excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
全体
シューベルト
音楽
現・近代
古典
オンスロウ
レーガー
ロッシーニ
歌曲
フンメル
どじょうちゃん
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その415

b0083728_1414341.jpg個人的経験:
20世紀前半を代表する
イタリアの名指揮者、
トスカニーニは、
ベートーヴェンを得意としたが、
シューベルトもまた、
大変、愛していたと思われる。
伝説とも言える、
ベートーヴェン・チクルス
が行われた、
1939年というシーズンも、
実は、シューベルトの
「未完成」で始まったのである。


私は、さらに重ねて言いたい。
トスカニーニは、
ベートーヴェンの交響曲全集をメインに据えた、
戦争の年、渾身の1939年シーズンを、
まずは、シューベルトをもって始めたのである。

この10月14日のコンサートは、
Guildレーベルから
2002年に出されたCDで、
すべて聴くことが出来る。

解説にもいきなり、
「このディスクは、1939年10月14日の、
コンサートを収録したもので、
これは、トスカニーニが、
NBC交響楽団の指揮者として、
3度目のシーズンを始めた時のものである。」
とあるとおりである。

「プログラムは、シューベルトの『未完成交響曲』、
リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』、
フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの、
めったに演奏されない『協奏交響曲』変ロ長調、
オットリーノ・レスピーギがオーケストラ用に編曲した、
J.S.バッハの『パッサカリアとフーガ』ハ短調からなる。」

「音楽の父」とも呼ばれるバッハに、
「交響曲の父」、ハイドンを加え、
シュトラウスはともかくとして、
シーズン開始に相応しい原点模索がある。

「未完成交響曲」は、
その中でも先鋒を承って、
まことに頼もしいばかりの責任を、
負うことになっている。

このCDの背面を見ると、
「不滅の演奏記録音楽協会」だかの
エクスクルーシブ録音だとある。

これも、何やらありがたいが、
プロデューサーはJ.Wearn、
復刻はリチャード・カニエルと、
ナクソスと同じ布陣である。

ナクソス盤と同様、放送時の
ブロードキャスト・コメンタリーも収録、
1939年のラジオ放送を、
21世紀の我々が聴くという、
タイムスリップ効果も残されている。

ただ、レーベルが変わったことで、
解説もゴージャスになって、
研究価値はさらに上がった。

ナクソスは、曲目解説がベースで、
演奏に関しては、情報がほとんどなく、
たまたま同じ演奏会を記録したものを
CD化していた
Music&Artsなどの
解説を読むしかなかった。

ここでは、コンサートの意義のようなものばかりか、
詳細な演奏に関する記載が素晴らしく、
下記のような音源に関する解説もあって、
14ページのブックレットは、
盛りだくさん、読み応え満点である。

「音源と技術的な詳細:
トスカニーニの演奏会のこれらの録音は、
マエストロお気に入りの
RCAビクターの技術者で編集者であった、
Richard Blaine Gardner
に由来するものである。
ガードナーは、
特に、マエストロ引退後、
パウリーネ荘で、
トスカニーニと協業した、
リバーデール・プロジェクトにおいて、
トスカニーニ自身や、
その息子のワルターから、
1940年から50年代に、
テープやディスクを直接受け取っている。
ガードナーは、1949年から1983年の間に、
トスカニーニの演奏会やリハーサルの、
テープのコピーやテスト・プレス盤、
アセテート盤などを譲り受けており、
それについての詳細は、
カニエル氏の著書『トスカニーニの放送遺産』に、
見ることが出来る。
1980年にカニエル氏は、
不滅の演奏記録音楽協会を設立、
ガードナーから受け継いだ、
トスカニーニの第1世代のテープや、
数多くのディスクを復刻する技術に注力した。
しかし、それらはざらざらやパチパチは取らず、
電気的な残響も付加していない。
これによって、オリジナルのアコースティックや、
演奏の環境を守り、
楽器の音色の色つやを落とさないようにした。
これはCD化でノイズ除去する一般の方法とは異なる。
オリジナル録音に近づけたこのシリーズを、
Guildは、『放送録音の中の最良のもの』と、
自信を持って宣言したい。」

また、このCDの解説は、
William H.Youngren
という人が書いているが、
有難い事に、この人のことも
きちんと紹介しているのが嬉しい。

「ウィリアム・H.ヤングレンは、イリノイ州、
エヴァンストンで生まれ、
Amherst大学に学んだ。
彼はさらにハーバードで英国文学を学び、
1961年には博士号を取得している。
彼は、M.I.Tやスミス・カレッジで教壇に立ち、
1971年からはボストン・カレッジで教えている。
彼は、結婚して3人の子供をもうけ、
マサチューセッツのウェスト・ニュートンに住んでいる。」

このような紹介だけなら、
不要と言いたいところだが、
どんな研究をしているかも、
一応、下記のように紹介されている。

「彼は、『意味論、言語学と批評』
(1972年 Random House)
の著者であり、
18世紀の美学や批評に関する
いくつかの論文を書いている。
近年、彼は主に、
『パルチザン・レビュー』、『ハドソン・レビュー』、
『イエール・レビュー』、『アトランティック』、
『ファンファーレ』、その他の雑誌に、
音楽やレコードについて書いている。
1983年、ブランディスで、
音楽史の博士課程に入り、
1999年に博士号を取得している。
現在、C.P.E.バッハの
歌曲についての論文を、
本にして出版する準備を進めている。」

