excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その392

b0083728_13393791.jpg個人的経験:
今日でも演奏される機会の少ない、
初期のシューベルトの交響曲、
特に「第4」を大事にしてくれた
バルビローリは、
ベートーヴェンでも、
同じ「第4」のような比較的、
マイナーな作品を
得意にしていたようで、
問題のニューヨーク・フィル時代でも、
唯一、この曲の録音が残っている。
このCDは、ダットン・レーベルが
復刻したものだが、
表紙のデザインがかっこよくて痺れる。


写真のバルビローリは、若くて精悍な感じだし、
ブルーの色調に白い楽譜、
赤い曲名が浮かび上がるのも、
かなり印象に残るものである。

さらに、このシリーズ、情報量の多い、
写真も豊富なブックレットが魅力で、
前回、シューベルトの交響曲を取り上げ、
今回もシューベルトで行きたかったが、
この解説は、ぜひ、紹介しておきたい。

1936年という古い録音であるが、
オーケストラから、音楽する喜びを引き出しているという点で、
かなり聴きごたえのある内容であるし、
この時代の雰囲気を彷彿とさせる記録でもある。

解説は、マイケル・ケネディで、
バルビローリやエルガーの評伝で高名な人。
もう、15年も前の1998年の文章であるが。

この前のCDでは、バルビローリの、
ニューヨーク・フィル着任時代の、
華々しい活動を読んだが、
今回のものは、最初から悩ましい色調に溢れている。

「アルトゥール・トスカニーニの後任として、
オーケストラの首席指揮者、音楽監督になった、
ジョン・バルビローリが指揮した、
このニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団の演奏は、
その最初と次のシーズン、
1936-37、1937-38の放送用の録音である。」

「off-the―air」とあるのだが、
私はこの言葉を知らなかった。
「放送されていない」という日本語訳以外に、
放送されたものを録音した、みたいな意味もあるようなので、
「放送録音」と理解した。

このダットンのシリーズ、
多くの、バルビローリのライブ録音があるので、
私は、当時、バルビローリは人気があって、
次々に演奏会の模様が中継されて、
国民的アイドルになったものだと思い込んでいた。

「放送されていない」という解釈をすれば、
何故、録音されながら、放送されなかったのであろう、
何か、陰謀があったのだろうか、
などと案じてしまうのだが、
そういうことはなさそうなので、
やはり、これらの録音は放送されて好評を博したものであろう。

そもそも、トスカニーニのために、
NBC交響楽団などが作られたのも、
当時、放送局にとって、
オーケストラ演奏が重要なコンテンツだったからである。

それはさておき、このCDは、いきなり、
バルビローリのニューヨーク時代を、
要約する一言から始まって、妙に強烈である。

「私たちは、ニューヨークにおける、
バルビローリの『失敗』をよく聞くので、
高名なアメリカの批評家、
ローレンス・ギルマンが、
バルビローリが、アメリカでの
最初の何週めかに取り上げた、
ベートーヴェンの『第2交響曲』の演奏について、
書いた言葉は、撤回したほうが良いように思える。
ギルマンは、そこで、このように書いた。
『彼から遠く離れて聞いていても、すべては、
生き生きとして、明解、はっきりと伝えられ、
対象、つまり音楽を、
よく理解した眼差しが感じられ、
その指揮は、完全無欠としか言えない。
それは決してインチキでも、
不誠実でも、うわべだけのものでもない。
これは、そう感じさせる音楽家の産物であるが、
この巨匠の考えの伝達を妨げるものはなく、
そして質素でさえあるという、
最高の境地に立っているのではないかと思える。』
これは、まるで、ハレやベルリンにおける、
バルビローリ自身の事が書かれたようである。
ニューヨーク・フィルの理事会は、
その何週間後かに、聴衆の熱狂について、
聴衆の入りが驚くほど良いことを証拠とし、
特に、日曜の午後の演奏会がそうだ、
と報告した。」

ギルマンは、1878年生まれの作家、音楽評論家らしく、
1939年には亡くなっているので、
この評論は、かなり晩年期のものということになる。
「トスカニーニと偉大な音楽」という著書がある。

ここでは、「第2」が語られているが、
「第4」がこのCDのメインの曲目で、
私は、バルビローリの「第2」は聴いたことがない。
(なお、興味深いことに、このCDの解説では、
「第4」と「第2」の類似性が述べられている。)

以上が、バルビローリ着任の成功を伝える事例であるが、
以下には、今日読むと、まさかと思うような、
批評が紹介され、どうやら、これらは、
反バルビローリ派の言葉のようだ。

ヴァージル・トムソンとは、
あの有名な作曲家であろうか。

「ギルマンと比べ、
ヴァージル・トムソンは不機嫌で悪意があり、
オリン・ダウンズの悪意のほのめかしは、
バルビローリのアメリカでの日々の伝説のルーツとなった。
ここに紹介するような批評を書いたのである。
『ベートーヴェンのエグモント序曲で、
こんなに聴くべきものを失った聴衆はかつていなかった』
とし、
エルガーのエニグマ変奏曲は、
『オーケストレーションの口実のための勉強の努力』
にすぎないと書き、
シベリウスの第2交響曲については、
『俗悪、放縦、言葉で言い表せないほど洗練されていない』
と否定した。
(トムソンは、さらに続けて、
教養のあるプロの音楽家で、
シベリウスの音楽を好きな人など見たことがない、
と断言した。悲しい人物である。)
ダウンズは、のちに、エルガーの第2交響曲を、
『ずっと昔に根が腐っている、
くたびれ果てた文化を感じる。
冥福を祈る』と書いた。」

