excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
全体
シューベルト
音楽
現・近代
古典
オンスロウ
レーガー
ロッシーニ
歌曲
フンメル
どじょうちゃん
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その142

b0083728_16401221.jpg個人的経験:
ここのところ、
ケッケルト四重奏団に、
興味を持っていたが、
バイエルン放送交響楽団の
主席奏者たちでもあるので、
このオーケストラを
聞き込めば、
彼らの独奏部分も
聞こえるのではないか
などと考えついた。

バイエルン放送交響楽団といえば、
ヨッフム、クーベリック、デイヴィス、マゼールらの残した、
膨大とも言える録音群によって、我々にも非常になじみの深いオーケストラで、
レコードの上では、確かに、ベルリン・フィルに次ぐ、
ドイツの主要オーケストラという位置づけにある。

もう20年近く前になるが、
オルフェオというドイツのレーベルから、
このオーケストラが巨匠指揮者を招いて行った、
演奏会のライブシリーズが、
オーケストラの40周年記念で出されたことがある。

これらのCDはオルフェオ・ドール・シリーズとして、
以下のような壮観を呈した。

ヨッフムのヴェルディ、ブルックナー(1952/1954)
クレメンス・クラウスのハイドン、ラヴェル、シュトラウス(1953)
ヒンデミットの自作自演、ベルク(1959/1961)
ストラヴィンスキーの自作自演(1957)
オーマンディのアイネム、ヒンデミット、ルーセル、ラヴェル(1959)
フリッチャイのバルトーク、チャイコフスキー(1960)
クレンペラーのバッハ、ブラームス(1957)
アンセルメのオネゲル、ブラームス(1964/66)
クーベリックのブルックナー(1963)
ミトロプーロスのシェーンベルク、プロコフィエフ(1954)
ヨッフムのモーツァルト(1956)
クーベリックのハイドン、モーツァルト(1982/1985)
クーベリックのベートーヴェン(1982)
デイヴィスのブルックナー(1987)

これを見るまで、このオーケストラが、
ヒンデミット、ストラヴィンスキーのような大作曲家に始まり、
クラウス、クレンペラーといった旧世代の巨匠から、
アンセルメ、オーマンディのような、ステレオ録音の権化のような存在、
フリッチャイ、ミトロプーロスのような、
悲劇的な死を遂げた指揮者までを相手にする、
物凄い許容量を秘めたオーケストラだと言うことは、
あまり認識されていなかったのではないだろうか。

もちろん、ヨッフム、クーベリック、デイヴィスといった、
この楽団を率いて、多くのレコード、CDを作って来た指揮者の、
ライブ録音での顔が見られるというのも興味深い。
レコードより実演の方がすごいと言われる指揮者は多い。

が、アメリカで活躍したオーマンディやミトロプーロスが、
こんなところで顔を出すとびっくりしてしまう。

もちろん、古いものはモノラル録音であるし、
ライブ特有の傷もあるが、
まるで、往年の名指揮者一覧の様相を見ると、
ミュンヘンの音楽シーンとは、こうしたものであったか、
と、ため息が出るばかりである。

この度、ケッケルト四重奏団の演奏を聴き進んで、
このオーケストラも、そうした耳で聞くようになってしまった。

これらのシリーズで、ケッケルトが独奏を務めたと、明記されているものはないが、
ざっと見て、活躍しそうなのは、プロコフィエフの「第5」ではなかろうか。

b0083728_16391744.jpgこの交響曲、
終楽章の最後の盛り上がりを、
コンサートマスターが
一人で引っ張り上げて行くという、
アクロバティックな
聴かせどころがある。
この部分は、いったい、
どうなっていただろうか。
はたして、ケッケルトが、
華麗な妙技を聴かせるのか。
指揮は、ミトロプーロス。

うまい具合に、このCDの解説、
ケッケルトらのことも記載してある。
まず、この解説を読んでみよう。

「バイエルン放送交響楽団の40年」
と題されている。

「通貨がようやく安定し、食料の配給券、
優先引換券や衣服の配給がなくなった翌年、
ようやく平和の時期が到来したのは、
1949年のことであった。」
などと、強烈な書き出しである。

「芸術を愛するバイエルン放送局の監督、
ルドルフ・フォン・ショルツは、組織の拡大と共に、
アングロ・サクソン・モデルの優秀なオーケストラや、
プロの歌手らによる優れた合唱団が必要であるとした。
こうした音楽王国の組織や監督を、
彼は、ハンブルクの音楽監督をしていた、
47歳のオイゲン・ヨッフムに委ねた。
この指揮者は、バイエルンの出自で、ミュンヘンで学び、
デビューの頃からミュンヘンとは関わりが深かった。
新聞は、誰もチケットを買う余裕などなく、
他のオーケストラも食うや食わずでいるこの御時世、
聴きに来る聴衆などいるわけはない、
ミュンヘンにさらなるオーケストラは不要と異議を唱えた。」

何と、この名門オーケストラ、発足当時はかなり物議を醸し出したようだ。
確かに、バイエルンには歌劇場のオーケストラやミュンヘン・フィルもある。
また、我々には晩年のヨッフムの姿が焼き付いており、
47歳にして大役を仰せつかったヨッフムというのも、
あまり想像が出来ない。

さて、以下に、ケッケルトたちの話が、さっそく出てくる。

「放送局には有利な点があり、機会を捉えて、
ミュンヘン以外でもこれを利用することができ、
オイゲン・ヨッフムは、最高の音楽家たちを呼び寄せた。
ケッケルト四重奏団は、弦楽の中核をなすべく・・」
とあるのを読むと、ケッケルトたちは、
入団したらたまたまみんなが弦のトップに座ったという感じではない。
むしろ、ヨッフムが、ケッケルトらの力量を知っていて、
彼らを核として、その弦楽部のイメージを膨らませた、
というようなニュアンスも感じてしまう。

前に読んだケッケルト四重奏団のCDの解説にはこうあった。
「プラハ音楽院に学んだ4人が、
1938年、プラハのドイツ・フィルの弦楽器の第1奏者となり、
そして一年後、四重奏団として最初のコンサートを行った。
1945年、46年のシーズンからは、バンベルク交響楽団で新しい出発をした。
1949年にはさらに南に移動、ミュンヘンにオイゲン・ヨッフムが創設した、
バイエルン放送交響楽団でも、彼らは第1奏者を務めた。」
微妙である。
バンベルクには、45年から49年までいたようだが、
単に、ここから引き抜いたようにも読めなくはない。
いずれにせよ、創設当初から、ケッケルト四重奏団は、
セットで、バイエルン放送交響楽団の中核として呼ばれたことは確かで、
これを読んでから、私の頭の中では、
「ケッケルト四重奏団×増幅率=バイエルンの弦楽部」
という公式が成り立ってしまった。

ただし、ヨッフムが連れてきた名手はこの四人だけではなく、
以下のような名前が続く。
「オーボエのクルト・カルムス。
バスーンのカール・コルビンガー。
ヴァイオリンに、エーリヒ・ケラーとゲルハルト・ザイツ。」

放送局であるから有利だったとあるが、
「放送局だから、あなたがたの演奏がどこにでも飛んで行きまっせ。」
といって口説いたのだろうか。

さて、解説を読み進めよう。
「このようにして設立されたオーケストラは、
1949年、まず、こうした特別な方法をもって産声を上げた。
85歳の誕生日が迫る、リヒャルト・シュトラウスが、
放送局に来て、『カプリッチオ』から『ノクターン』を指揮したのである。
これが、彼の生涯で、最後のバトンとなった。」

「9月の終わりに、この新しいオーケストラは、
当時、臨時のコンサート・ホールになっていた、
ミュンヘン大学の講堂にて、ベートーヴェンの夕べと催し、
公開演奏のデビューを行った。
ヨッフムが第1と第7を指揮し、30年代に名を馳せたアイーダ役、
デュソリーナ・ジャンニーニがコンサート・アリア『ああ、不実なものよ』
を歌った。
続いて、ヨッフムは、彼の広大なレパートリーの中核作品を提供した。
ブルックナーの『第5』、ベートーヴェンの『第9』、
バッハの『マタイ受難曲』、ヴェルディの『レクイエム』。
若いオーケストラは、スタジオに閉じこもることを好まず、
それを許されもしなかった。
彼らは外に押し出され、ミュンヘンでもバイエルン諸都市でも、
公開演奏をおこなった。
彼らはすでに、1950年には、定期演奏会を開始し、
年間12回、時に二夜連続のプログラムもあった。
1951年にはオーストリアやイタリアへの演奏旅行を行った。
何もないところから、ヨッフムが作り上げた新しいオーケストラは、
それも当然と思われるようになったミュンヘンでより、
むしろ国外で、驚き以上のものを与えた。
オペラの全曲録音が行われ、これらはレコードによって広まった。
すぐに、バイエルン放送は、カール・アマデウス・ハルトマンの、
20世紀の音楽のフォーラムである、『ムジカ・ヴィヴァ』という、
コンサートシリーズを引き受けたが、
以来、この前衛音楽の演奏会をこのオーケストラと合唱団が受け持っている。
50年代にはストラヴィンスキーが『オイディプス王』を演奏、
ミヨーは車椅子で指揮を取ったし、
現代音楽の指導者ヘルマン・シェルヘンは、十二音音楽を指揮し、
アンセルメは、ミュンヘンで無視されていた、
フランスものの真価を伝えた。」

