excitemusic

クラシック音楽への愛と悲しみの日々
by franz310
ICELANDia
カテゴリ
全体
シューベルト
音楽
現・近代
古典
オンスロウ
レーガー
ロッシーニ
歌曲
フンメル
どじょうちゃん
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venuspo..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


名曲・名盤との邂逅:1.シューベルトの五重奏曲「ます」その416

b0083728_23304236.jpg個人的経験:
トスカニーニが指揮する
シューベルト録音は、
LP時代から、
最後の二曲の交響曲が、
広く日本でも知られていたが、
私が驚き、息を飲んだのは、
TESTAMENTから、
「グランド・デュオ」の
ヨアヒム編曲版が出た時であった。
これは、ありがたい事に、
「第2交響曲」との組み合わせで、
こちらも、知られていなかった。


今回、改めて録音年月日を見て、
これまた、感慨を新たにしてした。
「第2交響曲」が、
1940年3月23日。
これは、1939年秋に、
「未完成」で始めたシーズンで、
有名なベートーヴェン・チクルスを
振った流れに位置している。

3月も23日と言えば、
ほとんどシーズンも終わりであろう。
ある意味、二曲のシューベルトで、
ベートーヴェン・チクルスを含む、
偉業たる、このシーズン全体を、
サンドウィッチした形になる。

また、「大二重奏曲」は翌年のもので、
1941年2月15日の録音。
この後、巨匠はNBC交響楽団と、
仲たがいして、この年の秋に、
フィラデルフィア管を振って、
「グレート」の名演を残すことになる。

つまり、さらに年単位で考えると、
戦前に、トスカニーニが、
ベートーヴェンなど、
(交響曲の演奏会シリーズに、
ハイフェッツとの協奏曲録音も続いた)
ドイツ古典に集中した時期に、
「未完成」と「大ハ長調」を演奏し、
その間に、この二曲が挟まれている構図とも言える。

1939年のベートーヴェン・チクルスに関しては、
様々なレコード会社からCDが発売されているが、
その有名なシリーズと同列に語られるべき流れに、
これらのシューベルト録音を位置付けてもよさそうだ。

最近でこそ、「第2」は、
演奏会の最後に、締めくくりの曲として
取り上げられたりもするが、
当時は、まだ、少年期に書かれた、
知られざる習作みたいな
位置づけではなかっただろうか。
(CD解説にも、それが触れられている。)

このあたりのシューベルト受容史も気になるので、
このCDを無視して先に行くことはできない。
この時期のベートーヴェン演奏の勢いからして、
演奏も、きりりと引き締まったものであると予想され、
こうして、凝集されたシューベルトへの思いが、
フィラデルフィア管弦楽団での、
自信に満ちた壮麗な演奏に繋がったものであろう。

このように、演奏の時期からして、
非常に期待の出来る録音ではなるが、
このCD自体の表紙デザインは、
あまり薦められるものではない。

単なる白黒のスナップ写真のようで、
これでは、この不機嫌な顔立ちの人物が、
何者かすら分からないではないか。

何も知らない人が贈られて、
嬉しくなるような代物ではない。
クラシック音楽が好きな人のうちで、
トスカニーニが好きな人で、
シューベルトが好きな人だけ、
仕方なく買うような仕様であろうか。
ほとんど、自殺行為の商品である。

しかし、好意的に解釈すれば、
この鋭い眼差し、意志の強そうな口もとから、
トスカニーニの研究者としての側面を
見事に捉えたもの、と言っても良いかもしれない。

トスカニーニが、
いかに、楽譜を研究し、
ベートーヴェンに関する、
あらゆる書物を読み漁り、
原点に戻った解釈を聴かせたかが、
これまで日本では、
あまり語られてこなかったが、
そんな記述を、このトスカニーニ像から、
思い出してみるのも良いかもしれない。
(解説にも、そのような記述もあり驚いた。)