ということで、こうした誹謗中傷というか、
偏見に満ちた個人的見解を列挙することに、
著者もムカついたのであろう、
これらを「rubbish(ガラクタ)」と呼んでいる。

「こうしたガラクタをわざわざ私が掘り出したのは、
バルビローリが企画したプログラムへの反対勢力の雰囲気を、
紹介したかったからであり、
オーケストラとその指揮者が一緒に音楽を作り上げた証拠を、
聴けるようにしたいという、
バルビローリ協会の賞賛すべきポリシーに則るためである。」

と、マイケル・ケネディは、書いているが、
そのポリシーとの整合性まで納得するかどうかは別にして、
興味深い内容であった。

が、オーケストラと指揮者が一緒に、
音楽を作り上げている感じは、
この解説を読むまでもなく、
このCDを聴いて、私にもよく感じられる。

ただし、これだけで、バルビローリに対する、
反対勢力の逸話はおしまい。

冒頭にも書いた事だが、
ここで、再び、今回のCDの表紙写真を見てみると、
バルビローリの眼差しが、
何かに耐え忍んでいるようにも見えて来るであろう。

こうして、いろいろ人生の味わいを増すようなものに、
ふいに出くわすと、どうしても寄り道して紹介したくなる。
困ったものである。

ここからは、各曲の解説になるが、
指揮者の逸話を離れても、
それなりに力作で読みごたえがある。

「このディスクの4つの演奏中、最も初期のものは、
1936年11月29日のモーツァルトの
交響曲第33番変ロ長調(K.319)である。
今日知られているほどには、
おそらく当時の聴衆は、
この曲を知らなかったであろう。
この喜びに満ちた作品は1779年の夏、
ザルツブルクで作曲された。
モーツァルトは、宮廷オルガン奏者になるために、
1月に旅から戻っていた。
彼はこの年と1780年に、
32番、33番、34番として知られる
3曲の交響曲を書いた。
33番は本来3楽章形式であったが、
おそらく1784年にヴィーンで演奏する際に、
メヌエットとトリオを追加した。」

この演奏がどうか、という事は、
書かれていないのが残念だが、
第1楽章から弾けるような活力で演奏され、
血の通った節回しや、音の強弱が粋であり、
のびやかな情感が実にフレッシュ。
録音の限界以上に楽しむことが出来る。

私は、これらの演奏に共通して感じられる、
弾けるような推進力に聞きほれてしまう。

第2楽章は、この時代のモーツァルトらしい、
シンプルな静けさの中に、豊かな陰影を施した構成が、
バルビローリの繊細な歌心とマッチしている。
非常にしっとりした表現で、木管が浮かび上がる部分も美しい。
心温まる演奏である。

第3楽章が、書き加えられたという、
メヌエットとトリオで、これまた、
若いモーツァルトの野心すら感じられる、
簡潔ですかっとした音楽。
トリオは、たっぷりとした表情で描かれる。

第4楽章の推進力と粋なリズム感も素晴らしい。
かなり快速でありながら、ぞんぶんに歌心も感じられる。
オーケストラも乗っている。
弾けまくった音楽で、爽やかな歌に、
冴えたエッジが効いている。

これだけは放送でもあったのだろうか、
曲の最後には拍手とアナウンスが流れる。
このオーケストラでは初めての曲目だという。

私は、この幸福感に満ちた音楽は、
ひょっとしたら、日曜日に演奏されたのではないか、
などと考えたが、実際、調べてみると、
1936年11月29日は日曜日ではないか。

ニューヨークでの、バルビローリの
日曜コンサートは人気があったということ、
さらには、クリスマスも近づく時期の、
週末の雰囲気が、ここに、見つけることが出来たような気がした。

「2週間後のニューヨークでのコンサートで、
バルビローリは、たった21歳の男によって書かれた、
驚異の音楽の一つを指揮した。
1830年作曲の、
メンデルスゾーンの変ホ長調八重奏曲からの
『スケルツォ』である。
メンデルスゾーンという名前を聴くと、
私たちの脳裏をよぎる
真夏の夜の夢のような移り気な妖精の音楽を、
要約したようなもので、
完璧かつ、シンメトリカルなのに、
あちらこちらへと飛び交う。
このような曲は明らかに、
オリジナルより増強された編成であるが、
バルビローリはオーケストラの弦楽編成で、
八重奏曲のような音色を出している。」

こう書かれているが、明らかに管楽器も導入され、
八重奏曲などより遥かに色彩的な音楽になっている。
私は、この録音の、幻想的な編曲は好ましいと感じた。
拍手も暖かい。
これは、12月13日、やはり日曜日。
おとぎの国の音楽に相応しい。

が、ベートーヴェンの「第4」はどうか。

「1936年12月13日のコンサートで
(これはたまたま、エドワード二世の王位放棄の、
二日後に当たる)
バルビローリは、今なお、もっとも誤解された、
ベートーヴェンの交響曲、
第4番変ロ長調作品60を指揮した。
この曲はしばしば、巨人のような、
第3と第5交響曲の間に立つ、
『すらりとしたギリシアの乙女』と記載され、
この傾向は、その疑いなき優雅さや抒情性のみに、
聴衆の注意を向けてきた。
しかし、これは神秘的な交響曲でもあって、
ベートーヴェンは変ロ長調を、
たとえば『太公トリオ』や
『ハンマークラヴィーア・ソナタ』、
作品130の弦楽四重奏曲のような、
最も雄大、かつ、深刻な作品に使っている。
偶数番交響曲は、奇数番交響曲より、
いろんな面で軽め、という古い解釈は、
第4交響曲を見る限り間違っている。
1806年に作曲された。
この夏と秋、Troppau近くの、
リヒノフスキー公の居城に、
ベートーヴェンは招かれていた。
これは、第2交響曲の私的な演奏会で、
非常な感銘を受けていた、
オッペルスドルフ侯爵の住処の近くで、
この人は、ベートーヴェンに、350フローリンで、
もう一曲の作曲を依頼した。
ベートーヴェンは、すでに、
現在『第5』として知られている
交響曲を書きつつあったので、
これをそれに当てようとした。
しかし、何かの理由で、彼の心は変わり、
おそらくオッペルスドルフ侯爵が、
第2と同様のものを望んだからだと考えられる。
彼は、第5を中断して第4を変ロ長調で書き始めた。
この2曲が似ているのは、こうした事から説明できる。
(ともに、例えば、下降三度のインタバルがある。)」