「現在、このオーケストラと合唱団は、次のような形で活動を行っている。
ミュンヘンやバイエルン州各市でのシンフォニー・コンサート。
(ビュルツブルクのモーツァルト祭、ニュルンベルクのオルガン週間、
レーゲンスブルクの春、オットーボーレンの演奏会など。)
スタジオ活動、コンサート・ツアー、
1960年から増え始めたテレビへの出演、
レコード録音に加え、室内楽活動。」
このように数えると、放送局の特権というのは、確かにありそうである。

「バイエルン放送交響楽団は、クーベリックの指揮で、
ドイツのオーケストラでは初めて、マーラーの全交響曲を録音した。
シェーンベルクの『グレの歌』が続き、最初のドイツ・レコード賞を受賞して、
若いオーケストラは鼓舞された。」
「グレの歌」の方が早い時期のはずなので、この記述は少しおかしい。

「1961年、ターニングポイントがやってきた。
ヨッフムがフリーの指揮者になる道を選び、
バロックから現代までのレパートリーを誇り、
大西洋の両岸から最高で精力的と評価を得ていた、
チェコ亡命の47歳、ラファエル・クーベリックが、
その後を継いだ。
クーベリックの情熱的なスタイルは、
たちまち、オーケストラ、合唱団、聴衆を巻き込んだ。
最初のひと振りから理解し合った。
新しい時代が始まった。
これは、クーベリックが年を重ね、健康に不安を覚え、
辞任を決意する1979年まで続いた。
クーベリックの退任は一つの分水嶺となった。
多くの創設時のメンバーが定年の時を迎えていた。
初代リーダーで独奏者であった、ルドルフ・ケッケルト、
第1チェロ奏者のヨーゼフ・メルツ、それに、
何人かの管楽器奏者たち。」
このケッケルトとメルツは、ケッケルト四重奏団のメンバーである。
1914年くらいの生まれのはずなので、65歳になっている。
こうして、ケッケルト四重奏団の拡大版としてのバイエルン放送交響楽団は、
1949年から1979年までの30年の歴史を閉じる。

いみじくも、このシリーズ、
「ケッケルトの時代の記録(その始まりと終わり)」
みたいなタイトルが付いてもおかしくないではないか。
すると、ますます、これらのCDどれもが、重要な時代の証言、
彼らの記念撮影のアルバムにも思えて来た。

このバイエルン放送交響楽団の創立40周年のシリーズでは、
特に、コンサート・マスターが活躍する曲があるわけでもなく、
例えあったとしても、ケッケルトがそれを弾いているかは分からない。
特に、誰が独奏を弾いているとは書かれていないからだ。

それはともかく、まず、このCDの紹介が必要であろう。
すべて、私の個人的なものと結びついていて、
他の人の参考になるかはさっぱりわからない。

まず、ここで前半、シェーンベルクの、
ヴァイオリン協奏曲が弾かれているのが珍しい。

最近、シェーンベルクのピアノ協奏曲は、
表現主義的な情念が分かりやすく、よく弾かれるが、
より抽象的と言えるヴァイオリンの方は意味不明な難曲として、
取り上げる人が少なかった。

何と、このCDで演奏しているのは、
ルイス・クラスナーである。
ルイス・クラスナーといえば、あの、美しいベルクのヴァイオリン協奏曲を、
ベルクに依頼し、かつ、初演して録音も残した人として高名だが、
この人は、続いて、シェーンベルクのこの問題作を、
初演したヴァイオリニストでもある。

このCD、こうした現代音楽の擁護者のような存在が、
実演した瞬間を記録した、貴重な録音なのである。
クラスナーは41歳で第一線から引いたというので、
わざわざ引っ張り出して、51歳の彼に弾かせたイベントの記録。

諏訪内晶子は、その著書で、クラスナーに会いに行った時のことを、
詳しく書き留めてくれている。
1903年生まれのクラスナーは車椅子に乗って現れ、
まず、モーツァルトを弾いてみなさい、と言ったらしい。
「モーツァルトを充分に弾けなくて、ベルクが弾けるわけがない。」

無事に充実したひとときを過ごした後、別れ際に、
彼は、こう言ったという。
「ベルクも素晴らしい曲ですが、
師匠のシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲も名作であると、
私は確信しています。
残念ながら、この曲は演奏されることがあまりにも少ない。
私はこの曲の真価が世界中の音楽愛好家に
あまねく認められる日が必ず来ると、
固く信じています。」
しかし、それが最初で最後の訪問になったのだという。

また、この本では、作曲したシェーンベルクもまた、
初演時のクラスナーの演奏を、
「柔軟なテクニックと、説得力のある暖かみ」と激賞したとある。

この録音は、いわば、知られざる名作の、最も重要な理解者による演奏。
かつ、作曲家のお墨付きのようなものである。

シェーンベルクの作品で、最も有名なものは、
「浄められた夜」という、交響詩のような弦楽合奏曲であるが、
この曲を、私に強烈に印象付けたのが、指揮者のミトロプーロスであった。
ソニーから出ていた廉価盤LPであったが、
あれ以上の演奏を聴きたいとは思わない。
そう考えると、独奏もオーケストラも全く理想の組み合わせであろう。

このシリーズが出た時、私が最初に購入したのが、この1枚であった。
唯一心配なのが1954年のモノラル録音という点で、
こうした多彩な楽器が活躍する作品で、これが不利にならないか。
しかし、聴いて見て、特にそこは問題にならないことが分かり安心した。
独奏もオーケストラも充分鑑賞できる音質である。
作品がいくぶん緊張を強いるので、それどころではないのかもしれない。

集中力の高いクラスナーのヴァイオリン。
これは甘味なものではないが、ルオーの筆裁きのように、
闇を切り裂く燐光を放つような色調。
機能的なオーケストラは、ミトロプーロスの指揮に的確に反応して、
クラスナーが渾身で描く一本の描線に、きめ細やかに絡み合っていく。
この作品、ベルクの曲よりも長大、
オーケストラが独立しているようで、
背景に巨大な壁画を立てていくような趣き。
ヴァイオリンがまったく登場しない部分も長く、
打楽器が鳴り響き、管楽器が鬨の声を上げる。

ベルクの協奏曲は、レクイエムといったもう一つのヒントが、
私たちを助けてくれるが、同時期に書かれたシェーンベルクには、
そうした手助けがない。
そこから、1936年という時代、
シェーンベルクのようなユダヤ人が、
アメリカに亡命しなければならなかった時代の空気が、
感じ取れる程度であろうか。

今回、ケッケルトがオーケストラで、どんな音色を出していたかを、
探求するのが目的で書き始めたが、いったい、ヴァイオリンとは、
どんな音色で鳴るべき楽器なのだろうか。
まさしく求道者のような音もあるということだ。
そんな人が、モーツァルトがちゃんと弾けないとダメだという。
ちゃんと弾くとはどういうことか。

ちなみに、LP時代、唯一といっても良いと思うが、
この曲はグラモフォンから出ていて、
演奏はクーベリック指揮のバイエルン放送交響楽団。
ザイトリンが独奏を受け持っていた。
私は高校生の頃、このレギュラープライス盤を買って、
表面のヴァイオリン協奏曲、裏面のピアノ協奏曲の、
いずれも訳が分からず、非常に後悔したものである。

改めて、このLPを聞き直してみると、
1923年生まれのザイトリン、クラスナーの演奏に比べると、
ずっと明るく鮮やかな色調を持っているようだ。
ただし、それが時として、ヒステリックな印象を与えるのがマイナスだろうか。

録音のせいか、突き抜けるような美音で、
自信たっぷりに、それをさらに引き延ばして歌うので、
ひょっとすると、損をしているのかもしれない。
クラスナーを聴いた後では、それが、これ見よがしの技巧誇示にも思える。
あるいは、演奏会で聴けば、圧倒されてしまうかもしれない。
この時代、この難曲を、やはり楽しい音楽として、
とにかく広く訴求しようとする姿勢は重要だっただろう。