読むだけ無駄な紹介で、
トスカニーニとの関係は不明なままだが、
マエストロの遺産を引き継ぐ、
オタク軍団に任されるのであるから、
おそらく、こんな紹介で、
終わるような人ではないのだろう。

CDの最初のトラックは、
ブロードキャスト、コメンタリーであり、
「トスカニーニがNBC交響楽団に帰ってきました。
新しいシーズンのプログラムが始まります。
3回目のシーズンで、放送用に創設されたオーケストラは、
アメリカ屈指の一つになりました。
重要な第1夜のため、
ホールは著名な音楽家や批評家、
選ばれた人たちでいっぱいですが、
これらのコンサートは、
あなたがたのために企画され、
あなたのために演奏されるのものです。」
みたいな解説が始まる。

シューベルトの「未完成」の解説は、
以下のように書かれており、
とても参考になった。

「1828年11月19日、
シューベルトが31歳で亡くなった時、
彼の交響曲は一曲も出版されておらず、
公開演奏すらされていなかった。
しかし、それらは19世紀後半に、
ウィーンで次々と発見され、
シューベルトは正しく、
第一級の大作曲家に位置付けられることとなった。
事実、1822年に作曲された『未完成交響曲』が
1867年にようやく発見されると、
今日、最も知られた彼の作品となった。
トスカニーニは、しばしば、この曲を取り上げ、
彼の演奏は、しばしば染まりがちな、
ロマンティックな憂愁とは違う、
その率直な力感と劇的なエネルギーで、
際立ったものになった。」

1939年の放送用ライブ録音と言えば、
ベートーヴェンにおいても、
マエストロ自身が、
SP化転売を許可した「英雄」や、
演奏時間最短の「第9」のように、
きりりと引き締まった
彫琢の冴えを見せるものが多く、
上述のような形容は、
おそらく、この年の演奏において、
最も際立ったものになったと思われる。

「第1楽章を開始する、
短いチェロとコントラバスの宣言は、
我々が聴きなれたものよりもあっさりと演奏され、
痛切なオーボエとクラリネットの
小さな第1主題を伴奏する、
ヴァイオリンの、
鼓動のような16分音符を導く。
王手をかけるような恐ろしい緊張感を、
漲らせたパワーが潜んでいることを感じる。」

このように、序奏部から、
端的に言うべきは言って、
先に進んでいくのは、
1939年のベートーヴェン・チクルスで、
おなじみのやり方である。
が、腹に響く低音に、
焦燥感を秘めたヴァイオリンの刻みは、
瞬く間に、我々を、ドラマの中に連れ去る。

「音楽が力を凝集するかのように、
次第に主張を始め、
チェロによる、有名な、
ト長調の第2主題に向かう。
トスカニーニはチェロを非常に優しく、
しかし、しっかりと、率直に弾き始めさせ、
(スコアにはないが、)テーマの中間部に向かって、
断固たるクレッシェンドをかける。」

このあたりの移行も緊張感に満ち、
チェロがたっぷりと歌うところも美しい。

「嵐のような中間部を経て、
まず弦楽が、そして木管、弦楽という風に、
各声部が次々と光輝に満ちて花咲く、
ト長調の主題によって、
提示部は締めくくられる(mm.94-104)。
この美しいパッセージは、
約束が満たされたように響き、
事実、ほとんど勝利の歌のようでさえある。
しかし、勝利は束の間のものだ。」

この部分、トスカニーニは、
陶酔したような唸り声を上げている。
提示部は、ベートーヴェンの場合同様、
くり返されて行くが、
確かに、メロディが思い入れたっぷりに、
こぶしを聴かせて歌われている点、
激しい和音のぶつかり合いにも、
どこか、明るさがある。

「不吉な下降する弦のピチカートが、
展開部(または提示部の繰り返し)を導き、
すぐに移行する。
展開部は同様に嵐のようでパトスに満ちているが、
トスカニーニは再びそれを率直に扱い、
パトスをことさら強調することはない。
しかし、音楽を前へ前へと、
推進させることに集中させている。
展開部は無数の弦の突き上げによって終わるが、
短調でありながら、これも再び勝利のように響く。」

沈潜していく音楽であるが、
絶叫ではなく、重大な局面の遭遇を、
冷静に受け止めているようにも聞こえる。
したがって、展開部は、これはこれで、
試練を乗り切った、という感じで解決している。

「再現部は再び葛藤と混乱によって影が差すが、
この楽章の暴力的で力ずくの終結部にも関わらず、
再び第2主題(ロ長調)の小さな楽句が、
勝利の歌のように、あるいは、
第2楽章の清澄さを期待させるように、
対位法的に花咲く。」

解説者の聴き方に染まってみると、
再現部も、混乱は混乱として受け止めつつ、
それがどうした、という、
妙に強靭なシューベルト像となっている。

第2主題の憩いがあれば、
乗り切れるではないか、
といった余裕すら感じられる。
コーダでも、波瀾万丈なれど、
来るなら来いという感じである。

第1楽章には、かなりの事が書かれているが、
以下、フルトヴェングラーの演奏との比較になって、
第2楽章の話は出てこない。

しかし、続く楽章も、
第1楽章と同様、
メロディは、たっぷりとした、
ふくらみを持って歌われ、
憂いはあるものの、
深呼吸が出来る安全な退避圏となっていて、
厳しい強奏の連なりからの、
完全なる救済ポイントとなっている。