ベートーヴェンと言えば、
ハ短調が有名であるが、
変ロ長調というのも特別な調であった事を、
私は初めて知った。

先のモーツァルトの「33番」や、
シューベルトの「第5」も変ロ長調だが、
こうした雄大さとは、いささか縁のない音楽だが。

また、もし、この貴族がちゃちゃを入れなければ、
「運命」と呼ばれることもある曲は、
「第4」になっていたのだろうか。

さらに言えば、この「第4」は、
機会音楽だということになるが、
そういった軽いものではないことを期待したい。

が、そうした気楽さから、幻想的交響曲のような、
いくぶん奇想曲的な要素が充溢したのか、
などと納得も出来た。

かなりコアなユーザーが決まっているので、
いくぶん、通向けの複雑さが盛り込まれた可能性もある。
「第5」のような直線進行ではない要素が目立つ。

紆余曲折あったバルビローリの人生を見ると、
こうした音楽が得意であったとしてもおかしくはない。

「『英雄』や『第5』にあるような強さも、
第4の第1楽章には感じられる。
アダージョは、その厳かなリズムの傾向からして
『英雄』の『葬送行進曲』から、
続くムードと、それほど離れたものではない。
第4に悩まされたベートーヴェンの同時代者を、
後知恵で否定し、
我々は第5や、もっと直接的に第6の予告を聴く。
『第4』を知っている者なら、
『田園』の緩徐楽章にも嵐にも驚かないだろう。
『第4』は、明らかな不真面目さから、
嵐のような怒りとなり、
清澄さから深く込み入った神秘まで、
そのすばやく、突然のムード変化によって、
単純にカテゴリー分けが困難である。」

この曲を聴き始めて、
戸惑うのは、まさしくこんな性格によるものであろう。
が、逆に言うと、これこそが、
ベートーヴェンの自画像、
という感じがしてくる。

第3「英雄」以降の奇数番号交響曲は、
もはや等身大の人間に例えることは不可能だし、
第6は「田園」、「第8」もシンプルに過ぎる。

と考えると、この「第4」を、
「等身大交響曲」などと考えても良いような気がしてきた。
作曲家の矛盾に満ちた性格が、
ここにはそのまま表されている。

バルビローリとは何の関係もない解説だが、
私は、10月、冷たい雨の降る日曜日の夕方に、
以下の解説を読みながら、この曲を聴いて、
妙に充実したひと時を味わうことができた。

この解説の良い点は、ここを良く聞け、
ここが聴きどころだ、と詳しく教えてくれる点である。

「ベートーヴェンの霊感豊かな、
思いもよらぬ調の構成を反映した、
感情的な不安定さは、冒頭から明らかである。
主音が一度、しかも、
フォルテで奏される弦のピッチカートでしか現れない、
幅広い導入部は、喜ばしい第1主題を作り出す過程へと続く。」

この曲の難解さは、明らかに、
この序奏部の思わせぶりな表情にあって、
最初、これを聴いた時は、
何が言いたいのか、さっさと、はっきりせい、
と言いたくなったものだ。

低音で引きずるような音、
点描のようにぽつぽつ現れる各楽器の音色。
点線で描かれたような、
トリックのような絵画。
そして、それを振りほどくような第1主題が舞い上がる。
あるいは、暗い牢獄から、
解き放たれた英雄のような音楽にも聞こえる。

「しかし、間もなく暗雲が垂れ込め、
ロ長調の近くで浮遊する
サスペンスに満ちた調性で、
展開されるうちに緊張が高まる。
そして、様々なテーマのカンタービレの対位法が加わる。」

しかし、このような英雄性は、
第2主題の、いくぶん、長閑な風情によって、
一貫した感じを与えない。
長閑と言っても良いが、
能天気にも聞こえるのは、
木管楽器などが、はやし立てるような、
軽妙な伴奏をくり返すからである。

解説者が「不真面目」から「憤怒」と書いたのは、
こうした点からも肯けるのである。
まさしく、青空の下を闊歩する、
野人のようなベートーヴェンの姿を思い浮かべることが出来る。

極めて不遜で、自信にあふれ、
不気味な笑みをたたえ、彼と親しくない人には、
どう考えても、むら気な奇人変人としか見えず、
近づきたくない感じ。

「同様にアダージョは、
ロマンティックにスコアリングされているが、
クラリネットの抒情的な音色を別にすれば、
もはや、優しい牧歌ではない。」

この楽章も、ものすごく清涼な楽想が、
がっちゃがっちゃがっちゃという、
野人の歩みでかき乱されて、
かなり変な音楽なのである。

かと思うと、クラリネットの、
のびのびとしたメロディには、
夢想的な、素敵な青年作曲家の一面も見える。

「素晴らしく装飾されたメイン主題が戻ると、
2つのパートのヴァイオリンに、Gフラットで、
ベートーヴェンが書いた事のないような、
神秘的で、魅惑的なパッセージが現れる。
この楽章は、最初から最後までまといつく
勇敢なテンポをティンパニが引用する。」