しかし、優秀なステレオ録音で聴く、
オーケストラの豊かな色彩感、遠近感、
各楽器の陰影のある響きは、とても美しい。
先の解説の続きにもこの楽団の美質が出ていたが、
まさしく、メロウで豊かなサウンドである。

独奏でも、総奏でも、恐ろしく美しいオーケストラで、
何故、買った当時、気がつかなかったのだろう、
などと感じ入ってしまった。

ヘラクレス・ザールでの録音。残響も非常に美しい。
クーベリックも余裕を持って、独奏を受け止めている。
ミトロプーロスより自然体で、表情が豊かである。

バイエルン放送交響楽団のメンバーは、
17年前のクラスナーの演奏を覚えていた人もいただろう。
さすがに、現代音楽のシリーズを受け持つオーケストラである。
共感を持って臨んでいるようだ。

私は、このLPのジャケットに関しては、
非常に愛着を持っている。
ファイニンガーの絵で「エアフルトのパルフュッサー教会」という。
私は、教会というより、ニューヨークの摩天楼に立ちすくむ、
亡命者、シェーンベルクの孤独を思った。

そして、この解説にある、
「私は、私のヴァイオリン協奏曲に、
新しい種類のヴァイオリニストたちのために、
必須の作品を作ったと信じている」という言葉も素敵である。
シェーンベルク特有の自信過剰より、
シェーンベルクもまた、新しい音楽を祈るように模索していた、
そんな真剣勝負の一面を見る。
問題があるとすれば、ザイトリンに、求道者風のひたむきさが感じられない点か。

B面にはシェーンベルクのピアノ協奏曲が入っているが、
独奏はブレンデルである。
ブレンデルは繰り返しこの曲を録音しているし、
内田光子なども録音をしており、かなり名曲としての評価は固まった。
ピアノの深い音色、ザイトリンと違って内省的な表情で、
充分に聴くものの耳をそばだてる効果を持っている。
名作の評価固まった、バルトーク風の部分もあり、
幻想に身を委ねることができる。

指揮をしているミトロプーロスの略伝が出ているが、簡単に書くと、
1896年2月18日、アテネの聖職者の家庭に生まれた。
アテネ音楽院で12歳から学び、作曲家になろうとして、
いろいろな作曲家のスコアを読みあさり、
メーテルリンクによるフランス語のオペラを作曲したりした。
さらにブリュッセルでオルガンを学んだが、
ブゾーニと仕事をするためにベルリンに移り、
ワイルと友達になったりしている。
ベルクの「ヴォツェック」の初演を行った、ベルリン国立歌劇場で、
1921年、エーリヒ・クライバーのアシスタントになった。
その後、アテネで教鞭を取っていたが、
ベルリンの人たちは彼を忘れず、たびたび、客演をした。
ベルリン・フィルでピアニストが急病になった時には、
彼はピアノまで弾いて奮闘した。
1930年代は客演指揮者として何度も招聘され、
1937年にアメリカにも進出すると、
オーマンディの後任としてミネアポリスの指揮者に就任、
客演も活発になり、音楽のみならず講義も行って、
指揮台の哲学者と呼ばれた。
ついに、1950年には、ニューヨーク・フィルを治めて、
彼の人生のクライマックスの時を迎える。

そういえば、この時期、シェーンベルクの「浄められた夜」が録音され、
一緒に出た、プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」も良かった。
この作曲家たちとミトロプーロスは相性がよかったのだろう。

1954年、ミュンヘンの「ムジカ・ヴィヴァ」に呼ばれて、
このような録音が残されることとなった。
1960年、マーラーの「第3交響曲」のリハーサル中に返らぬ人となった。
ということで、この録音は、彼の最盛期を捉えたものでもある。


プロコフィエフの最高傑作ともされる「第5交響曲」も、
長らく良い演奏には恵まれなかった。
「後半になるまで盛り上がらない曲」などと揶揄されたりしていた。
CD時代になって、ようやくいろんな名演が聴けるようになった。

しかし、このミトロプーロス盤、
自信を持った歩みで堂々としており、
気力が漲っているので、最初の楽章から緊張感で聴かせる。
弦と一体になって盛り上がり、たっぷりと膨らむ金管、
要所を引き締める打楽器群の充実。
第2楽章などでも、単なる騒々しいスケルツォではなく、
ともすれば平板になりがちな音楽を立体的に響かせている。
非常に充実した音楽になっている。
しかも、オーケストラも素晴らしいのであろう、
常に余裕を持って、響きの明晰さを確保し、
楽想の変遷や音量の増大時、あるいは急変するテンポにも、
美観を失うことがない。

美観といえば、第三楽章の冷たい叙情も最高で、
最後の部分の星空のような鮮烈な広がりには圧倒される。
そもそも、ヴァイオリンという一楽器の美観、
合奏時の美観、トータルとしての美観、
これらは場合によって、かなり求められるものが違いそうだ。

問題の終楽章のコーダであるが、
さすがのバイエルンのメンバーも手こずった様子が伺える。
クラリネットが悠々と弾き鳴らされながら、
雄大なメロディが鳴らされる中、
軽妙なフルートが割り込んで来る場所があるが、
ここで、入りが遅れて乱れる場面が小さな傷となってしまった。
テンポが激変し、次第にクライマックスへと高まっていくが、
連打される打楽器、吹き鳴らされる木管、咆吼する金管、
混沌を呈する弦楽器群の中から、ヴァイオリン独奏が浮かび上がって来る。
これはケッケルトだろうか。
想像するような強烈なものではない。
むしろ地味。つややかな響きでもない。
くすんだ、癖のあるヴァイオリンと聴いたが、
それはすぐにオーケストラの大興奮の中に消え去ってしまう。

ケッケルトではないかと必死で耳を澄ませ、
その特徴はどこにあろうか、と思ったが、
少なくとも、美音を振りまくようなものではなかった。

得られた事:「バイエルン放送交響楽団はケッケルト四重奏団の拡大型とも思え、その美質はメロウで豊かなサウンドにあるが、ケッケルト自身のサウンドはメロウでも豊かでもないように聞こえた。」
[PR]
by franz310 | 2008-09-28 16:49 | 音楽

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その141

b0083728_21505132.jpg個人的経験:
ケッケルト四重奏団の、
モノラル録音の方の
「ます」は、
25cm版のLPでも、
発売されていて、
そちらには、
水彩画風というか、
陶器への焼き付け風というか、
素朴な魚の絵画が、
あしらわれている。

これは、ジャケットの大きさが、
一辺5cm小さくなって、
面積では、3割ほど
迫力がなくなったのを、
補ってあまりある。

やはり、これだけ視覚的効果でくすぐられると、
いろいろな空想の翼が広がる。

上半分の緑の部分の色合いも素朴で深く、
魚の上部が赤いのも面白い。
下側は、群青でさっと勢いがある。
ただし、シューベルトの音楽の若々しさは、
ちょっと捉えられていないかもしれない。

が、人間のどろどろとした世界から、
少し、超越した作品であることは伝わって来る。
誰が書いたかはよく分からない。

裏面のPrinted in Germanyの記載の後ろに10/60とあるから、
ひょっとしたら60年の発売であろうか。
ステレオ再録音の5年前に当たる。

ここでもすでに取り上げたが、
このレコードのレーベル、
ドイツ・グラモフォンは1959年に、
デムスのピアノに、アントン・カンパーら、
ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団らを起用して、
ステレオで、この「ます」を録音している。

最新のステレオ録音がありながら、
1960年に、改めて、
このケッケルトのモノラル盤を、
再発売した理由は、何だったのだろうか。

廉価盤に落としての再発売か。

確かに25cmになって、かなり紙面もコンパクトになり、
解説は、ついに、裏面だけに4カ国語、
ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語がひしめく有様である。

当然、曲について、下記のような簡単な記載があるばかりで、
演奏家の紹介などはなくなっている。

「ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロとコントラバスのための、
『ます』のニックネームを持つ、イ長調の五重奏曲は、
作品166のヘ長調の八重奏曲に次いで、
もっとも明るく、分かりやすい室内楽作品である。」

前回、同じ曲、同じ演奏での「ます」の解説の方が良かった。
何故、唐突に、ここで八重奏曲の名を出すのか理解できない。
そもそも、八重奏曲は、交響曲への準備と、
作曲家が語っているように、同列に語ってよいものやら。

八重奏曲のレコードも売ってやろうという下心か、
「ます」が好きでないかのどちらかではないか。

「この作品は、作曲家が友人の歌手フォーグルと、
上部オーストリアを抜けていった夏の旅行の年、
1819年に作曲された。
彼が嫌だった教師の道を捨て、予測不能な音楽キャリアに進む、
ほんの2年前のことであった。」