そして、音楽はやがて、
自信にあふれた、歩みさえ見せ、
ややこしい音楽の錯綜を、
振り払うような境地に至る。

コーダもまた、
祝福の中で歩みだすような希望に満ちている。

以下、トスカニーニの、
こうした、いわば健康的なシューベルトに対し、
いかにも疲れ果てた人間が見る悪夢として、
この交響曲を描くのがフルトヴェングラーである、
という感じで、以下の解説が続く。

「トスカニーニと同時代の、
若い偉大なドイツの指揮者、
フルトヴェングラーによって録音された、
いずれの演奏を比べた人であれば、
『未完成』の第1楽章を、
このように扱うのは、独特であると思うかもしれない。
もっと言うと、フルトヴェングラーには、
1951年12月にベルリン・フィルと、
『未完成』のオープニングをリハーサルしている、
4分ほどの興味深いフィルムがある。」

このフィルムは、テルデックから出ていたLDの、
「アート・オブ・コンダクティング」でも、
見ることができるが、
確かに以下のような部分が記録されている。

「オーボエとクラリネットの小メロディを導く、
2、3小節で、フルトヴェングラーは奏者を止め、
そして、とりわけ、
『すべてはヴェールのように』と言う。
そう言いながら、彼は、
印象的なジェスチャーをする。
両手を前にかざし、指を伸ばし、
手のひらを下に向ける。
そして、彼は両手を水平に広げて行く。
まるで、ベッドの上のカバーを伸ばすように。
そこから起こる事について、
彼が求めているのが、
16分音符のヴァイオリンが、
メロディを伴奏するというよりも、
神秘的に、とらえどころなく、
すぐには分からないように、
それをぼかして隠すことであることが分かる。」

私は、ベルリン・フィルが、
この微妙なニュアンスの要求を、
よくもこなしたものだと思う。

それと同時に、このフィルムに先立つ、
1950年の1月に録音された、
ヴィーン・フィルとのこの曲の録音でも、
同様の効果を聞き取ることが出来る。

「彼はさらに、メロディそのものを、
完全にメランコリックであることを求めている。
三度目に、ヴァイオリンはようやく求めに応じられ、
めくるめく効果が現れ、
聴くものは、どれがメロディで、
どれが伴奏であるか分からなくなる。」

メロディは虚無的であって、
悪夢の中に放り込まれた弱い人間、
みたいな感じの音楽になっている。

「しかし、これはトスカニーニとは、
まったく異なるやり方である。
彼は、痛切なメロディを
聴衆に聴かせたいのであって、
伴奏の16分音符を溶け合わせたり、
ぼかせたりすることなく、
まるで、まったく異なる
二つの独特の力であるかのように、
高鳴らせる。
続いて起こる音楽のドラマを演じる
二つのキャラクターが、
それぞれの役割を演じるかのように。
しかし、音楽は同様にミステリアスで、
フルトヴェングラーのように、
誰が主人公であるかがミステリーではなく、
そのぶつかり合いがどうなるかに神秘性がある。」

トスカニーニの演奏には、
確かに、運命との戦いのような側面があって、
とにかく、それを耐える事によって、
浄められた世界に入って行くような希望がある。

雲行きの怪しいヨーロッパから離れ、
遠くアメリカにいる指揮者として、
開戦を前にした心境としては、
こうでもなければ耐えられないような、
環境でもあっただろう。

その点、フルトヴェングラーの演奏は、
ナチスの国に留まった、
被害者の心境ではないか、
などと思うほど、
無抵抗に嵐の中に漂っている。

「トスカニーニとフルトヴェングラーの、
『未完成』演奏の残りすべてで、
このような具合である。
たっぷりとしたチェロのメロディが、
がっしりと演奏されるにも関わらず、
フルトヴェングラーは、断定的にならず、
そして、提示部や再現部の終わりで、
メロディの声部が入れ替わる時に、
(束の間であっても)
それは勝利の凱歌ではなく、
むしろ、救いを求める、
最後の絶望的な嘆願のように響く。」

と、解説にあるように、
出来るのは嘆願だけ、という感じがしなくもない。
第1楽章と、第2楽章にも、
トスカニーニほどの対比は感じられず、
いずれの楽章も、次々に見えて来る、
幻影の連なりの連続し過ぎない。

冒頭のヴァイオリンと木管の
絡まりへのこだわりからして明らかだが、
この表現が続く部分に、どう関係あるかなどは、
あまり重要ではなく、
解説の人とは違って、
少なくとも、ヴィーン・フィルのスタジオ盤での、
チェロによる第2主題は、
幻覚にすぎないような頼りなさを感じた。