繊細さでは、偉大な「第9」の変奏曲を先取りしつつ、
「英雄」の「葬送行進曲」のような緊張感も織り交ぜながら、
ばーんと弾ける解放感に、悩ましい瞑想が重なって、
おそろしく様々な感情が統合されている。
最後のティンパニの前には、まるで、
あー退屈した、みたいな、あくびのような音がある。

「第3楽章は、スケルツォとトリオが2回繰り返され、
ムードとしては広がりがあり、
メヌエットから遠く離れて、
ほとばしるようなものである。」

典型的ながちゃがちゃ的スケルツォ、
トリオも、即興的な楽句が不思議なもので、
伸びやかであるが、人を食った笑いに聞こえる。

実に、ギリシアの乙女などではない。
自己中心的な天才の人生謳歌で、
まったく細かいしきたりなどにお構いなしである。

「このほとばしりは、優雅な抒情的な瞬間と対比されるが、
このことは終楽章にもいえ、
ここにはユーモアがあり、
まず、トヴェイが『偉大なバスーンのジョーク』
と呼んだものがあり、
最後に、もう一度、主題が現れるや、
消えていくところなどにそれが感じられる。」

これは、先のメンデルスゾーンの「スケルツォ」みたいに、
妖精がちらちらするような音楽で、
まるで人間の限界を超えてばく進する。
そこに、冷やかしのような音楽が重なっては消える。

バルビローリの指揮するニューヨーク・フィルは、
高い集中度で、この千変万化する奇天烈変人交響曲の、
活力や美質を多面的に描きだしている。

それにしても、ベートーヴェンの「第4」を、
誰の指揮で聴きたいかを聴かれ、
バルビローリの演奏の後で、
他の指揮者の名前が上がらなくなってしまった。

ムラヴィンスキーやカルロス・クライバーの演奏などが、
非常に有名だが、なんだか、彼らの指揮でオーケストラを、
ぶいぶい言わせているイメージが強く、
等身大の作曲家の姿を濃やかに描いているとは思えない。

全集の一環として扱っている指揮者も、
いろいろと思いを巡らせてみたが、
これだけ、個性的な音楽として、
大切に取り扱われた後では、
ちょっと、そんな気持ちではない、
と言いたくなってしまった。

「ベートーヴェンの序曲『コリオラン』
(この演奏は1937年12月19日、ニューヨーク)は、
1807年に、独立した作品として作曲された。
作曲家の友人、ハインリッヒ・ヨーゼフ・フォン・コリンによる
劇「コリオラン」(1802)は、
ヴィーンの人々に良く知られており、
(モーツァルトの義理の兄、
ヨーゼフ・ランゲが主役を演じて成功した)
ベートーヴェンの序曲は、
1807年3月、ロプコヴィッツの宮殿で初演された。
序曲の成功によって、1か月後、劇もリヴァイヴァルされ、
ベートーヴェンの音楽がまず演奏された。
これは、彼の最もヴァイオレントで、
火を噴くような作品で、極度な凝集力を持つ。
全ての情熱を使い果たして、曲は静かに終わる。」

このCDでは、唯一、37年の録音で、
最初に収録されているもの。
ただし、音が他の曲より良いという感じはしない。

バルビローリのような、
どちらかというと豊かな人間性で聴かせる指揮者が、
このようなシリアス1点張りの音楽を振ると、
どうなるか、という感じだが、
ちょこまかした繰り返しの楽想を、
情熱をもって適確に描きわけ、
美しい、なだめるような主題との対比も自然である。

これまた、ものすごく集中力の高い演奏で、
じゃーんと引き伸ばすところが、
何となくバルビローリ的である。

この曲が演奏された37年12月19日は、
これまた、日曜日であるが、
あの幸福なモーツァルトやメンデルスゾーンから、
1年を経て、この重苦しい音楽が、
バルビローリの先行きを暗示しているようで辛い。

得られた事「バルビローリの日曜コンサートは、ニューヨークで人気があり、ハートフルかつ夢想的なモーツァルトやメンデルスゾーンの録音には、週末の雰囲気が感じられる。」
「ベートーヴェンの『第4交響曲』は、この作曲家の自画像のような作品に聞こえた。」
[PR]
by franz310 | 2013-10-27 13:40 | 古典

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その391

b0083728_22293623.jpg個人的経験:
シューベルトの
6曲の初期交響曲は、
いずれも、ハイドンや
モーツァルトに倣った
一律に素朴な作品として、
一括して語られる場合が多い。
しかし、そうした傾向は、
比較的、近年になっての
認識のようで、
20世紀も前半は、
各曲の違いも、今よりも
良く認識されていたようだ。


碩学アルフレート・アインシュタインは、
たとえば、「第6交響曲」などの、
いくぶん変な感じを指摘しながら、こう書いている。

「『悲劇的』シンフォニーや
親しみのある変ロ長調シンフォニーならば
甘んじて取り上げるような
指揮者たちのあいだでさえも
ひどく嫌われている。
それもふしぎではない。
このシンフォニーは
彼らに反感を起こさせるのである。
それはどんな型にも当てはまらない。」

「甘んじて取り上げる」という表現が、
シューベルト・ファンには苛立ちを禁じ得ないが、
確かに、アインシュタインがこの本を書いた、
1940年とか50年という時点では、
シューベルトの交響曲の受け入れられ方は、
微妙なまだら模様の分布であったと思われる。