なるほど、これは面白い書き方だ。
シュタイアーの街では、ひょっとすると、
「作曲家のシューベルトさんだ」と紹介されず、
「教師のシューベルトさんだ。作曲の腕も一流なんだ」
などと紹介された可能性もあるというわけか。

「『やっかいな教師の仕事から逃れ』、
と、友人のバウエルンフェルトはその『回想』に書いている。
『若い芸術家は、再び自由に呼吸することが出来た。
彼は、終わることなき天職に、情熱的に身を捧げ、
友人たちの重要なサークルの中で、新しい霊感を得た』。
このような『シューベルティアン』の一人、
アルベルト・シュタッドラーは、フォーグルの生まれた街、
シュタイアーに在住し、ここが彼らの旅の目的地だった。」
フォーグルが故郷に連れて行ったというよりも、
シュタッドラーに会いに行った、と読めるが、
一般には、フォーグルの故郷に、たまたまシュタッドラーがいた、
とする解説が多い。

「これは、シューベルトの人生の中で、最も幸福なひとときとなり、
シュタイアーのアマチュア音楽家、
ジルベスター・パウムガルトナーに依頼されて書かれた、
このイ長調の五重奏曲は、この幸福感を完全に反映したものである。」
この説明、「完全に反映」というところが力強くて良い。

「二つの興味深い特徴が、1817年作曲のシューベルトの歌曲、
『ます』の変奏曲を持つ、この室内楽を特徴付けている。
通常とは違って5つの楽章からなり、これは、
しかし、パウムガルトナーの望みを尊重しただけのことで、
シューベルトは最後から二番目にこの楽章を挟み込んだ。
もう一つのポイントは、特筆すべき楽器の選択である。
シューベルトはこの音楽をピアノと弦楽のために、
新しい楽器法のコントラストを求めており、
これは、5年後、八重奏曲にて、新しい管楽器と弦楽器の組み合わせを、
模索した時に、繰り返された。」

どうも、この解説者(誰か不明)は、「八重奏曲」が好きみたいである。
コントラバスが使われていることは、何も書かれていない。
だいたい、「八重奏曲」は、ベートーヴェンの「七重奏曲」に似たのを、
と頼まれて書いたものであって、シューベルトが、
楽器編成を工夫したとすれば、ヴァイオリンを一丁追加した点、
と思われていただけに、そうかなあ、という思いが強い。

続いて、こんな一言で、さらに「八重奏曲」を聴かせようとしているが、
いったい、どうしたことであろうか。
「この『ます』の五重奏曲から八重奏曲へと続く発展の道を、
アインシュタインは、『室内楽のためのセレナーデ』と呼んだ。」

うーん、出だしはまあまあだったが、
結局、よく分からない解説であった。
これで、さあ、「ます」を聴こう、とは思わず、
これは「八重奏曲」の前座なのかな?と思うユーザーもいそうである。

余計な心配であるが、グラモフォンレーベルでは、
1965年になって、ベルリン・フィルハーモニー八重奏団による、
「八重奏曲」が録音されるが、
この時期、ユーザーが、この曲を聴きたいと言った時に、
このレーベルは、これを聴いて下さいと、何か答えられたのだろうか。

ということで、この録音、
30cmLPの時の解説が、読み応えあったのに、
25cm化されたことに伴って、かなり解説がいい加減にされてしまった。
ジャケットには色気が出て来たのに、残念なことである。

前回、曲の詳細解説部は、省略しようと思ったが、
何だか、貴重な解説だったように思えて来た。
改めて、30cmLP盤の解説の続きを読み直しながら、
このレコードを堪能してみよう。

幸いなことに、このLPは、中古で買ったが、
盤面がとてもきれいで助かった。
この前の初期盤は、ノイズの海だったが、
これは針飛びなしで聴けた。

が、さすがに、盤が小さいせいか、
二番煎じで、録音が劣化したか、
音の生々しさのようなものはいくぶん、後退し、
この前のインパクトは押えられた感じがしないでもない。
気のせいかもしれないが、初期盤マニアがいることを考えると、
実際、そうなのかもしれない。

そもそも、この前のものと、
重さがまったく違う。
ターンテーブルに乗せる時の、
心の持ちようから、まったく異なる体験となる。
軽い。

が、小さい分、取り扱いは容易。
この中に同じ演奏が入っているとは思えない。

ということであるが、
とにかく今回は、
これを聞きながら、
30cmLPについていた、
楽曲分析の部分を、以下に紹介しよう。

「『ます』の五重奏曲の第1楽章は、
ソナタ形式のアレグロ・ヴィヴァーチェ。
ピアノによる性急なアルペッジョに続いて、
弦楽に第1主題が出る。
この着想は拡張され、短く展開され、第2主題を出す代わりに、
作曲家は第1主題をさらに魅力的な形で繰り返す。」

この部分、いきなりわかりにくいが、
魅力的な第1主題が、活き活きとしたヴァイオリンを中心に繰り返され、
印象的なチェロの大きな歌いぶりにも聞き惚れながら、
同じ主題から派生したとも意識しないままに、
我々は、この新緑の世界に迷い込むわけである。

「短い経過のあと、明るく活き活きとした短いメロディで、
第2主題がまずピアノで出る。」
たんたんたん、という部分である。
「ピアノで出る」と明記されているので、
見失うことはない。
こうした解説はありがたい。

(しかし、ものの本には、この主題は第2主題Bとし、
先のチェロを第2主題Aとするものもあって、混乱は混乱を呼ぶ。
いろんな解釈があるということだろうか。)

「その陽気さははかないものだが、
各楽器に模倣され、素晴らしいひとときを形成する。
これは、短く明るい、コデッタの開始の少し前に起こる。」
はかない陽気さというよりも、
私には、幻想的、陶酔的な心情を思い起こさせる。
特に、ケッケルトらの旧盤の演奏は、こういったところが印象的だ。
何か、音に身を委ね、次第に沈潜しながら、
底にある深いものに触れようとしているかのようだ。

ステレオ盤の方は、すこし、テンポが速くなって、
この深いものに触れる前に、水面に上がって来ているのかもしれない。

「展開部は、非常にオーソドックスで、
オープニングの主題のより熟した利用によって明らかである。」
オーソドックスか分からないが、この緊張した空気の気配は効果的。
劇的であることは確か。
この幸福の象徴ともされる音楽が、
こうした内省や葛藤を伴って出て来たことを痛感させられる部分。
そんな中、各楽器のめまぐるしい使い分けが、
実に冴えに冴えている。

「ここで独創的なのは、再現部の導入が、
サブドミナントのニ長調になっていることである。
この元気溌剌とした楽章は、明るく終わる。」
ニ長調になっていて、サブドミナントとは意識していなかったが、
確かに、こうした色調の変化が、この楽章を味わい深いものにしている。
同じ調で、最初から繰り返されるような音楽なら、
かなり薄っぺらいものになっていたであろう。
最初とは違って、少し大人びたシューベルトが、
ここには立っている。
本当に、シュタイアーで、彼は、どんな体験をしたのだろうか。

改めて、そんなことに思いを馳せた解説であった。

「第2楽章は、叙情的な開始部をもつアンダンテ。
この楽章の穏やかな美しさで、
アインシュタインが、マジャールやスラブの香りを嗅ぎ取っているのに対し、
ある批評家などは、そこにベートーヴェンの魂が宿るのを感じている。」
私は、このどちらも感じたことはなかったが、
いったいどういった点に、これを聴くのであろうか。

「この楽章は三つのセクションからなっており、それが繰り返される。
第一主題は、ピアノによって語られ、
すぐにヴァイオリンに代わられる。
この材料はさらに引き継がれ、発展させられる。」
まずは、高原の朝の大気のような爽やかさであるが、
この楽章、解説を読みながら聞くと、実に手が込んでいる。
最初の爽やかさは、次第に消え、
ふと気がつくと、自分は一人っきりではないか、
それに気づかされるような音詩となっている。

「弦に現れる単純なコードは、
ピアノのアルペッジョが強調しつつ、
嬰ヘ短調の第二のセクションに導く。
これは短い静かなパッセージで、
ヴァイオリンが小粋な音型を奏でる中、
ピアノのさざ波に乗って、ヴィオラとチェロが呟く。」
ここは、実に、幻想的な部分である。
ヴィオラとチェロが、たがいに耳を澄ませ合うような、
二重奏では、ヴァイオリンが単純な音型を繰り返し、
はるか草原の彼方を見つめるような趣きもある。
スラブの香りとは、こうした点に聴き取れるのであろう。
こうした部分、ケッケルト四重奏団の、
面目躍如といった感じがする。