この「グランド・デュオ(大二重奏曲)」は、
初めて公になるものとあるが、
1989年に出た、諸石幸生著の
「トスカニーニ」の巻末ディスコグラフィには、
ヨアヒム編「ガシュタイン交響曲」と記載されている。

同日には、モーツァルトの協奏交響曲(VnとVa)が
演奏されたようで、やはりウィーンの古典、
この本には、1940年3月23日の
「第2」の方が記載されておらず、
1938年11月12日に、
この曲が演奏されたような記述になっている。

ただし、この3月23日の「第2」は、
ナクソスからも、
「パルシファル」のハイライトと一緒に、
同日の演奏として発売されたから、
日付としては正しいものと思われる。

解説は、「トスカニーニ、NBCイヤーズ」の著者、
モティマー・H.フランク(Frank)で、
Wave・Hill・トスカニーニ・コレクションの、
キュレーター(学芸員)だとある。

最近、キュレーターという言葉は、
ややこしい事を分かりやすく、
情報整理する事として、
この情報過多の時代に重要と、
流行りであるが、
このCD解説は2006年のもの。

「1954年に、トスカニーニが
空前の68年のキャリアを終えた時、
彼の名前は、指揮という言葉と結びついていた。
そのキャリアは、その長さだけでなく、
スカラ座の監督としての
3回にわたる任務(1898-1903、
1906-08、1921-29)や、
メトロポリタン歌劇場との8年の関係、
彼の名前をオーケストラの監督に結びつけた
1926年に始まる10年にわたる
ニューヨーク・フィルとの関係など、
それが影響した範囲もまた、
どえらいものであった。
フィルハーモニックとの10年は、
彼のキャリアを劇場から、
コンサート・ホールへと、
おおきく変遷させた。
1936年、69歳の年のリタイア時、
アメリカは彼を見る最後だと考え、
トスカニーニも自身、
どのような職業がどうなるか、
確かなものを持ってはいなかった。
70歳の誕生日に、
『私は病気ではないが、
70歳を超え、何をしている。
どこかに出て行き、指揮をするべきだろうか。』
と書いたように、
彼にとっては、人生とは仕事であり、
仕事のない人生は、死への委託を意味した。」

このように、シューベルトとは、
無関係な事が列挙されているので、
最初の部分は、私にとっては、
良いキュレーターの仕事ではない。

「幸運なことに、RCAの社長の、
デヴィッド・サーノフや、
RCAの子会社のNBCが、
別の道に導いた。
彼の野心と予見は、
後世のために、交響楽の歴史の
ユニークな遺産を残すことになる。
トスカニーニのフィルハーモニック離任時、
サーノフは、トスカニーニが率いる
このオーケストラの全米ツアーを思いつき、
NBCがそれを放送すればよいと考えた。
トスカニーニが、その提案を蹴った時、
サーノフは、ラジオ放送と、
トスカニーニのために、
新たなオーケストラを組織するという、
さらに練った、驚くべき提案を行った。
1931年に、BBCのための、
放送用オーケストラは作られていたが、
アメリカには、こんな冒険をする経営者は、
ひとりもいなかったのである。
トスカニーニが、この提案を受け入れるや、
ものすごいスピードでオーケストラが組織された。
他のアンサンブルで首席についていた、
21人が職員として採用され、
何人かはNBCでも同様のポストに就いた。
その中には、コンサートマスターの
ミッシャ・ミシャコフ、
ヴィオラのカールトン・クーリー、
オーボエのロバート・ブルーム
がそうだった。
他のメンバーは、才能ある若手から選ばれた。
特に弦楽は、オーケストラ以外に、
重要な並行したキャリアを身に付けた。
特にチェロのアレン・シュルマンは、
作曲家としても有名で、
その兄弟でヴァイオリン奏者であった、
シルヴァンは、契約メンバーで、
Stuyvesant四重奏団の一員だった。」

このあたりの話は読んだ事がなかったので、
それなりに参考になるが、
21人以外は、正規採用ではなかったのだろうか。
そもそも、NBC交響楽団については、
雇用関係が微妙で、良くわからない。