まず、「甘んじて取り上げる」指揮者の一例、
に見える(実際にはそうではないと思う)
のがバルビローリである。

彼は、1936年から43年に、
トスカニーニの後任として、
ニューヨーク・フィルを率いたが、
その正規のスタジオ・レコーディングの中に、
シューベルトの「交響曲第4番」が含まれている。

このCDは、若き日のバルビローリの、
ぱりっとした蝶ネクタイ姿が載っているだけの、
あまり凝っているとも思えないデザインのものだが、
時代を感じさせるフォントで書かれた曲名や、
赤と白と黒でまとめられた印象は、
そこそこかっこいい。

「ビクター・レコーディングズ」と、
右下に書かれていて、
1938年から39年のものが入っている。

バルビローリによるシューベルトの「第4」は、
ベートーヴェンの同じ「第4」並みに、
ゆっくりと演奏された神秘的な序奏からして、
聴くものの心を捉えてやまないものだ。

Track7.第1楽章:
ハイティーンの若造が、
しかめっ面して書いたような、
青臭い音楽として片づけられるような、
この部分に、全身全霊を傾ける指揮者を、
いままで聴いたことがあっただろうか。

主部に入ってからも、
様式的な「疾風怒濤」ではなく、
バルビローリは、細部にまで血を通わせて、
ものすごく説得力のある演奏を繰り広げている。

ポルタメントをかけて舞い上がる、
めくるめくメロディに、
襲いかかる低音の迫力は、
実演で聴いたら、卒倒しそうな生々しさがある。

Track8.
第2楽章の美しい田園風景の中の安らぎも、
何で、こんなに切なく演奏するのか、
と言いたくなるくらいに心を揺さぶられる。

ニューヨーク・フィルのメンバーも、
神妙に、その音楽を奏で、
聞き入るほどに、
恐ろしい喪失感すら感じられてしまう。

中間部の木管の呼び合う様も、
まるで、ベルリオーズの交響曲さながらである。
慟哭するような低音弦の存在感もすごい。

繰り返し戻って来る主要主題が歌われる時の、
カンタービレの切々たる風情は、
他で聴いたことはなく、
あるいは、戦争によって、
消えてしまった様式かもしれない。

録音時間の制約が大きかったであろう、
この時代の録音なのに、
たっぷりと引き伸ばされたこの音楽は、
録音技師を困らせなかっただろうか。

Track9.第3楽章:
軽妙な音楽で、マーラーさながらに、
グロテスクな舞曲となっている。
確かに、このように演奏されると、
バルビローリがこの曲を演奏する必然性まで、
納得されてくるではないか。
トリオは、特別、特徴はないが、
このような速いテンポで、
ごつごつと演奏されるメヌエットは、
マーラーが、この交響楽団に伝授したのではないか、
などと考えてしまうほどである。

Track10.
この終楽章も個性的な音楽である。
耐え忍んで、透徹に突き進む音楽で、
「悲劇的」など何のその、
と言わんばかりに、
ものすごくダンディで、いかしている。

青白いインテリ青年の、
妄想の文学趣味みたいな書かれ方をしてきた、
別の意味で「悲劇的」なこの交響曲に、
決然とした意志が見て取れる。

そこここに明るさを増してくる、この終楽章に、
きらきらと祝福するような音が飛び交うのに、
見向きもせず、ひたすら突き進む潔さに、
この時代のバルビローリの決意を見るような気がする。

最後の和音も、それを確認するかのように、
どーんどーんと打ち付けられている。

シューベルトの他に、チャイコフスキーの
「フランチェスカ・ダ・リミニ」(Track1~3)と、
ドビュッシーの「イベリア」(Track4~6)が、
このCDには収録されている。

チャイコフスキーは、美しいところと、
騒がしいところが、雑然とした作品で、
あまり録音も多くないと思うが、
バルビローリの演奏は、
起承転結がしっかりしている感じで、
どんどん聴かされてしまう。

しかし、1938年の録音と言えば、
マーラーの「第9」を、
ワルターがウィーンで演奏した記録が有名だが、
曲の違いで当然というべきか、
さすがアメリカの録音だということか、
妙に、明るい音色なのが印象的だ。
第2部の嫋々たるカンタービレが泣かせる。

ドビュッシーの「イベリア」は、
色彩感勝負の曲で、
この時代の録音はきついはずだが、
よくぞここまで粒の立ったリズムの空気感まで捉えた、
と言いたくなるくらいに、聞きやすく復刻されている。

バルビローリの息づくような音楽づくりで、
わくわくするような高揚感が得られる。

チャイコフスキーも、
ダイナミック・レンジからすれば、
絶対、無理のはずなのに、問題なく楽しめた。

それにしても、
ニューヨーク・フィルのシューベルト!

これは、ワルター晩年の「未完成交響曲」に、
酔いしれた経験のあるものなら、
ことさら、感慨深いものではないだろうか。

そのワルターの「未完成」と同様に、
このバルビローリの「悲劇的」は、
確固とした存在感で、私の中に刻み込まれた。

ワルターは、彼のための録音用のオーケストラ、
コロンビア交響楽団とのステレオ録音の
LPシリーズが有名であったが、
その中にあって、何故か、「未完成」だけが、
名門ニューヨーク・フィルとの演奏であった。