「この後すぐ、ずっと情熱的で装飾的な主題が、
ピアノによって導かれ、すべての楽器によって、
順次、取り上げられる。」
情熱的とあるが、がちゃがちゃと興奮するものではなく、
ふつふつとこみ上げるものである。
ピアノの孤独な和音が、胸を打つ。
こうした点は、やはり、エッシュバッヒャーの方が、
エッシェンバッハより、深いものに触れているような気がする。

こうした、秘めた熱情というのは、確かに、ベートーヴェンを想起させる。

「このセクションの終わりで、突然の転調を伴って、
再現部が開始される。
ここでは、第一主題は変イで、第二主題はイ短調で、
第三主題のみがもとの調で復帰する。」
第二主題の二重奏も、何か、うつろな感じになっているが、
こうした儚さのようなものが、この曲に素晴らしい陰影を与えていたのだ。

第三主題は、もとに戻るので、ようやく、
元の場所に戻って来た感じがする。
もともとが、何やら危機を秘めているので、
胸が締め付けられるような感じが残っている。

「最もシューベルトらしく、小さく、嵐のような第三楽章は、
リズムの強調と、叙情性のコントラストによって、
力強さと輝かしさを兼ね備えたスケルツォとトリオである。」

この一文、最初、抵抗があった。
スケルツォがシューベルトらしい、という感じがなかったからである。
「未完成交響曲」も、スケルツォで中断したではないか。

「明るく陽気なスケルツォ部は、三部構成で、
最初の主題は、ピアノとヴァイオリンが交互に奏し、
第二セクションでもそれが繰り返させる。」
この第二セクションこそ、スラブ風の異国情調が感じられないか。

「トリオ部には二つの非常に美しい主題を含み、
最初のはヴァイオリンとヴィオラでアナウンスされ、
第二のものはピアノに割り当てられる。」
この解説もわかりやすい。
「ロザムンデ」の音楽の一こまを思い出させるような、
遠いお伽の国に遊ぶような感じがする。
そう言われてみれば、こうした音楽は、
シューベルトにしか書けないような気がして来た。

「習慣通り、全スケルツォ部は、トリオの後で、
繰り返される。」
とあるが、短いのに、強烈な印象を刻み、
かつ、分解してみても忘れがたい情緒を秘めている。

「第四楽章は、
シューベルトのもう一つの特質である、
天真爛漫な歌曲、『ます』のメロディによる、
6つの変奏曲からなる。
歌曲の精神と一致して、これらの変奏曲は単純でありながら、
大幅に華やかさが増している。
まず、これは素朴に弦楽で奏される。」
ここまでは、ピアノは出てこないが、
以下、ピアノの色彩が新鮮に導入される。
このレコードでは、エッシュバッヒャーが、
満を持して美しい音色を奏でる。
「第一変奏では、ピアノがわずかな装飾でメロディを奏で、
他の楽器は、練り上げられた伴奏を行う。」

「第二変奏では、ヴィオラとチェロがメロディを受け持ち、
時折、そこにピアノが絡む。」
とあるが、この演奏では、むしろ、
ケッケルトのヴァイオリンが舞い上がり、
その装飾音系のつややかさが目につく。

「第三変奏では、時折、チェロにアシストされるダブルベースが、
メロディを発し、ピアノが金銭細工のような音響を響かせる。」
このダブルベース、絶対に30cmLPの方が、
迫力のある音を響かせている。
ケッケルトが熱演しているかも、心許なくなって来る。

以下、楽器が書いてないのは不親切だが、
いきなり、激しい音楽が現れ、それが繰り返されるので、
第四変奏は分かりやすい。
「第四変奏では、トニック短調が色彩に変化をもたらし、
変ロ長調の第五変奏では、架橋するパッセージのようで、
休みなく、おそらくは最も明るい最後の変奏に続く。」
第五変奏は、チェロがロマンティックな歌を歌うところである。
架橋するパッセージという表現はよく分からないが、
おそらく、変奏曲の一章というより、発展があるためであろうか。

「ここにきて音楽はその美しさの全貌を現わし、
ピアノがオリジナルの歌曲の伴奏を奏でる中、
ヴァイオリンとヴィオラが、交互に歌う。
この陽気な波打つような音型は、用心深い鱒が、
水の中に滑り込み、漁師の釣針から逃れた描写にぴったりである。」
この楽章など、30cmLPで聴いた時の方が、
きれいな音に思えた。ピアノの響き方なども違う。
ちょっと平板になっていないか。

「この五重奏曲のフィナーレは、特にハンガリー風の香りを持ち、
重要な二つの主題を持つ、伝統的なソナタ形式をとっている。
第一主題は、いくつかの小さな音型と共に、この楽章を支配するものである。」
この解説、さっきまでは良かったのに、
どれが第一主題でどれが第二主題か書いていない。
力尽きたのであろうか。
たんたらたんたんと軽快なのが第一主題、
シンコペーションの上でチェロが歌うのが第二主題であろう。
いくつかの小さな音型というのは、
第一主題の前奏のように付随するものが、
確かに沢山あるので、これを指しているのであろうか。
しかし、展開部なく提示部が繰り返されており、
伝統的、慣習的なソナタ形式とは思えない。

「この楽章の重要な目的は、快活で、唐突なエンディングを、
この全体を通じて、喜びに満ちた作品にもたらすことである。
シューベルトの『ます』の五重奏曲は、
深いシューベルトではないが、愛さずにはいられないシューベルトである。
このような作品は、室内楽が無味乾燥で、人を寄せ付けず、
近づき難いものだと主張する人が、
間違っているということを、まさしく証明するものである。
『ますの五重奏曲』以上に、人を引きつけ、
楽しみやすい作品を思い出すのは難しい。」

この「愛さずにいられないシューベルト」というのは、
アインシュタインのぱくりではないか。

得られた事:「25cmLPでの再発売品は、ノイズはないが、音が薄くなっている場合があるようだ。」
[PR]
by franz310 | 2008-09-20 21:56 | シューベルト

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その140

b0083728_23215190.jpg個人的経験:
前回、1965年録音の、
ケッケルト四重奏団による、
「ます」を聴いて見たが、
中古LP屋を見ていると、
モノラル時代に、
同じ四重奏団によって録音された、
シューベルトの「ます」
が見つかることがある。

ピアノは、エッシュバッヒャーである。

ステレオ録音がエッシェンバッハのピアノだったので、
まるで、冗談のような組み合わせだが、
このAeschbacherは、
モノラル期のドイツ・グラモフォンを支えた逸材で、
決して、偽者ではなく、本物。
多くのレコード録音を、この老舗レーベルに残している。

また、フルトヴェングラーが、唯一録音に残した、
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第一番の、
独奏を務めたので有名である。
この大指揮者との共演は、
1947年にルツェルンでの記録だが、
エッシュバッヒャーは、1912年生まれなので、
35歳の時の記録である。
若くして期待されていたのであろう。

ドイツ・グラモフォンのデータ・ブックには、
このエッシュバッヒャーは、
「ステレオ初期まで活躍し、
ドイツ・ロマン派の作品を中心に膨大な録音を残している」
と書かれているが、
レコードカタログを見ると、
シューベルトの最後のピアノ・ソナタをはじめ、
「即興曲」、「楽興の時」、「さすらい人幻想曲」や、
シューマンの代表作、グリーグやブラームスのピアノ協奏曲など、
多数の録音が残されている。

デムスやアンダ、ヴァシャーリなど、
1920年代、30年代生まれの演奏家の登場によって、
かき消えた感じである。

エッシュバッヒャーの芸術、
といった復刻もあるのかないのか、
少なくともあまり意識したこともないピアニストだった。

なお、このデータ・ブックは、
同じ頃のケッケルト四重奏団の活躍も記しており、
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を代表に、
シューベルトの「死と乙女」や、ドヴォルザークの「アメリカ」、
ハイドンなどを続々と発売していたことが分かる。

さて、この「ます」であるが、
モノラル期であることは確かながら、
何時録音されたものかは、
少なくとも、このLPに明記はない。

Printed in Germanyの後に小さく8/56とあるが、
56年だろうか。
聴いた感じ、音は古くさくはないが、ジャケット自体は、
妙に古くさいので、50年代前半のものと思っていた。
いずれにせよ、65年の20代のエッシェンバッハの録音とは異なり、
ほとんど同世代の音楽集団の、油の乗った時期の演奏と思われる。