「この点で、トスカニーニが、
フルトヴェングラーより
良いというわけでも、
フルトヴェングラーが
トスカニーニより良いというわけでもない。
共に、非常にすぐれた指揮者だった。
この点では、この場合、こんな感じであるが、
時に、トスカニーニとフルトヴェングラーの比較は、
反対の結果になることがある。
トスカニーニはフルトヴェングラーより、
細かい効果には気を使わず、
音楽の進行での統一や、
次第に盛り上がる劇的なインパクトに気遣う。
トスカニーニのアプローチの中心となる切り口が、
このシューベルトの『未完成』には、
特によく表れており、
特にこの放送用の演奏では、
より知られている、焦点の定まらない、
1950年の録音より、
もっとはっきりと表れている。」

フルトヴェングラーの演奏では、
すべてのメロディが引き伸ばされ気味で、
脳裏からこびりついて離れない思念が、
いつまでも吹っ切れない状況を表しているかのようだ。

その他、このCDでは、
R・シュトラウスの『ドン・ファン』が続き、
これは、きりっと引き締まった名演。
しなやかに弾みながら、
快速でドライブされて行く純音楽的表現で、
この曲の尻切れトンボ感を、
苦手とする私でも、十分楽しめた。

続く、ハイドンの、
ヴァイオリン、チェロ、オーボエ、バスーンのための、
『協奏交響曲』は、
トスカニーニが録音した後年(1948)
のものよりも、リラックスしていて良いと書かれ、
スリリングであるが刺々しいパオロ・レンツィではなく、
ロバート・ブロームがオーボエを受け持っているから、
と書かれている。

ちなみに、1948年のものを復刻した、
BMGジャパンのCDには、
ヴァイオリンは、ミッシャ・ミシャコフ、
チェロは、フランク・ミラー、
ファゴットは、レナード・シャロウとあるが、
このCDには、各奏者の名前は明記されていない。

確かに、戦後のトスカニーニは、
四角四面でぎすぎすしている印象があるが、
今回、このCDも取り出して聴いてみたが、
確かに、オーボエはきんきんしている感じはしたものの、
それほど大きな演奏上の違いは分からなかった。

この1939年の演奏の方が、
オーボエは伸びやかで癒し系であり、
録音も、独奏楽器の雰囲気がたっぷり感じられた。

最後に演奏された、
バッハの『パッサカリアとフーガ』は、
オルガン曲をオーケストラ曲に編曲したものとして珍しく、
解説でも、『ディナーの時に恐竜を見たようだ』と、
トスカニーニの時代の風習を大げさに書きたてているが、
レスピーギが編曲したもので珍しく、
トスカニーニが演奏したバッハであることも、
非常に興味深い。

解説によると、トスカニーニは、
フリッツ・ライナーが振る、
『トッカータとフーガ』ニ短調を聴いて、
翌年、友人のレスピーギに編曲を依頼したとある。

「素晴らしい繊細さと力で演奏されて素晴らしい」
と書かれているとおり、
荘厳なラメントのように曲は始まり、
木管がきめ細やかな綾を見せながら、
峻厳に音楽を立体的に組み立てて行く。

まるで、天に向かって蔓を伸ばして行く植物が、
大樹に成長していくかのようなめくるめく管弦楽法は、
さすがレスピーギという感じがした。

この曲は、ストコフスキーの編曲や演奏でも名高いが、
手元には1929年にこの指揮者が、
名門、フィラデルフィアを振った録音があった。

策士ストコフスキーということで
連想されるように、
極めて感傷的な音楽で、
意味有り気に慟哭するような低音に、
悲劇的な、あるいは物思いに耽るような、
木管のソロが絡み合って行く。

まるで、エネルギーを貯め込むかのように、
むしろ沈潜していく印象。

トスカニーニの方は、
切れの良い楽句の集積体のような印象。
ストコフスキーのような沈潜ではなく、
楽器が鳴りまくり、律動しながら芽生えて行く。
最後には、法悦のカタルシスのような、
手に汗握る大咆哮となる。

拍手喝采の聴衆の中には、
興奮して叫びまくっている人もいるようだ。

得られた事:「トスカニーニは、シューベルトの『未完成』の中で、清澄な世界への足取りを音にしているが、フルトヴェングラーのものからは、霧の中での堂々巡りのような感じを受ける。」
[PR]
by franz310 | 2014-08-30 14:08 | シューベルト

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その414

b0083728_1615321.jpg個人的経験:
シューベルトの歌曲の中で、
作曲者の生前から、
大変、有名だったものに、
「ます」があるが、
この歌曲は、一度、
シューベルト自身の手で、
葬られそうになった経緯がある。
というのは、
ピアノ伴奏部の音形を、
友人の一人が、
ベートーヴェンの「パクリ」だと、
からかったからである。


「ヴィーン一般音楽新聞」の編集をしたり、
「新ベルリン音楽新聞」に、寄稿したりしていた、
フェルディナント・ルーイプという人が、
シューベルトの死後30年も近い1857年頃、
当時存命だった、シューベルトを知る人たちに、
質問事項を連ねた書簡を送って、
思い出話を集めているが、
この貴重極まりない資料の中に、
上述した「ます」のエピソードがある。

その機会に、
チロル出身のエーブナーという人が、
シューベルトの寮学校で、
隣の部屋に住んでいたから、
作曲家と知り合ったという関係で、
ルーイプに返信しているのである。

彼は、1817年まで、
シューベルトの歌曲を聴いたり、
書き写したりすることを楽しみにしていた、
という回想を書き送っている。
つまり、シューベルトの学校友達なのである。