今回聴いた結果、
ひょっとすると、
ワルターのシューベルトというより、
ニューヨーク・フィルのシューベルトが美しいのではないか、
などと思えるほどである。

ワルターの「未完成」よりも、
20年も前の戦前の、
ニューヨーク・フィルではあるのだが。

まだ30代であった、若いバルビローリは、
この楽団にも、聴衆にも、期待されたのであろう、
常任指揮者となって、すぐに、
多くの録音が残されている。

ただ、戦争の時期に重なってくるため、
ほとんど、これらの録音は、CD化されるまで、
日本で知られることが少なかったものだ。

1970年代に出された、「レコード芸術」付録の
「オーケストラWHO’S WHO」
でも、この楽団について、
1922年からのメンゲルベルク時代、
1928年からのトスカニーニ時代を、
「第1期黄金時代」と呼んでおり、
37年から42年までのバルビローリ時代、
43年から47年までのロジンスキー時代、
47年のワルターの音楽顧問、
49年からのミトロプーロスとストコフスキー、
51年から57年のミトロプーロス時代をすっ飛ばし、
58年からのバーンスタイン音楽監督時代を、
「第2期黄金時代」と書いてあるほどである。

これでは、バルビローリが、この名門オーケストラを、
へなちょこにしてしまったような感じばかりが残る。

が、私が持っているもの(()以外)だけでも、
バルビローリ協会は、この楽団とこの指揮者の、
出会いの幸福さを象徴するかのように、
多様な録音群をCD化している。

バルビローリが、着任早々、
かなり着目されて、ライヴ録音までが、
ばんばん出された(放送された?)事、
さらに、後半の関係悪化と共に、
こうした録音が激減しているということがわかるドキュメントだ。

しかし、シューベルトの「第4」の
位置づけは、凄いではないか。
彼が正式にビクターにスタジオ録音した交響曲は、
何と、このシューベルトだけだったということになる。

ダットン(DUTTON)レーベル
(とバルビローリ協会)からCD化され、
良い音で復刻されたのは、
まことにこの指揮者を見直すのに歓迎すべき事である。

もしも、これがなかったら、
ちょっと堅苦しいEMIの録音ばかりで、
(あるいは、盤質に疑問のあったパイの録音で)
バルビローリを語らなければならなかった。

解説は、Paul Brooksという人が書いている。
バルビローリ協会のVice Chairmanらしい。

「フィルハーモニアに引き抜かれたバルビローリ」
というタイトル。

この解説は、バルビローリの、
着任早々の快進撃をうまく描きだしているが、
予想もできないような、
ぞっとするような結末で書き終えていて、
非常に考えさせられ、
味わいのあるものだ。

「これは、1936年4月8日のニューヨーク・タイムズ
の見出しで、
『比較的この国では知られていない36歳の指揮者、
ジョン・バルビローリは、
フィルハーモニック・シンフォニー協会の
次のシーズン最初の10週の
指揮をするように選任された』とある。
アメリカの音楽会の聴衆には、
あまり知られていなかったかもしれないが、
レコードの世界では、
良く知られたアーティストであった。
1936年までに、
バルビローリが指揮をして共演した
独奏者の名簿は、
ヤッシャ・ハイフェッツ、アルフレッド・コルトー、
エドウィン・フィッシャー、グレゴール・ピアティゴルスキー、
アーサー・シュナーベル、ウィルヘルム・バックハウス、
アルトゥーロ・ルービンシュタイン、
それに、ミッシャ・エルマンがいた。
彼の声楽曲録音も忘れがたく、
フリーダ・ライダー、レナート・ザネッリ、
フローレンス・オーストラル、ペーター・ダウソン、
ヨーゼフ・ヒズロップ、フェードル・シャリアピン、
ローリッツ・メルヒオール、フリードリヒ・ショル、
ベニアミノ・ジーリらである。
この印象的な録音のリストが、
フィルハーモニック協会の議会と、
議長のAuthur Judsonに、
若い指揮者に、まず関心を向けさせた。」

残念ながら、この頃から、日本は、
やばい国内情勢によって、
世界から孤立して行くので、
残念ながら、
バルビローリのニューヨークでの活躍は、
日本人が知らない間に起こった感じになった。

あらえびすの「名曲決定盤」でも、
トスカニーニがニューヨーク・フィルを、
辞任したところまでで、
情報が途絶えている。

「1936年10月28日、
ニューヨーク・タイムズは、
『フィルハーモニックのため、
バルビローリはここにいる』と報告、
インタビューで、避けられない質問を受けている。
『トスカニーニの足跡に続くことを、
あなたはどう感じているか?』
バルビローリは驚いたように、
質問者に尋ねるような表情をした後、
微笑んで、こう言った。
『私は、巨匠の足跡を辿るつもりはありません。
彼が刻したものは、このオーケストラの、
一つの時代の終わりなのです。
しかし、私自身が感じているように、
音楽は先に行かなければなりません。
私は、単純に音楽を熱狂的に愛している男にすぎません。
私は音楽に仕えるだけです。
アメリカの皆さんが、私を好きになってくれますように。』
バルビローリは、さらにトスカニーニには、
2度会ったことがある、と続けた。
最初の機会で、近視のマエストロは、
彼の顔をまじまじと見て、こう言った。
『君は、ロレンツォ・バルビローリと
関係があるのかね。ヴァイオリニストの。
私は、彼を良く知っているよ。』
ロレンツォは、実際、バルビローリの父親で、
祖父と共に、スカラ座で、トスカニーニの下、
ヴェルディの『オテロ』の初演時に演奏していた。」

これで、トスカニーニとの遭遇編の話は終わって、
次に、続くニューヨークでの成功の話となる。

「最初の演奏会の後、バルビローリは、
この後、すぐに妻になる、
イブリン・ロスウェルに、こう書き送った。
『私の最初の一週間は、すさまじい成功で、
Judsonは大喜びだ。
彼は、私の来年のスケジュールが、
完全にフリーか知りたがっている。
彼は、私をオーケストラの
常任指揮者にしたがっている。
ロンドンでは、明らかに、
サージェント、ヘワード、ランバートと、
同列にさえなれないのにね。』」

