリンとが、
ちぐはぐなのは仕方がないのだろうか。

4曲目:
「ハ長調の協奏曲は二曲残されているが、
これ以上になく異なったものである。
Track10.RV183は、
明るく、両端楽章は簡潔で、
しばしばカデンツで中断されるラルゴは
和声的に移ろいやすく、
これらの中で、もっともヴィヴァルディ的なものである。」

これは、「ラ・チェトラ」では7番の協奏曲で、
軽やかに刻まれるリズムに沸き立つ序奏に乗って、
愛情豊かな朗らかな主題が出て、
ヴァイオリンが自由な楽句で走り回るのは、
確かにヴィヴァルディ的である。

Track11.第2楽章は、
物憂げなチェロに対して、
独奏ヴァイオリンが慰めるような歌を歌う。

Track12.
終楽章もいかにも快活な楽想で、
自由奔放なヴァイオリンが即興的であるが、
これはマンゼが追記したものかもしれない。

こういう曲も書きながら、
シリアスな音楽も書けるヴィヴァルディの
多面性を持ってすれば、
音楽好きな皇帝と、
何時間も話が出来るということは納得できる。

5曲目:
「Track1.RV189は、
メロディやヴィヴァルディにしては個性的な和声、
予期せぬ変化の奔流である。
開始部の勝ち誇った音階は、
すぐに短調のミステリアスな第2の着想に道を譲り、
全曲、長調と短調とが拮抗している。」

このような意味不明の音楽が、
冒頭に収められていることからして、
このCDは、第一印象は聴きやすいものではない。

私は、ずっと前からこのCDを所持してはいたが、
この情緒が安定しない風情に悩み、
最後まで聴きとおした事がなかった。
ちなみに、この曲は、演奏時間17分近くを要し、
RV183の9分半の倍くらいの規模である。

Track2.
第2楽章は、虚ろな音楽で、
放心状態で辛気臭い。

マンゼの解説には、
「ハ短調の第2楽章は、チェロ協奏曲RV401の、
第1楽章と似ている」との事である。

「ラルゴとして、もちろん、もっと痛切であるが」
と追記している。
「独奏者は、ヴァイオリンと
ヴィオラの最小限の伴奏の上を漂う」
としているように、
第1楽章同様、放心状態の音楽。

Track3.第3楽章は、
ようやく、生気を取り戻した、活力ある音楽だが、
むしろ躁状態と言っても良い。

オーケストラの楽想も弾けるように魅惑的ながら、
陰影のある展開も古典的で美しく、
それを押しのけて駆け回る独奏ヴァイオリンは、
特徴的なリズムを引き継ぎながら、
さらに自由自在に音楽を高揚させて行く。
このCDの一番の聴きどころかもしれない。

マンゼも、
「アレグロ・モルトはヴィヴァルディの
最も奔放な楽章である」と書いている。

「メロディが現れては消え、
多くの協奏曲で、
そのオープニングの材料がくり返されるが、
ヴィヴァルディは
『恋人』の第3楽章の独奏者の最初のフレーズを、
最初は長調で、それから短調と2回、
面白がって引用している。(3:39で)」

なるほど、不自然なまでの陰影で強調されているし、
どこかで聴いたメロディが出て来た、
という感じはするが、
これは極めて「通」向きの遊びで、
とてもふつうの聴衆には付いていけるものではない。

しかし、マンゼはいたくお気に入りのようで、
ここでは、強烈なカデンツァを自作して、
4分50秒あたりから、
細かい高速のパッセージを高音で繰り広げ、
あるいは、大きなボウイングで圧倒し、
ヴィヴァルディの在りし日の姿を再現しようとしている。
これについては後で解説が入る。

このような様々な実験の結果、
この極めて魅力的な楽章は、
6分24秒の大作となって、
このCDのトラックで最長の時間を記録している。

「この録音では、
十分に作曲家によって書きこまれたRV277を除いて、
すべての緩徐楽章で、3つの即興的なカデンツァと
即興的な装飾を含んでいる。
今日、歴史的な研究結果を採用するヴァイオリニストでも、
演奏において活気を与える要素を重視する人は少ないが、
ヴィヴァルディの時代、
即興の芸術は高度に開発されていて、
協奏曲演奏では重要な部分になっていた。
ヴィヴァルディの即興に関しては、
いくつかは記録され今日に伝えられるが、
その技巧性とリズムの自由な扱いが魅力的なものだった。
1715年、日記で有名な、
ヨハン・フリードリヒ・アルマンド・フォン・ウッフェンバッハが、
有名な記録を残していていることからも、
それは裏付けられる。
『・・・終わりに向かって、
ヴィヴァルディは独奏部を素晴らしく弾き、
加えられたカデンツァは私を実に驚嘆せしめた。
それは、誰もが弾いた事がなく、
これからも弾けないようなものであった。
その指は駒に触れそうで、
藁も入らないほどの隙間で、
弓を、全ての4つの弦に対して、
あり得ないスピードで行き来させた。』」

6曲目:
Track7.ハ短調RV202については、
何も書かれていないが、これまた強烈な自我を主張するもので、
私としては、この重大な局面を伝えるような序奏から、
最も、ただならぬ気配を感じた。

これは、作品11(の5)として
出版されたもののひとつなので、
詳しくは、その曲集で調べれば良いという事だろうか。
ヴァイオリン独奏は、この荘厳な状況下で、
ちょこちょこと我が身だけを案じる、
人間の悲しい性のようなものを感じさせる。

この1728年といえば、ヴィヴァルディは、
ヴィヴァルディはオペラの作曲家としても大家であり、
そこでの不条理な運命の世界が、ここには感じられる。

Track8.
緩徐楽章も同様で、内省的で孤独、
運命を嘆くばかりの音楽である。

Track9.
最後まで、大げさな音楽というべきか、
主題も悲壮感に溢れ素晴らしいものだが、
独奏部もはちゃめちゃな動きを見せ、
実に大胆かつ野心的な作品と肯くことが出来る。

得られた事:「ヴィヴァルディは、皇帝に献呈した『ラ・チェトラ』という協奏曲集(作品9)を出版したが、翌年、彼が皇帝に直接手渡したのは、同名の別の曲集であった。」
「アムステルダムの出版社は、ひょっとしたら、ヴィヴァルディが送りつけて来た曲集から、売れそうなものを選んで出版したのではないだろうか。」
「皇帝に手渡した『ラ・チェトラ』は、独奏部が欠落したパート譜らしいが、12曲の曲集なのに、マンゼは6曲しか録音しなかった。残りは修復できないのだろうか。」
「『お気に入り』という曲名などは、皇帝の命名ではないか、というのがマンゼの見解。」
[PR]
by franz310 | 2015-04-12 13:42 | 古典 | Comments(0)