「モントゥーとロジンスキー
(彼がトスカニーニのためにオーケストラに練習をつけた)
による、予備放送の後、
1937年のクリスマスの夜、
トスカニーニは、彼のNBC交響楽団を、
デビューさせた。
ヴィヴァルディの合奏協奏曲作品3の11、
モーツァルトの交響曲第40番、
ブラームスの交響曲第1番というプログラムは、
各曲が、音楽史の別の時代から選ばれ、
いずれも短調、いずれも劇的で、
マエストロの厳粛さへの冒険を予告していた。
そして、典型的なコメント、
『ラジオがベストを尽くしてラジオが賞賛された』
という風に、
誰も予想できなかった程、聴衆は熱狂した。」

ということで、
NBC交響楽団創設時のエピソードに終始しているが、
この後は、サーノフとトスカニーニの偉業が語られ、
最後には、シューベルトの話が出てくる、
という構成のようだ。

「この頃は、トスカニーニが、
この冒険によって、
スカラ座での16年を超える、
17年もの仕事への関わりを
この後のキャリアに加えることになろうとは、
誰も予想してはいなかった。
しかし、このプロジェクトで、
最も注目すべき点はその遺産であった。
NBC交響楽団のすべての放送は、
技術的に優れた録音で保存された。
当時の他のどの指揮者の仕事も、
これほど豊富に記録されたものはない。
事実上、サーノフのヴィジョンが、
そこを通ることによって、
人々が歴史の中を歩き、
どのようにトスカニーニが、
レコーディング・スタジオでの真空状態より、
背後の聴衆と共にある、
解釈者として振る舞ったかを
学ぶことが出来るドアを作ったのである。
さらに、彼が、自身の中心となる
レパートリーについて、
常に再検討していたかを
知ることが出来る。
同様に重要なのは、
トスカニーニがスタジオ録音しなかった、
曲目についての演奏である。
それは、このCDにおける2作品についても言え、
今回のリリースで、初の商業発売となる。」

これまで、トスカニーニが偉い、
という話は多く読んできたが、
企画したサーノフが偉いというのは、
確かに強調しても良いことだろう。

「4手用ピアノ・ソナタである、
シューベルトの『大二重奏曲』を、
ヨーゼフ・ヨアヒムが、
1856年にオーケストレーションしたのは、
疑いなく、ロベルト・シューマンと、
誰よりも、この作品が、
失われた『ガシュタイン交響曲』
のスケッチであると考えた
ジョージ・グローブに後押しされた、
信念によるものに相違ない。
この説は近年の学者が否定しているものだが。
1936年、サー・ドナルド・トヴェイが、
『音楽分析のエッセイ』の中で、
『ヨアヒムの編曲のおかげで、
シューベルトの最大級の交響形式の実例を
聴く機会が出来た』と書いて、
間接的にこの考えを後押しした。
トスカニーニはトヴェイの著作を信奉しており、
それが、トスカニーニにオーケストレーションを
促したものと思われる。
しかし、NBCのアナウンサーの、
ジーン・ハミルトンが放送で言っているように、
総譜もパート譜もフィラデルフィアの、
公共図書館から調達しなければならなかった。」

この「オーケストレーションを促した」
という言葉は、
オーケストラでの演奏を促した、
と読むべきなのであろうか。

トヴェイ(Sir Donald Francis Tovey)は、
トーヴィーと読まれるらしく、
単なる評論家ではなく、
CDも発売されている、
作曲家であった人らしい。

1875年生まれというから、
トスカニーニより若い同時代人であるが、
何と、この演奏がなされた1940年、
7月10日に、エディンバラで亡くなっている。

スコットランド独立反対多数の
ニュースが流れた後なので、
かの地に、しばし、思いを馳せた。

音楽の研究が、こうした演奏に繋がっているとは、
何も、近年の古楽に限った話ではなかった。
トスカニーニは、単なる、
ガテン系の頑固一徹親父ではなく、
同時代の研究を無心に読み解く
文人風の面影も持っていたわけだ。