私は、これまで、
こざっぱりとしたサージェントの方が、
何となくヨレヨレ感のあるバルビローリより、
若いと思っていたのだが、
バルビローリより4歳年上の、
1895年生まれであった。

しかし、バルビローリのような、
神格化された仙人のような指揮者が、
こうした生々しい手紙を残しているとは知らなかった。

「彼はイブリンに、
『オーケストラは神々しく私に付き従い、
外部からは、連中は私に夢中だと聴かされている』
と告げている。」

晩年には仙人のようになる、
この名指揮者の若き日の、
前途洋々たる高揚感を伝えてやまない。

「1936年12月11日、
ニューヨーク・タイムズは、
バルビローリが、3年契約になった事を報じた。
フィルハーモニック協会が出した声明は、
『次の年は、1920年から21年のシーズン以来、
初めて、フィルハーモニックは、
全シーズンを務める常任指揮者をもつことになる。』
同月その後で、ニューヨーク・タイムズは、
S.J.Woolfによる、
大がかりな記事を載せた。
『バトンが振りあげられると、
彼の左手も、警告のようなしぐさで上がる。
バトンがスタンドを打つと、機嫌よく、
指揮者はテンポを速めるようにと求める。
指揮者の体が揺れる。
彼は金管に注意を促し、
ヴァイオリンにはさらなる困難を要求する。
異なる音色を音楽に導くように、
その表現力豊かな手は、
そのストップを引きながら、
まるで、巨大なオルガンを操るかのようだ。
暗いストレートの髪は逆立ち、
明るいグレーのアルパカの上着はよれよれだ。
襟は首のところで開かれ、
ネクタイは結んでいない。
楽譜を輝かせる光は、
彼の顔を照らし、
高い頬骨や突き出た鼻を際立たせる。』
リハーサルの後で、バルビローリは椅子に座り、
最近、レジャーの時間が増えている傾向について、
また、それを人々がどう使うかについて語り始めた。」

何とも、時代を感じさせる逸話ではないか。

「『音楽が、その一つの答えです。
新しい余暇に、それは楽しい娯楽になるでしょう。』
眼を輝かせながら、彼は、こう付け加えた。
『さらに、良いオーケストラの音楽を聴くと、
男はへとへとになって、やばい事をする気もなくしますよ。』
再び、椅子の背もたれに寄りかかり、
ライム・ジュースをすすると、
英国における音楽家の境遇を心配する。
彼らはますます解雇の危機に直面している。
『重要な映画館は、かつて、
大きなオーケストラを抱えていました。
今や、彼らはお払い箱です。
多くのレストランしかりです。
今や、すべてラジオですからね。』
彼自身、ホテルや劇場や映画館で演奏していた。
『それは、音楽家が知るべき、
人生のよい勉強になったから、
後悔なんかしていないよ。』」

これは、非常に考えさせられる言葉である。
巨大なシステムの中で、
ごく限られた玄人を相手にした、
コンクールの覇者などとは違い、
普通に暮らす人々に対して、
その心を動かすことのできる音楽を、
実地で試すことが出来たのだろうから、
バルビローリの音楽が、
機知に富み、熱いハートを感じさせるのは、
こんな原点があったのか、
などと感じてしまったわけである。

「1938年、バルビローリは、
ニューヨーク・フィルと、
最初の録音を行った。
2月7日の最初のセッションは、
ビクターのためのもので、
ドビュッシーと、バルビローリ自身の『パーセル組曲』
(これは、最初のフィルハーモニック・コンサートで、
取り上げられたもの)で、
2日後、彼は、極度に集中した劇的な、
『フランチェスカ・ダ・リミニ』、
レスピーギの組曲、
メニューインを交えての、
シューマンの『ヴァイオリン協奏曲』を録音した。
次のビクターのセッションは、
1月21日のシューベルトの『第4交響曲』、
2月21日のレスピーギの『ローマの噴水』、
シューベルトの『ドイツ舞曲とトリオD90』
で行われた。
翌年からは、バルビローリとオーケストラは、
コロンビアに録音することになる。」

コロンビアのシリーズは、
ベニー・グッドマンやカサドッシュの
伴奏のものなどがあったりして、
バルビローリは、いささか影が薄く、
ブルッフやモーツァルトの協奏曲のような、
よく知られた作品が録音されていたりするせいか、
このビクター録音の方が、
選曲がユニークなような気がする。

どの曲もメジャーなところを、
あえて外している感じがぷんぷんするが、
シューベルトの「ドイツ舞曲」など、
いったい、どうして録音しようと考えたのだろうか。

さて、このCD解説の最後は、以下のように結ばれている。

「フィルハーモニックとの最初の録音の前日、
彼は、明らかに彼を動揺させた、
いくつかのニュースを伝えている。
『A.J(Judson)と静かに食事をした。
長い会話をしながらね。
彼は、4000ドルのさらなる収益をあげ、
どっかに行こうと考えていたらしい。
僕が帰っていれば、
何も起こらなかったはずだ。
しかし、そうはならなかった。
私がいなくなると、
トスカニーニやロジンスキーの派閥が、
騒ぎはじめ、彼らがばらまく嘘や嫌味は、
信じられないものばかりだ。
こうした馬鹿話に、君が煩わされるのは嫌なんだ。
だけど、愛しい君、実際に戦いは続いている。
Judsonは、最後にこう言ったよ。
『僕たちは二つの失敗を犯したかもしれないよ。
私は君と契約したし、君は成功した。』」