「シューベルトが小リート『ます』を
作曲した時のことですが、
それを彼はその日のうちに
試唱のために寮学校に持って来たのです。
実に生き生きした楽しさで
何度も繰り返し歌われた時、
突然ホルツアプフェルが叫びました。
『おい、シューベルト、
ここをお前は『コリオラン』から取ったな。』
・・
すぐにシューベルトもこのことに気がつき、
このリートをまた破り捨てようとしたのですが、
私たちはそれを押しとどめ、
こうしてあのすばらしいリートを
破滅から救ったのです。」
(「友人たちの回想」(石井富士夫訳))

彼は、誇らしげに、
この歌曲の今があるのは、
自分の功績だ、という感じに書いているが、
この歌曲は、作曲家の生前から広く愛唱され、
やがて、このことから、
五重奏曲「ます」が生まれるわけで、
私は、心から、エーブナーに感謝するものである。

この本の注釈には、
「シューベルトの初期リートの
エーブナーならびにシュタードラーの写譜は、
彼の作品全集の重要な典拠であった」ともある。

エーブナーが自覚していた以上に、
シューベルトの研究家は、
彼に感謝しているようである。

シュタードラーは、シュタイアーの地で、
五重奏曲「ます」が、
生まれる下地を作っているわけだから、
この二人なければ、
初期の歌曲のみならず、
五重奏曲「ます」もなかった、
ということになる。

なお、ここでホルツアプフェルが指摘した、
「コリオラン」序曲に似ている音型とは、
ベートーヴェンの序曲の第52小節に見いだされる、
ということである。

この本の注釈にも、
「両作品とも中声部に用いられているが、
特に変わっているわけではない
三和音の分解である」とあるように、
普通、まったく気づかずに、
聞き流してしまうような音型である。

こんな嫁いびりの姑のような役割を演じた、
ホルツアプフェルという人は、
クラスが1つ上だったということで、
シューベルトとはかなり親しく、
同様に、上述の機会に、
ルーイプに返事を出している。

実際に音楽をやっていた人だったため、
この報告は、エーブナーのものより、
さらに有意義なもので、
寮学校でのオーケストラの創設の経緯、
そこで演奏された曲目の情報もありがたい。

ちなみに、有名なテレーゼ・グロープとの、
シューベルトの初恋についての報告なども、
彼の手記によって読み取れるのである。

寮学校のオーケストラの
チェロ奏者が退学して、
第二ヴァイオリンを弾いていた、
ホルツアプフェルは、
いきなり、チェロを演奏させられることとなったようだ。
このオーケストラは、彼ひとりが、
チェロを受け持つような編成であった。

そして、
「年がら年中ヨーゼフ・ハイドンと
モーツァルトのすべての交響曲、
ベートーヴェンの最初の二曲の交響曲、
更に当時手に入った序曲すべてが、
『コリオラン』と『レオノーレ』を含めて、
定期的に演奏され」と、
そのオーケストラの
レパートリー報告までなされているのである。

つまり、ホルツアプフェルは、
シューベルトを怒鳴りつけるようにからかい、
「コリオラン」のチェロの声部の音型を挙げて、
ばーんと主張するのに、
まさしく相応しい先輩だったわけだ。
クラスは1つ上、とあるが、
実際には、エーブナーと同世代、
1892年の生まれなので、
シューベルトより五つも年長である。

また、おそらく、
この、にわか仕込みのチェロ奏者は、
必死で練習をしたのであろう、
彼は、後年、チェロは「自分の身体の一部」とまで呼ぶ、
名手になっている。

もちろん、これは余技である。
シューベルトの友人たちの多くと同様、
彼は官吏としての道を歩み、
ウィーンの参事官になったからである。

とはいえ、この手記が書かれた時、
彼は、67歳で定年して、
引退していたわけであるが。

「思い出を十分に楽しみたい」
という、
美しい青春のひと時への感謝と、
感慨を込めて、彼の手記は終わっている。

さて、このホルツアプフェルも、
必死に練習したであろう、
「コリオラン」序曲であるが、
ベートーヴェンの序曲の中では、
とりわけ、悲壮感に溢れたものである。

その、いささかヒステリックな楽想によるせいか、
私は、「第九」と一緒に収められた
カラヤンのものを四十年前に聴いて以来、
長い付き合いになるが、
これまで、好きな曲として数えた事がなかった。
最初に聴いた時は、意味ありげに静かに終わる、
気持ち悪い曲として印象に残った。

しかし、この曲は、かなりの人気曲だったようで、
カラヤン以前の、フルトヴェングラーやトスカニーニでも、
それぞれ、沢山の記録を聴き比べることが出来る。

ちなみに、トスカニーニの存在で、
故国に戻ることとなる、
バルビローリが、1937年に、
ニューヨーク・フィルで演奏した、
貴重な演奏も、ダットンからCD化されている。

トスカニーニの指揮する「コリオラン序曲」は、
有名な、戦争開始時、1939年の
「ベートーヴェン・チクルス」でも、
「第5」、「第6」と同じ機会に演奏されていて、
ナクソスのCDなどにも収録されている。