反対に、トーヴィーは、
トスカニーニが演奏した、
シューベルトの音楽を、
ラジオなどで聴くことが出来たのだろうか。

「興味深いことには、トスカニーニは、
明らかに、フィナーレをヨアヒムが、
アレグロ・ノン・トロッポにしたことに反対で、
この演奏からも分かるように、
シューベルトの
アレグロ・ヴィヴァーチェの指示に戻している。
多くの見地から、
このオーケストレーションには、
この作曲家の最後の交響曲のエコーが響き、
特に野心的な金管の扱いがそうである。
トスカニーニが指揮すると、
テクスチャーは透明度を保ち、
過度の重々しさから解放されているが。」

この演奏が、同曲の演奏より、
簡潔に引き締まって聞こえるのには、
こうした理由もあったのである。

「おそらく、この放送は、
ヨアヒムの仕事の
最初のアメリカでの演奏だった。
全ての状況を照らし合わせて、
これはトスカニーニのただ一度の演奏であった。」

これはまた、貴重な記録が入手できたものである。
放送された機会も一度きりだったのだろうか。
ますます、トーヴィーが聴いていたことを、
願わずにはいられない。

「ある方面からは、
トスカニーニのNBC時代は、
概して、彼のニューヨークでの
10年に劣ると言われる。
NBC放送の研究をすると、
しかし、この意見には賛同しがたい。
事実、彼のNBC時代は、
フィルハーモニック時代には手がけなかった、
広大なレパートリーを含んでいる。
こうした作品の中に、
シューベルトの『第2交響曲』があって、
これは、明らかにトスカニーニが、
NBCに来てから取り組んだものだ。
今回のこの記録は、3回ラジオ放送されたものの、
2回目のものである。」

第2交響曲は、「大二重奏曲」よりは、
聴くチャンスが多かったようだが、
そういえば、ニューヨーク・フィルを振っていた、
バルビローリがこの曲を好んでいたことを思い出した。

トスカニーニが、1940年3月23日に振った前後の、
ニューヨーク・フィルの演奏曲目をHPで調べると、
1939年3月と11月に、
また、1940年1月21日にも、
バルビローリがこの曲を振っていた事が分かる。

バルビローリ・サイドから見ると、
ニューヨーク・フィルへの敵愾心を、
露わにしたレパートリーとも見えなくもない。
が、「大二重奏曲」は、ニューヨーク・フィルは、
演奏したことがなさそうだ。

さて、3回も放送した、「第2」であるが、
この時の演奏が採用された理由が続く。

「それは、これらの中で、
最も音質が良いからで、
これは、主に、
ドライな8Hスタジオで、
反響を捉えようと、
NBCの技術者らが
補助マイクを持ち込んだ
時期のものだからである。
78回転時代は、この交響曲は、
国際的知名度のない指揮者による、
レコードが一種あっただけだった
と言うことも特記しておく価値がある。」

バルビローリの例があるので、
これは、それほど特記する必要はなくなった。

「この3つの放送は、
無視されていた作品に対しての、
彼の興味を示すもののみならず、
快活で優美なカンタービレのラインや、
引き締まったバランスのとれたソノリティ―は、
18世紀のスタイルにルーツを持つ音楽への、
彼のセンスを表している。」

今回聴く2曲の録音は、いずれも、
悪評の高い、8Hスタジオのものだが、
それほど悪くない。

CDは、まず、この解説とは異なって、
「第2交響曲」から始まるが、
序奏部からして、夢を孕んだ緊張感が聴きもので、
各声部が躍動して、木管楽器などの装飾音も楽しい。

この時期のトスカニーニに共通する、
体中が火照ったような表現ゆえに、
細かい音形が重なって行く展開部では、
ヴァイオリン群が崩壊寸前である。

デジタル・リマスタリングは、
Paul Bailyという人が担当したらしい。
ライセンスは、Eroica Productionによる、
とあるが、変な名前である。