最初の録音の前と言うのだから、
1938年頃の事であろう。
このように、着任早々に、
バルビローリ追い出しの陰謀が、
渦巻き始めていたということだ。

成功というものは、
かくも恐ろしいものだったようだ。

しかし、このような苦労を味わった人であっただけに、
晩年の栄光が巡って来たのかもしれない。

b0083728_2230336.jpgサー・ジョン・バルビローリが、
シューベルトの「第4交響曲」を、
好んで指揮していたことは、
別のCDの熱気に満ちた演奏によっても、
確認することが出来る。
これは、オーケストラも燃えに燃え、
バルビローリらしい
ジューシーな味わいに、
ドイツ的な立体的な構成感が素晴らしく、
聞き逃すことのできない名演奏だと思う。
よくぞ、出してくれたものだ。
録音もすっきりとして、とても美しい。


この表紙の写真がまた、
この指揮者が晩年に到達した境地を感じさせて、
味わい深いではないか。
音楽に没入しながらも、
何か、ものすごい自信に裏付けられた、
風格のようなものがあふれ出ている。

これは、最近出たもので、
ケルン放送交響楽団のライブ音源から取られている。

バルビローリが1969年2月7日という、
最晩年の境地で演奏した演奏会の一曲目が、
このシューベルトの「第4」なのである。

残念なのは、拍手まで収録されていないことで、
聴衆がどんな反応をしたのか、
非常に気になるのだが。

「ica」というレーベルのCDだが、
ブリテンの「セレナード」(Gerald English)
と、シベリウスの「第2」と共に2枚組で出た。

私は、タワー・レコードの店舗で、
偶然、これを発見して、考える間もなく、
購入して持ち帰り、すぐに聴いた。

とにかく、古典期の「疾風怒濤」様式の、
亜流ですよ、みたいな音楽ではなく、
素晴らしい生命力で鳴り響くマスターワークになっている。

すごいスケールの音楽になっていると思ったが、
演奏時間は28分弱と、
それほど、ビクター録音とは変わっていない。
第2楽章が速めになっていて、
他の楽章は、わずかながら遅くなっているが、
そのようなバランスゆえに感じられることなのかもしれない。

Raymond Holdenという人が書いた解説は、
「バルビローリは、最後の10年、ドイツでは、
いささか、カルト的存在であった」、
という、すごい書き出しである。

「しかし、多くの音楽愛好家が見逃さないのは、
中欧の文化の中に育まれたこの放送交響楽団の、
眼を見張る演奏の質の高さであろう。
バルビローリにとって、
ケルン、南ドイツ、バイエルンの
放送交響楽団との契約は、
常にそのスケジュールで優先度の高いもので、
彼は、これらの合奏能力が世界最高であることを、
事実として隠すことはなかった。
ケルン放送交響楽団(現在は、ケルンWDR交響楽団)は、
1947年に創設され、たちまち、
全ドイツを代表する楽団の一つになった。
1969年2月7日の、
バルビローリとこの楽団の演奏会は、
ドイツ、オランダの演奏ツアーの一環で、
彼が、5日間だけ、
ロイヤル・アルバート・ホールで、
ロンドンの4つの音楽大学の学生たちと、
ヴェルディの『レクイエム』の演奏をするため、
英国に戻った中断があっただけで、
アムステルダム、シェヴェニンゲン、
アルンヘム、シュトゥットガルト、ハンブルグ、
バーデンバーデン、ベルリンと回った。
多くのケルンでの彼の曲目は、
聴衆にとって親しみやすいものではなく、
シューベルトの『第4』は、
いくらか知られていたかもしれないが、
シベリウスの『第2』や、
ブリテンの『セレナード』は、
ドイツでは明らかに知られていなかった。」

ということで、CD化された、
このバルビローリの演奏を、
各地で聴いた聴衆に交じることが出来た光栄を感じる。

次に、このシューベルトのブログにとって、
非常に重要な一節が出てくる。

「バルビローリは、そのキャリアのスタート時期から、
シューベルトに献身的な解釈者であった。
1933-37のスコットランドのオーケストラの
音楽監督時代には『第4』は指揮しなかったとはいえ、
ニューヨーク・フィルを1937年に率いた時から、
彼は少なくとも8回、この曲を演奏している。
この曲の謎に満ちたクオリティが、
明らかにバルビローリに合っていたようで、
1939年1月21日には、
アメリカの楽団と初めて録音する交響曲として、
この曲を選んでいる。
クライマックスと活力はバルビローリのセンスで、
いかにもバルビローリならではのアプローチが、
この演奏からも明らかに感じられる。
この指揮者は、
構成とテンポの相互依存について、
熱い信念を持っており、
1938年には、こう書いている。
『指揮の芸術を特徴づける二つの基本原則は、
1.オーケストラに正しいテンポを授けること、
2.『メロス』を発見すること、
つまり、線を統合して作品に形式と様式を与えることです。
これらの二つのクオリティを与えることが、
もちろん、最高の指揮者の仕事です。
私たちの人生のほとんどは、
まず、これらのクオリティを
獲得しようとするために、
費やされなければなりません。』」

ここに書かれたように、
精妙なブリテンの「セレナード」も、
恐ろしく威厳のあるシベリウスの「第2」も、
緊張感と美しい流れを兼備した演奏で、
要所要所で、激しく高鳴り、盛り上がり、
きわめて、堂々とした光輝を放っている。
生々しい録音が、それを完全に捉えている。

得られた事:「バルビローリにとって、シューベルトの『第4』は特別な交響曲で、アメリカのメジャー・オーケストラの初めての交響曲録音や、晩年の大掛かりな演奏ツアーで取り上げるような作品であった。」
[PR]
by franz310 | 2013-10-13 22:33 | シューベルト