このようなことを書くのも、
実は、この演奏に針を落として驚いたのである。

私は、前回、そこそこケッケルト四重奏団の味方になったが、
この演奏を聴くと、何だか、ステレオ盤の演奏が、
魂の抜けた演奏のように思えて来たのである。

まさしく音に魂が宿っているかのような印象。

ぷつぷつノイズがあって、時折、針が飛ぶが、
そんなことを越えて、伝わって来る何かがある。
ノイズの向こうにはっきりと、視点を定めた、
彼らの姿が見える。

エッシュバッヒャーのピアノも、
弦楽群も、同じ何かをひたむきに見つめ、
火照りのようなものすら放ちながら、
まっしぐらに突き進んで行くような感じ。
コントラバスも、前回のステレオ盤のような不満はない。
出るべきところで、美しい低音をびしっと決めて来る。
あるいは、このコントラバスのテンポの刻みが適切なのだろうか。

ちなみに、メンバーは、
アドリアン・エッシュバッヒャー(ピアノ)
ルドルフ・ケッケルト(ヴァイオリン)
オスカー・リードル(ヴィオラ)
ヨーゼフ・メルツ(チェロ)
フランツ・オルトナー(コントラバス)
とある。

真ん中の3人は、ステレオ盤と同じ。
確かに、エッシュバッヒャーのピアノは、
エッシェンバッハより、しっかりとした音を変幻自在に響かせ、
コントラバスのオルトナーも、
ステレオ盤のヘルトナーゲルより、はるかに自発性を感じさせる。

が、ヴィオラもチェロも十分に魅力的で、
一番、分かりやすいのは、
ケッケルト自身が、霊感に満ちた音色を響かせており、
録音が古いのに、こちらの方が、
すべての楽器が輝かしいのはどういうことだ?
という疑問すらわき起こって来る。
終楽章のピアノの真珠のような輝き。
最後の和音の決然とした強奏と余韻。

有名な「ます」の主題による変奏曲でも、
最初は、ひそやかに、息を殺すように、
美しいメロディを口ずさみはじめるが、
少し、ポルタメントがかかっているようだ。
妙に、古くさいが、
戦争が終わる前は、
こんな風に弾いていたなあ、
と往時を懐かしむ風情はないだろうか。

どの楽器も本当に演奏を楽しんでいるようで、
いや、音楽を愛するように、
コントラバスに到るまで、リズムの冴えが違う。
夢見るようなチェロの歌も心を掴む。
ピアノも、他の楽器も、
この歌を中心に、それを慈しむような響きを立てる。

b0083728_23223677.jpgこのLP、
さらに、
見開きの
解説。
たっぷりと
一面を
使って、
英仏独の
各国対応。

何やらしっかり書いてあるので、読んでみた。
About the Artists…
「アドリアン・エッシュバッヒャーは、
1912年、スイスに生まれた。
彼の父親は、合唱指揮者で、彼の音楽教育を行い、
3歳からピアノのレッスンを付けた。
後に、彼はチューリヒ音楽院でEmil Frey教授に学び、
ベルリンではシュナーベルに学んだ。
1934年にデビューし、以来、ヨーロッパ全域で演奏会を行い、
若い世代のうち、最も才能豊かなピアニストの一人として、
熱狂的な讃辞を受けた。

四重奏を弾く、ケッケルト氏、リードル氏、メルツ氏は、
有名なケッケルト四重奏団のメンバーである。
彼らは、ヨーロッパの同じ地域、ボヘミアの出身で、
彼らがみな、ボヘミア・フィルにいた時に結成した。
ここ数年、ケッケルト四重奏団は、ヨーロッパ中から、
最高の賞賛を受けている。
このレコーディングでは、これら各氏は、
特に、室内楽の演奏で著名な、
ダブルベース奏者のフランツ・オルトナーと共演している。」

このように読むと、まだエッシュバッヒャーもケッケルトも、
若々しい人たちという印象を受ける。
やはり1950年代前半の演奏に思える。

また、シューベルトの音楽に対しても、
とても情報量が多い。
先の演奏者紹介が全体の1割程度で、
あと9割は曲目解説で、
その6割方がシューベルトや、この曲に関する事で、
4割を使って、各楽章の解説が書かれている。

Klaus Wagnerという人が書いている。
「時として夏の休暇は、作曲家に陽気で、もっとも楽しい音楽を書かせる。
フランツ・シューベルトのイ長調のピアノと弦楽のための五重奏曲、
『ます』というニックネームを持つ作品にもこのことは当てはまり、
オーストリア・アルプスの中での休暇の間に書かれた。
『未完成交響曲』を別にすれば、『ます』の五重奏曲は、
シューベルトの器楽曲の中で、最もポピュラーなものであろう。
それは、彼の作品の中で最も伸びやかで、愛らしい発露の一つである。」

という風に、非常に魅惑的な書き出しである。

「1819年のはじめに、シューベルトは、
当時のもっとも偉大なドラマティック・バリトンの一人で、
彼の歌曲の理想的な解釈者であった、
友人のミヒャエル・フォーグルに夏の日々を、
上部オーストリアを辿る旅で過ごそうという提案を受けた。
彼らの旅はクレメンスミュンスターやリンツを通るものであったが、
目的地はフォーグルの故郷であるシュタイアーであり、
この歌手は、シューベルトに当地の旧友たちに紹介し、
一緒に音楽を楽しもうと考えていた。
フォーグルは、それに加えて、シューベルトに、この地の、
美しい自然を見せたかった。
シューベルトの活動は、そのほとんどが、
彼の愛するヴィーンに限られており、
1818年に、エステルハーツィ伯爵の、
ハンガリーの領地ツェリスに、
二人の令嬢の家庭教師として、長く滞在したのが唯一の例外であった。
シュタイアーの山岳風景は、シューベルトを圧倒し、
彼は兄に書いた手紙の最後に、
『シュタイアーの周りは信じられないほど素晴らしい』
と書いている。」

このような記述も、読者をオーストリア・アルプスの、
雄大な自然に誘って好ましい。
さりげなく、フォーグルの友情が、この自然を見せたかった、
という一節も心打つではないか。

「シュタイアーにおける、彼を取り巻く快適な環境と、
気心のあった音楽仲間たちとの交わりによって、
彼の最も愛らしい、穏やかな音楽が、
生み出されることとなった。
『ます』の五重奏曲のような音楽の要請は、
この街の音楽パトロンであり、炭坑の助役で、
アマチュアの管楽器奏者でありチェリストであった、
シルヴェスター・パウムガルトナーによってなされた。
シューベルトの友人、シュタッドラーへの手紙の中で、
この音楽の秘密の要塞について、『この家の二階中央には、
音楽広場が設けられ、そこには寓意画や音楽家の肖像が飾られて、
沢山の楽器や楽譜が置かれていた』、と表現されている。
ここでは、パウムガルトナーと、
彼と同様、アマチュアの音楽愛好家であった友人らによって、
演奏会が定期的に行われ、
『ます』の五重奏曲もこうした集まりのために書かれた。
実際、一般的には、まずスコアが書かれてから、
パート譜の写しが出来るのに対し、
ここでは、すぐの演奏に備えて、先にパート譜が出来ている。
同様にシュタッドラーへの手紙では、パウムガルトナーが、
『チェロのパートでは控えめな助言をした』という記述も見られる。
アマチュアの道楽のために書かれたとは言え、
霊感にも構成にもアマチュア的なものはなく、
事実、これはシューベルトの最初の成熟した作品となった。」

という風に、この曲が書かれた親密な雰囲気、
音楽を愛する仲間との緊密な関係が、
この傑作を生み出した経緯を物語って過不足ない。

「パウムガルトナーは気づいていなかったが、
シューベルトが、この作品をもって、音楽史に道を開いたことに、
彼は貢献したのである。
この音楽パトロンはシューベルトが2年前に書いた、
明るい小さな歌曲『ます』に魅了されており、
おそらくハイドンの『皇帝賛歌』の変奏曲を、
念頭においていたと思われ、
この『ます』のメロディの変奏曲を含ませるよう、
シューベルトに主張した。
彼は、通常の室内楽の構成を乱したくなかったので、
作曲家はスケルツォとフィナーレの間のエキストラ楽章として、
この変奏曲を組み込むことを決めた。
それによって、5楽章からなる、
破格の長さの作品ができあがった。」
これは、よく引き合いに出される物語だが、
はたして、どこまでが本当なのだろうか。

しかし、エキストラ楽章とは何だろうか。
「余計な」と訳すと、この楽章は、本来、
なしで演奏したほうが良いように思える。
「追加の」と訳すと、後から出来たのを、
無理矢理組み込ませたように思える。
「特別の」とすると、もっとも、しっくり来るように思えるが。

「『ます』の五重奏曲は楽器編成もユニークである。
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、それに、
室内楽では滅多に使われないダブルベースからなり、
非常に独創的な楽器編成が採用されている。
このような楽器編成は、音楽史において、たった一度であり、
まれなことである。
直近のモデルとしては、まったく同じ編成の、
フンメルの『大五重奏曲作品87』があった。
パウムガルトナーが(そしてシューベルトも)、
この作品を聴いて、同様の編成のものをヴィーンの作曲家に、
書かせたいと思ったと考えられている。」