このナクソス・レーベルでは、
この戦前というか戦中のもののみならず、
トスカニーニの戦後の「コリオラン」も聴くことができる。

この戦後すぐの「コリオラン」は、
1989年に出た、諸石幸生著、
「トスカニーニ、その生涯と芸術」の
巻末ディスクグラフィーには
出ていないもので、
1998年のナクソス盤で出た。

1946年のクリスマス・イブに、
かつて、三菱地所が買収して悪名を馳せた、
ニューヨークのロックフェラーセンターで
録音されたものとされている。
ここにどんなホールがあるかは知らないが。

このCDに収録されたものだけだとすると、
少々、バランスの悪いプログラムで、
最初に「コリオラン序曲」、
2曲目にベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第3番」、
最後にヴァーグナーの「ラインの旅」(11分半)が来る。

しかし、これらを収めたCDは、
71分という、かなりの収録時間を誇っている。
実は、ここではさらに、
「コリオラン」のリハーサル、
18分半が最後に収められているのである。

前回、1939年の「第九」のリハーサルで、
チェロ奏者が手を抜いたとかで、
トスカニーニが、怒り狂って出て行ってしまった、
というエピソードを紹介したが、
ここでも、トスカニーニの怒りは激烈である。
これは、単に本で読んだ、という知識でなく、
まるで、その場に居合わせたかのような、
生々しい体験として体感できる。

というか、実際に、このリハーサルで、
この曲を堪能させていただいた、
と言えるほどの充実した内容の音源であり、
まったくもって付録的に聴いて良いものとは思えない。

あたかも、これもまた音楽、
と言わざる得ないような凝集力に満ち、
本番の演奏より聴き終わった後の、
圧倒的感銘は、比類なきものとなっている。

なお、このCDの解説は、
Bill Newmanという人が書いているが、
各曲の紹介のみならず、
このリハーサルの解説までしてくれているのがありがたい。

が、よく見ると、「コリオラン序曲」自身の解説は、
完全にすっ飛ばされている。

仕方なく、先に触れた、
1939年のチクルスで演奏された時の
録音をもとに、ナクソスが出したCDの解説を、
ここではひっくり返してみる。

同じ解説者が書いているので、
同じレーベル、同じ指揮者の、
同じ曲のCDに、これを再録することは、
ためらったのかもしれない。

いきなり出てくるウィリアム・スミスは、
調べると、同姓同名の人がずらりと出てくるが、
イギリスの土木技師でも船乗りでも、
イギリスの天文学者でもバージニア州知事でも、
ボクサーでも競泳選手でもないだろう。

「ウィリアム・スミスは、
『コリオラヌス』の物語は、
『初期ロマン派期の最も美しいもののひとつ』
という意見を述べている。
この英雄は、紀元前439年に
イタリア南部のヴォルスキ族の街、
コリオリを征服した時の勇名によって、
そう名付けられたが、
彼の思いあがりは多くの敵を作り、
追放の有罪判決を受ける。
ヴォルスキ族は、
もう一度、ローマ人と戦うのなら、
加勢すると約束し、
その王は、彼を軍隊の将軍に任命する。
コリオラヌスは多くの戦闘で勝利し、
ローマ近郊のクルリアン防壁にまで侵攻した。
そこに、ローマ人は、彼を懐柔しようと、
要人を送り込むが、彼は動じることはなかった。
今度は、ローマの婦人たちが、
彼の母親、ヴェチュリア、
彼の妻、ヴォルムニアに、
彼の子供二人を連れて、彼を訪問した。
彼女らの啜り泣きは、彼の意志を曲げさせ、
彼は小屋を出て、軍隊を解放させた。
その後、彼は死んだが、
ヴォルスキ族に暗殺されたと信じられている。」

このあたりは、どの解説書にも出ているが、
残念ながら、それが、この序曲とどう関わるのかを、
詳述したものはなく、
ここでも、下記の記載が続くのみなのは残念だ。

「ベートーヴェンはこの序曲を、
ハインリヒ・ヨーゼフ・フォン・コリンの劇のために、
1807年に書いている。」

勝手に妄想すると、
序奏部は、コリオラヌスの憤怒を思わせ、
第1主題は、コリオラヌスの進軍を想起させ、
第2主題は、このローマ夫人たちの懐柔かとも聞こえる。

不遇のままコリオラヌスが死んでしまう悲劇であるから、
憤怒の中、力尽き、死ぬように終わるのであろう。
きわめて、不機嫌な音楽になってもおかしくはない。

マーラーが自らの「第9」を、
チャイコフスキーが「悲愴」に倣って、
死ぬように終わらせたと言われるが、
1807年に、すでにこんな序曲が書かれていたのだ、
と思いめぐらす事もできなくはない。

この序曲のリハーサルの解説も読んで見ると、
いかに、ビル・ニューマン氏が、
この「リハーサル録音」に、
感銘を受けたかを書いていて面白い。

「トスカニーニがオーケストラを前にして行ったもので、
私が生まれて初めて聴いたものが、
このリハーサルで、
1947年に、
ニューヨークのイースト24番ストリートの、
RCAビクター・スタジオで、
リチャード・ガードナーが、
私のために再生してくれた物であった。」

ちなみに、スタジオには、
「彼のスタジオ」と書かれているので、
いかにも、こそこそと、
ここだけの秘密だよ、
みたいな乗りで聴かせてもらった感じがして、
極めて興味深い。