この音源は、よほど保存が良かったのか、
先のマイク利用の効果ゆえか、
同シーズンのベートーヴェン・チクルスより、
音質的には聴きやすいような気がする。

第2楽章も、各楽器の歌わせ方が愛らしく、
高齢の巨匠も、青春時代の夢を慈しむような感じ。
弦の広がり感や、管楽器の奥行き感が美しく、
名残惜しげな余韻も痛切である。

トスカニーニのような巨匠が放送していながら、
この演奏が、ほとんど知られていないのは、
不思議としか言えない。

第3楽章は、リズムを激しく叩きつけながら、
造形がしっかりした格調の高い表現で、
トリオ部のオーボエなど木管の無垢な表現にも、
心打たれるものがある。

第4楽章も、第3楽章同様、
激しいリズムだが、弾力があって快適である。
オーケストラが体を張って推進力を生みだし、
爆発的に共感を発散させている。

拍手も収録されているが、
ブラボーがないのが不思議なほどだ。

後半に、「大二重奏曲」が収録されているが、
第2交響曲に、この大曲を収めて、
収録時間が60分51秒で済んでいるのは、
こちらの曲が、かなり、広がりよりも、
逞しく引き締まった力感に
重きを置いた演奏になっているからだろう。

シューベルト特有の、
あふれ出るメロディが、
次々と生まれては消えて行く。
休止があまりない感じだろうか。
音楽が常に律動して、
脇目も振らずに目的地に向かって行く。

この曲あたりになると見て取れる、
シューベルト後期の崇高さや寂寥感も、
この逞しい流れの中では、
さっと描きこまれた陰影に過ぎない。

コーダ部では青白く焔を上げて興奮し、
音楽が大きく膨らんで、
いかにも英雄的で自信にあふれた、
成長したシューベルト像である。

第2楽章は、歌謡的な楽章だと思っていたが、
落ち着きがないほど、何か先を急いでいる。

この時期のトスカニーニのベートーヴェンは、
余分なものを取り去って、
本質のみを語ろうとした、
ノミで削った後も生々しい潔癖さが魅力だったが、
この曲の演奏でも、その傾向が認められた格好だ。

この美しい楽章には、
録音にも、もう少しうるおいが欲しい。
が、この指揮者ならではの音楽が、
しっかりと聞き取れるレベルではある。

第3楽章は、いかにもスケルツォらしく、
無骨でごつごつしているが、
ほとんどベートーヴェンの第9に迫る程に、
豪快かつ、眼もくらむような巨大さが新鮮である。

シューマンを先取りするかのような、
トリオ部の幻想性も素晴らしい。
予測の出来ない痛みを伴って、
弦楽群が唸っている。

第4楽章は、トスカニーニが、
ヨアヒムの指定を変えたと書かれた所であるが、
様々な楽器が生命力を持って鳴り響き、
細かい音形が増殖していくような迫力は、
このテンポで生きて来るような気がする。

いろいろと、難癖が付けられることの多い、
ヨアヒムのオーケストレーションであるが、
この演奏を聴く限り、
寄せては返す波のごとく、
素晴らしい活力に満ち、
幻想的でもあって、まったく文句はない。

コーダの燃焼も熱く激しく、
演奏も共感に溢れていて、
トスカニーニが、何故、一回しか、
この曲を演奏しなかったか、
理解できないほどである。

これらのシューベルト演奏を聴きながら、
再び、このCDの表紙を見ると、
何となく、忘れられていた交響曲を、
復活させようと意気込んでいる、
「指揮者の中の王」の志のほどが、
表情からも読み取れるような気がした。

得られた事:「1939年の、トスカニーニは、ベートーヴェン・チクルスの流れに乗って、シューベルトの再評価を行った。」
「トスカニーニは、英国の作曲家で音楽学者であった、トーヴィーの研究を読んで、シューベルトの『大二重奏曲』を演奏会で取り上げた。」
[PR]
by franz310 | 2014-09-20 23:32 | シューベルト
<< 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... 名曲・名盤との邂逅:1.シュー... >>