以上、見てきたように、この作品に対する畏敬の念にあふれ、
読んでいて為になり、気持ちよく、かつ、最も重要なことだが、
この作品に耳を澄ませようという気持ちにならせるものである。

ここまでが、曲の成り立ちや構成の話であり、
あと、シューベルトの位置づけが記されている。

「『ます』の五重奏曲は、シューベルトによって書かれた、
2ダースばかりの室内楽の一曲で、
10ばかりのピアノと弦楽のための作品の一つである。
このことは、それ自体は、
31年という短い人生において、室内楽の他、
800曲以上の歌曲に、少なくとも8曲の交響曲、
24曲のピアノ・ソナタ、オペレッタ、ミサ曲に、
ピアノやヴォーカル・グループのための無数の作品を書いた、
この作曲家の生涯においては特筆すべきものではないかもしれない。
しかし、それゆえに、この作曲家は、
傑出したプロの作曲家の一人として認められたのである。
彼の才能と創作力は、18世紀のモーツァルトや、
我々の時代ではベンジャミン・ブリテンに比すべきもので、
あまり努力の跡を感じさせないものであった。
モーツァルトやブリテンが同時代人から賞賛されたのに対し、
シューベルトの場合はそうではなかった。
それは、彼が自身の大規模な管弦楽作品が演奏されるのを、
聴くことが出来なかったことからも明らかで、
メンデルスゾーンやシューマンによってそれらは発見され、
その手稿が救い出され、彼らによってその作品は広められた。
このように力強く、新鮮で、永遠の青春を感じさせるメロディは、
一度聴いた聴衆を捉えて、決して離すことはないだろう。」

と、このように、シューベルトに対しても、大絶賛である。

以下、各楽章の説明が続いている。

この時代のLPは、ずっしりと重く、
そのせいか、音質にも締まりがあるような感じがするが、
いかにも紙質が悪く、解説などはちぎれてしまいそうだが、
なかなか泣かせる名文が潜んでいるものである。

が、60年も前のものでありながら、
シューベルトの「ます」については、あまり研究が進展していないような感じ。
現在、見受けられる一般的な解説と何ら変わることがない。

ただ、通常600曲とカウントさせる歌曲が800曲とされたのは、
どういうことだろうか。
あるいは、三大歌曲集をばらして、数十曲追加、
さらにヴォーカル・アンサンブルの作品などもカウントしたのだろうか。
あるいは、オペラの各ナンバーも分解してカウントしているとか?

このような解説に呼応したわけではあるまいが、
この時代のケッケルトは熱い。

得られた事:「ケッケルト四重奏団は、モノラル期の方が凝集力の強い演奏を聴かせたが、現在、それはほとんど聴かれていない。」
[PR]
by franz310 | 2008-09-13 23:26 | シューベルト

名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その139

b0083728_21483931.jpg個人的経験:
前々回、ケッケルト四重奏団が、
戦後のヨーロッパの
室内楽愛好家たちを魅了した、
人気の団体であったことを、
オルフェオのCDの解説から
紹介した。
そこにあった、シューベルトの、
「弦楽四重奏断章」などでは、
素晴らしく興の乗った、
弓裁きを聴くことが出来た。


しかし、私が持っていた、エッシェンバッハとの共演による、
シューベルトの三重奏曲「ノットゥルノ」では、
いくぶん、控えめな表現に終始していて、
あの感興に富んだ風情は感じられなかった。

この四重奏団は、やはり、エッシェンバッハのピアノに、
コントラバスのヘルトナーゲルを加えて、
シューベルトの「ます」を録音しているが、
果たして、それは、どんな演奏なのだろうか。

またまた、エッシェンバッハを立てて、
伴奏に終始しているのか、
あるいは、この1940年生まれのピアニストに対し、
1913年生まれのベテランが、父親のように、
教え導いているのだろうか。

もともと、オーケストラの団員に関しては、
伴奏式に陥るケースが多々見られ、
あまり期待しない方がいいかもしれない。


b0083728_2149729.jpg前にも書いたが、
ケッケルト四重奏団は、
バイエルン放送交響楽団の、
主席奏者たちによる
弦楽四重奏団であった。
ケッケルトは、バイエルンの
コンサートマスターだったので、
このオーケストラのレコードからは、
ケッケルトの独奏を
聞くことが出来る。


うまい具合に少し前、このオーケストラの、
主席指揮者であった、クーベリックが振った録音30点あまりが、
「20世紀の巨匠シリーズ」で再発売された。
ここには、1963年録音の、
モーツァルト作曲「ハフナー・セレナード」が収められている。

広く知られているように、
このセレナードは、
第二楽章から第四楽章が、
ヴァイオリン協奏曲風なので、
コンサートマスター、ケッケルトのヴァイオリンの芸風の一端を、
聴くことが出来る。

まず、このセレナード全体に言えることだが、
とても、格調の高い演奏である。

ただし、このCD、
指揮者クーベリックを主役にしたシリーズであるゆえに、
解説に、ケッケルトの事は何も書いていない。
「ラファエル・クーベリックについて」という、
一文が最初に寄せられている。
このクーベリックと、ケッケルト四重奏団のメンバーは、
プラハ音楽院の同窓ということだが、
クーベリックは、1934年、
「弱冠19歳で名門チェコ・フィルハーモニーを指揮してデビュー」
と天才ぶりが特筆されている。
しかも、そのとき振ったのが自作の「幻想曲」で、
なおかつ、父親がヴァイオリン独奏を務めたというのである。
その父親とは、ドヴォルザークとも親交のあった、
名ヴァイオリニストの、ヤン・クーベリックである。
才能のみならず、血筋の良さも強調したデビューだったわけである。

23歳でチェコ・フィルの正指揮者となり、
チェコ楽団のホープとして快進撃、
しかし、共産党政権との折り合いの関係から英国亡命。
以後、シカゴ、バイエルンなどの指揮者を務め、
1990年には遂に故国に帰って熱狂的歓迎を受ける、
という紆余曲折が簡略化されて説明されている。

特に、同窓生がいた関係からか、
18年もその地位にあったこともあり、
バイエルン放送交響楽団との活動が、
我々の脳裏には深く刻まれている。

しかし、名ヴァイオリニスト、
ヤン・クーベリックと、日々、比べられる立場にあった、
ケッケルトも大変だったことであろう。
と勝手に憶測する。

また、このCD、曲目に関しても、ザルツブルクの名門、
ハフナー家の披露宴用の音楽として書かれたこと、
20歳の青年音楽家モーツァルトの面目躍如とした、
壮麗な大作であることなどが解説されている。

ランドンの言葉、
「モーツァルトが書いた初めての偉大なオーケストラ作品」
という讃辞が引用されており、
聴く者の期待を高まらせる内容となっている。
ジャケット表紙も、オリジナルLPを持って来ており、
大変、懐かしい感じがする。

ただし、このモーツァルトの肖像画は、
14歳の時、イタリアで描かれたもので、
年齢に著しいギャップがある。
とはいえ、おそらく、
このような真剣な眼差し、あるいは正装に相応しい、
格調高い作品であることは確かであろう。

期待のとおり、演奏もそれに相応しい。
もう近年、モーツァルトの時代の歴史的考察によって、
聴くことの出来なくなった大オーケストラによる、
モーツァルトのたっぷりした響きに、
ちょっとタイムスリップしたような感じを受けるが、
とても演奏が美しいので、そんな事は気にならなくなってしまう。

また、第四楽章のロンドでは、ケッケルトのヴァイオリンは、
いかにもボヘミア風の即興的な節回しを聴かせて、
モーツァルトの様式を逸脱する寸前まで音楽を追い込んでいる。

もう感興が乗りまくって、高い空に駆け上がって行くような趣きで、
古典の枠を突き破った自由奔放さに圧倒される。
これを聴く限り、クーベリックに指揮されようとも、
俺は好きなようにやらせてもらいます、
といった感じで、非常に頼もしく感じた。

昔、LPの廉価盤で出ていた頃のレコード評では、
「キリッと引き締まったなかに、
さわやかな表情をたたえた演奏で、
特にケッケルトのヴァイオリン・ソロが
聴きものである」とあった。


では、これと同じ頃、出ていた、
シューベルトの「ます」ではいかがであろうか。

このように、いろいろなことを考えながら、
LPに針を落とす。
ケッケルトのヴァイオリンは、最初から、
とても存在感豊かであり、テンポなども、
ケッケルトが握っているように思われる。
息を潜めたような部分から、ぱっと解放されるところまで、
その演奏への傾注ぶりが目の前に浮かぶような、
ケッケルト四重奏団の練達の技を聴くことが出来る。