1947年といえば、
実際の収録の翌年であるから、
トスカニーニにバレたら、
ひどい目に会わされそうな気配もある。

「その時、彼が、私のために再生してくれた、
まさしくそのラッカー盤から、
50年後に、このテープへの転写が行われた。」

「私のために」という修飾も、
いかにも秘儀が行われたような気配である。

そして、彼の、この録音から聞き取ったものの、
思いのたけが、以下のように語られる。

「私は、そこから、
トスカニーニに関するすべてを聞き取った。
音楽に生命を与えるために必要な、
オーケストラから活力や、
完全な専心を引き出すための彼の努力の中の、
情熱、献身、巨大なエネルギーや知識、
それは、まるで戦争であった。」

このような解説は、何の偽りもない、
直接的な感情をそのまま伝え、
私の心を熱くする。

この人にしか書けない貴重な解説である、
とも言えるだろう。

「彼が、『Sec!Sec!(Dry!Dry!)』
と叫んでいるのが聞こえるだろうが、
彼は、この序曲で求められるのに、
十分な正確さで、
オーケストラが和音に入るように求めている。」

私は、この言葉から、
そんな要求を読み取るべきだとは分からなかった。

「彼は、音を、ピストルの一撃、
または、鞭の一打ちのようにしたかったが、
全体に、このような乾いた響きを求めたのではなく、
情熱と専心を求めている。
『自分たちのすべてを出し切るんだ』と、
コントラバスに叫んでいる。
『私は持っているすべてを与えているんだ。』
これこそ、トスカニーニのダイナミックで、
輝かしい音楽作りの才能の、
すべての要素を集約した秘訣の核心である。」

私は、下記の一文を読んで、
いったい、このビル・ニューマンは、
いかなる特権で、ビクター・スタジオに、
入り込んだものであろうか、と混乱した。

「15歳の少年だった私は、
これらのディスクで聴いたような情熱、
このような蛮行、積極的な苦行への参加、
自己犠牲にこれまで遭遇したことがなかった。
私は、それが美しいと知っただけで、
泣いたのではなかった。
そればかりでなく、それは真実であり、
私は、この渇望を、
自分自身に対しても、他の人に対しても、
どう言っていいか分からなかったが、
自分自身の人生においても、
これらの要素があることを願った。」

ということで、ビル少年のように、
トスカニーニのリハーサルは、
単に、こんな練習をしていたんだなあ、
という、記録を越えて、
聴くものに迫る、
イニシエーションの場となっている。

「この50年、音楽家や、
ある種の選ばれた人だけが、
このノイズの多いディスクのダビングを聴くために、
ラウド・スピーカーの前に集まった。
音響的には、まったくお粗末なものだが、
感情と信念に関しては、高忠実性があり、
私のように、音楽と関係のない点でも、
多くの人々がインスパイアされ、
影響を受けてきた。」

ということで、
リーダーとは何か、とか、
私が聴いたように、
ビジネス書を読んでいるような
感覚を感じる人もいるだろう。

「NBC交響楽団にいた何人かの音楽家たちは、
最大の音楽体験として思い出すのは、
トスカニーニとのリハーサルだと言っているらしい。
そこで、彼らは、単なる音楽の仲介者ではなく、
彼ら自身のために演奏をした。
リハーサルで学び、感じた事を、
思い出していたコンサートではなく、
この録音にあるように、
リハーサルでこそ、最高の演奏が繰り広げられていた。
あなたの御経験を思い起こしてみても、
ここに聴く『コリオラン序曲』のような、
トスカニーニの演奏会や放送があっただろうか。」

何と言うことであろうか。
我々は、コンサートでは、
最高の演奏をしたリハーサルの、
おこぼれのようなものを聴いていただけ、
と言うことになる。

「この録音は、トスカニーニ用に作られた、
78回転のテスト盤や、
NBCのラッカー盤からのテープに由来し、
これは、マエストロから、
彼のお気に入りのRCAビクターの
サウンド・エンジニア、エディターだった、
リチャード・ガードナーに送られたものである。
ガードナーについての詳しい事は、
『トスカニーニの放送遺産』
(リチャード・カニエル著1995年)
という本で知ることができる。
ガードナーはこれらの録音を、
1949年から1983年の間に、
カニエルに贈っている。」

ちなみに、このカニエルは、
これらナクソスのトスカニーニ・シリーズでは、
アーカイヴィスト、復刻プロデューサーとして、
名前を連ねているから、
うまい具合に関係者の宣伝になっている。

では、このCDでリハーサル部を聴いて行こう。

いきなりトスカニーニが手で拍子をとりながら、
第1主題の後半に活力を与えようとしている。
しかも、ここは、低音部なので、
耳に訴えるメロディではなく、
完全な隠し味のような部分である。

まさしく、最初から、音楽の真髄を聴くような感じ。
このように土台に活力がないと、
第1主題も生きないということであろう。

低音弦がそれを反復、
第1主題を再度繰り返し、
最初は不安感ばかりである主題に、
力強い意志のようなものが加わる。

すぐに、トスカニーニは中断して、
曲の冒頭から開始するが、
トスカニーニの入魂の叫び声が、
ソロ楽器のように響き渡り、
渾然一体となった、火の玉のような演奏となる。
冒頭から、Sec、Secが叫ばれている。