むしろ、ここでは、ある意味主役の、
エッシェンバッハの方が存在感希薄。
何だか、蒸留水のような感じ。
「ます」の演奏としてはそれなりに好ましく、
空気感などの表現では、とても新鮮であるものの、
残念ながら意志のようなものが聞こえない。

録音当時、25歳だった青年にしては、
少し、控えめにすぎる演奏ではなかろうか。
逆に、25歳ゆえに緊張、恐縮しているのだろうか。
恐らく、きまじめなこの人のこと。
大家に囲まれて、かなりプレッシャーがあったと思われる。

従って、エッシェンバッハを聴いているという感じはあまりなく、
ケッケルト四重奏団の「ます」には、
どうやら、ピアノも参加しているようだ、というような感じ。

ケッケルト四重奏団は、ヴィオラ、チェロもがんばっており、
さすがに、同郷、同年代のおっさん軍団、息が合っている。

しかし、コントラバスは、私としては、もっと出しゃばって欲しい。
このゲオルグ・ヘルトナーゲル。
しょっちゅう、「ます」のレコーディングに顔を出すが、
いつも、伴奏のような気合いの入らない演奏で、
どうなっているんだ、と私をうならせる。

ここでもそう。
ざっと見ても、ドロルツ四重奏団、ボーザール・トリオなどから、
リヒテル、ボロディン四重奏団、レオンスカヤ、アルバン・ベルク盤まで、
しきりに現れる奏者である。

やはり、ケッケルトが5人の中では、ひときわ自在に、
音楽への愛を歌い上げているようだ。
ヴァイオリンとチェロが歌い交わすところも、
どうしてもヴァイオリンの特徴ある音色、
それに率先して動くリーダーシップに、
私は、ついつい耳を傾けてしまう。
チェロはちゃんと鳴っているのだが、そうなってしまうのである。

が、ここでのケッケルト、
あのモーツァルトのセレナードで聴いたような、
即興的な節回しはなく、節度を持ったものだ。

エッシェンバッハも、第三楽章あたりになると、
緊張がほぐれて来たのか、意欲的なピアニズムを聴かせる。
第四楽章の歌い出しもケッケルトのヴァイオリンの妙音で聴かせ、
低音弦楽器の豊かな伴奏に乗って、エッシェンバッハのピアノにも、
溌剌とした気分の高まり、陰影の豊かさが現れて来ているようだ。
清らかなタッチも美しく、初々しい風情。

しかし、老巧な弦楽器群の前には、
やはり、このピアノは、経験や自信の不足を感じてしまう。
年齢差を、私は意識しすぎているかもしれないが、
何十回もこの曲を実演でも演奏してきた連中と、
デビューしたてで、何だか分からないままに、
録音に付き合わされた感じの青年とでは、
余裕が違ってもおかしくはない。

違わないと感じる方がおかしい。
いくらピアノの大家でも、室内楽で、
同じような大家ぶりを発揮するなら、
室内楽ではなくなってしまうだろう。

鳥のさえずりのように、ケッケルトが、
装飾的な高音を響かせながら、
細かく音色を変えていく様を見て、
私は、そんな事をふと考えてしまった。

エッシェンバッハに関しては、
後年、指揮者として成功を収め、
そのきまじめで体当たりの熱演を聞いて来ただけに、
この40何年も前の演奏で、この人を語るべきでないということは、
じゅうじゅう承知の上での推察である。

さすがに、終楽章になると、
この音楽家らしい集中力も発揮されて、
かなり満足度の高い演奏になっていると思う。

グラモフォンが、その後、ギレリスとアマデウス四重奏団で、
この曲を再録音して本命としながら、
この録音を、廉価盤レーベルでは、繰り返し再発売している理由が、
分からなくもない。
私としては、このエッシェンバッハ、ケッケルト盤の方が、
演奏者の息遣いが感じられ、好きかもしれない。

好意的に取れば、初老の大家たちが自信満々で演奏した、
ギレリス盤より、シューベルトが「ます」を作曲した時と、
同年代のエッシェンバッハの無垢が、
この曲に相応しいという見方も出来よう。

ちなみに、昭和55年の、
レコード芸術別冊の「名曲名盤コレクション」では、
「若きエッシェンバッハの線の細いピアノと、
ケッケルトSQの頑健ともいえる弦は、やや異質なものを感じさせる」
とあるので、この評者は、私と似たような事を感じながら、
悪い方向で捉えている。

この人の「ます」観は、しかし、私とは全く異なり、
私が嫌いなブレンデル盤を、
「数多いレコードの中でも一段と抜きんでた名演」としている。
音楽の中に求めるものが違うと、
このような差異を生じるということか。
「この美しさはまさしく筆舌に尽くし難い」とまで書いている。
私はあっけに取られた記憶がある。

さて、このエッシェンバッハのLP、私が持っているのは、
グラモフォン・スペシャルとして1300円で出た廉価盤、
つまり再発売品だが、ひいき目に見るせいか、
ジャケットもそのような青春の香気を湛えている。

水草に一斉に白い花が咲き乱れ、
淡い緑に彩られた河は、
それを写しただけのような写真ながら、
この曲の初々しさを偲ばせて好感が持てる。

PHOTO:HIROSHI SUGAI
とあるので、日本の風景かもしれないが、
不自然さはない。

解説は、親しかったフォーグルと、
シューベルトが、22歳の夏に訪れた、
美しい自然に囲まれた街、シュタイル(シュタイアー)にて、
当地の音楽愛好家パウムガルトナーに依頼されて作曲した作品であること、
幅広い表現力を求めて、コントラバスが利用されていること、
などが書かれているが、重大な欠陥がある。

それは、
「ソナタ形式の展開部の処理が未熟であること、
再現部がやや機械的である事などの欠点が指摘されている」
などと、作曲家を見下し目線で捉えた、
感興を削ぐ一文がある事、
それに、何故、この曲が「ます」と呼ばれているか、
説明していないことである。

各楽章についても、数行ずつの解説があって親切だが、
これで音楽が把握できるかは、少し検討の余地を感じた。

例えば、第一楽章で、
「二つの主題はいずれも歌謡調の美しい旋律で、
豊かな色彩を加えながら発展していく」
などという表現は微妙ではないか。
豊かな発展という表現は夢を呼ぶが、
どっちがどの主題か、これでは分からない。

一方、第二楽章は、「最初ピアノで奏される品の良い主旋律を
ヴァイオリンが受け継ぎ、優美な感情を漂わせる。
次にチェロとヴィオラにより奏し出される旋律は、
憂いのあるロマンティックなもの」とあり、
これは、聴衆も、どれどれと注意を向けることが出来る。

第三楽章は、「主部は活気にあふれた楽想をもち、
トリオ部も同様に快活でウィーン風な楽しさが感じられる」と具体的。

第四楽章は、各変奏の特徴を楽器の名を上げながら説明、
ただし、楽器のみなので、内容は想像できない。

第五楽章は、「ハンガリー風な色彩をもつ楽章」、
「生き生きとした終曲」などと、具体性を取り戻している。

演奏家に対しても、しっかり記述がなされていて、
エッシェンバッハの経歴は、幼児に両親を亡くした、
という話から書き起こしている。
1961年から演奏活動を始め、
1965年のクララ・ハスキル・コンクール優勝で、
名声を決定付けたとあり、
この録音は、その前後のものと分かる。
あるいは、コンクール優勝記念のような意味合いだったかもしれない。
そこのところを何も書いていないのが、
廉価盤の限界であろうか。
カラヤンとのベートーヴェンが66年、
ドロルツとのブラームスが68年の録音とあるから、
かなり早い時期の録音である。

ケッケルト四重奏団については、
1939年にプラハ音楽院出身の、
プラハ・ドイツ・フィルの団員によって結成され、
47年からバイエルン放送交響楽団に全員が移り、
現在まで活動を続けている、とある。

「ドイツの室内楽の伝統を最もよく受け継いだ団体との定評をえて、
国際的に活躍している」と書いており、
読む者の期待を高まらせるようになっている。

ということで、このレコード、
エッシェンバッハのピアノをどう捉え、
ケッケルトの人となりに関心を持つかで、
評価の分かれるものとなっている。

書き忘れていたが、先に紹介した、
「ノットゥルノ」が、「ます」のあとに収録されている。
「死と乙女」や、「四重奏断章」のような、
危機を孕んだ作品より、よほど、心が和んで終わる。
これもこのLPの良いところの一つだろう。

得られた事:「作品をどう捉えるかによって、演奏を肯定するか否定するかが分かれる実例発見。」
[PR]
by franz310 | 2008-09-06 21:53 | シューベルト