3分経過のあたりでは、
第2主題に入る前の部分からの演奏が再開。
ここでも、第2主題の後半で、
トスカニーニの唸り声で、
音楽は高潮していく。

まさしく本番以上に張り詰めた雰囲気で、
音楽で血管が膨れ上がっているようである。

5分を経過すると、
コリオランの快進撃のような部分が、
練習の対象となる。
かなり弦は同じ音型をくり返すだけのような部分で、
まったくもって、だらけそうな部分だが、
7分あたりでトスカニーニの要求が入る。

これで、快進撃は、敵の抵抗を受けながら、
それを押し返すようなドラマとなり、
悲鳴のように高鳴る音形には、
乾いたリズム感が要求されて、
メリハリが与えられていく。

8分41秒あたりでは、すこし、
ディスクが変わったような不連続感があるが、
一応、続いているようだ。

だん、と打ち付ける部分は、
トスカニーニは、神経質なまでに精度を要求している。

12分30秒くらいで、
最後のピッチカートまで弾き終わっているが、
13分前後から、細かい指示が出て、
再度、第2主題再現からやり直しとなる。

14分半あたりから、
トスカニーニの怒りがさく裂しているが、
楽譜をばんばん叩きながらで、
かなり暴力的である。
14分46秒で、
「Give all yourself!」が、
14分53秒で、
「I give everythig I have!」
が出ているのであろうか。

これは、解説にもあったように、
全力を出せと言うコントラバスへの要求である。

しかし、その後は、すぐに気分を変えて、
音楽を開始させ、かなりさっぱりした対応である。
「第九」の練習では、帰ってしまったとあったので、
もっと、ねちねち言うのかと思ったが、
かなり、好感度は高い。

15分からは、第2主題部再現以降の、
トスカニーニの肉声ソロ入りの
スペシャル・コリオランとなる。

このように、シューベルトが「ます」で、
参考にしたのかしていないのか分からないが、
第2主題の低音部も、何度も聴けて、
この音型を繰り返し聴き直すことが出来る。

この部分、聴いて明らかだが、
コントラバスは生き生きと動きだし、
冒頭和音の繰り返しとなる音形も、
びしっと決まっているようである。

ティンパニの一打ごとに、
トスカニーニは、
「そーりゃあ、どん」という感じで興奮している。
ティンパニは、彼の入魂ポイントのようである。

こうして、16分半には、2度目の終結となるが、
まだ、微調整が必要と考えたのか、
終結部の呟きのような部分をくり返させている。

この意味有り気な終結にも、
ドラマを与えようとしているようだ。

17分40秒からは、
再び、第2主題部分の練習が始まる。

このように、トスカニーニは、
音の活力や、要所要所の引き締め、
各奏者にも、いろいろ考えて動け、
と言ってるように感じられる。

楽譜に書いてあるだけを弾くレベルなど、
一緒に超越せよと、
楽団員にも要求しているようだ。

「第9」で、チェロ奏者が怒られた、
というのもうなづけるものがある。
しかし、団員も、常に常に、
このような緊張感を維持するのは大変であろう。

泣く子も黙る激烈さの
トスカニーニのリハーサルは
非常に有名であるが、
NBCの面々も、
ちょっとは改善されていったのだろうか。

1939年にチクルスでやって、
経験済みの楽曲だと思うが、
7年経って、同じことを言われているのか。
すっかり忘れてしまったのか、
楽団員が入れ替わったのか、
毎回、トスカニーニが言うことが違うのか、
つくづく、コミュニケーションの困難さを痛感する。

では、CD冒頭に収められた、
この曲の本番であるが、
このリハーサルの経験は生かされているだろうか。

冒頭、和音の切れは悪くない。
第1主題の後半、ここは、ちょっと印象が後退した。
第2主題の後半の高揚感、これは悪くないが、
トスカニーニの唸り声を入れたい感じがする。
快進撃の部分、もっとSec、Secと言っても良い。
やや、せかされている感じもするが、
低音弦の活躍もあって、緊張感は悪くない。
最後のコントラバスのぎこぎこは、
録音環境が変わったせいであろうか、
本番では忘れられた感じで、いささか迫力がない。

このCDには、他に、英国の至宝、
マイラ・ヘスの独奏など、聴きどころが多いが、
今回は、字数が尽きた。
が、こうやって、
トスカニーニのこだわりポイントを聴いた後では、
序曲と同じ調性を持つ、劇的な、
この協奏曲のバックを務めるオーケストラが、
どんなことを要求されたか、何となく分かるような気がする。
マイラ・ヘスのピアノも、何となく、トスカニーニ的に、
明晰で集中力に富み、多彩な表現で劇的なものに聞こえる。
拍手もすごい。

また、ヴァーグナーの「ラインの旅」も、
メロディが、ぴちっとはち切れんばかりで、
素晴らしい吸引力で、聴くものをラインに誘う。

得られた事:「トスカニーニのリハーサルは、全身全霊で音楽に向き合うためのイニシエーションの場で、各楽想に活力を与えつつ、団員個々の存在価値を再認識させるものであった。」
[PR]
by franz310 | 2014-08-10 16:17 | 古典